MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
撮り鉄の「食」の思い出(53) “元号またぎの撮影”令和最初はSLやまぐち号。そして西鉄大宰府/2019年(平成31年~令和元年)

撮り鉄の「食」の思い出(53) “元号またぎの撮影”令和最初はSLやまぐち号。そして西鉄大宰府/2019年(平成31年~令和元年)

今回、令和最初の撮影場所を考えていたのですが、JR山口線を走るSLやまぐち号が日章旗を掲げて走るという情報が入り、ここに決めました。 私も含めて、鉄道ファンは機関車に日章旗と聞くとなぜか燃えます。 鉄道のなかでもっともスペシャルな列車、「お召列車」でも掲げられる日章旗、お祝いムードがたまりません……。

“元号またぎの撮影”令和最初はSLやまぐち号。そして西鉄大宰府/2019年(平成31年~令和元年)


平成最後の撮影は前回52回でお話しした平成筑豊鉄道にしました。

そして、令和最初の撮影場所を考えていたのですが、JR山口線を走るSLやまぐち号が日章旗を掲げて走るという情報が入り、ここに決めました。


なぜか、私も含めて鉄道ファンは機関車に日章旗と聞くと燃えます。

鉄道の中でもっともスペシャルな列車「お召列車」でも掲げられる日章旗、お祝いムードがたまりません。

お召列車に掲げられる日章旗(2010年撮影)


SLやまぐち号の撮影地には、いつもよりもだいぶ早めの、通過4時間前に到着。

やっぱりと言うか、びっくりと言うか、すでに100人くらいの人が並んでいます。

その後もどんどん増え続けて、通過時にはいったい何人並んだのか、わからないくらいです。

そして現れたD51牽引のSLやまぐち号。

煙も多くて、大迫力で走り去って行きました。

たくさんのファンが見守るなか、走ってきたSLやまぐち号(2019年撮影)


津和野駅から帰る上り列車は、少しゆっくり見たかったので途中駅で停車、出発を撮影しました。

汽笛をあげて動き出すと、はためく日章旗が誇らしげに見えました。

駅を発車するSLやまぐち号(2019年撮影)

日章旗も誇らしげ(20109年撮影)

いつもの『車中食』は、地元の食材を使った筑前煮


さて、日章旗のSLを撮影した前日、平成の終わる晩の話です。

翌日の撮影に備えて早めに現地入りしました。

途中の道の駅で夕食の買い物です。

茹でたてのタケノコ、地元コンニャク、シイタケ……。

地元の食材がたくさん並んでいます。


なんとなく思いついたのは、わが家の大みそかの定番「筑前煮」です。

改元のときはテレビを見ようと思い、ゆっくりと料理をします。

まずは、いつもの車中食では顆粒を使うダシも、削り節からとります。

意外と簡単で、どんぶりに削り節を入れてポットのお湯を入れます。

そのまま10分くらい放置して、キッチンペーパーでこすだけです。

どんぶりに削り節を入れて
お湯をかける(2019年撮影)

キッチンペーパーでこすだけで
簡単にダシ完成(2019年撮影)


道の駅とスーパーで買いこんだ食材をひとくち大に切って、フライパンに投入。

作っただし汁と酒、しょうゆ、砂糖を入れて煮込みます。

味を調整しながら、だいたい汁がなくなったところで完成です。


食材を入れて
ゆっくり煮込む(2019年)

器に盛って、筑前煮が完成(2019年撮影)


スーパーでは“年越しそば”を売られていて、「なんで今日?」と笑っていたのですが、なにやら自分も正月モード。

けっこう浮かれています。

ただ、料理が終わって、食事が終わって、午後10時。

寝落ちしました。

目が覚めると・・・令和・・・でした。

「令和ゆかりの地」太宰府天満宮といえば、梅ヶ枝餅


今回は、もうひとつ。

令和関連のお話です。

「令和」ゆかりの地、大宰府天満宮にも行ってきました。

まだ4月下旬だったので、それほどの混雑でもありません。

ゆっくりとお参りができました。

令和ゆかりの大宰府天満宮(2019年撮影)

大宰府前の参道(2019年撮影)


大宰府へは、九州最大の私鉄「西鉄」で行きます。

大宰府線の終点、太宰府駅には「令和」のノボリもあがって、準備万端です。

大宰府駅があるのは西鉄(2019年撮影)

太宰府駅にはノボリも上がる(2019年撮影)


そして大宰府といえば「梅ヶ枝餅」。

これは、絶対に外せません。
 
参道にはたくさんのお店が並んでいます。

どこにしようか迷って、結局、焼いているお兄さんと目が合った寺田屋で購入。

もちろん梅味ではなく、うっすらと太宰府天満宮の神紋である梅の姿が見えるお餅です。
 
焼き立ての梅ヶ枝餅は皮がパリっとして、甘みのちょうどよいあんことの相性抜群。

やっぱり、シンプルなのがいいですね。


目の前で焼いてくれる
梅ヶ枝餅(2019年撮影)

焼き立てはサクッとして格別(2019年撮影)

梅の姿は太宰府天満宮の
神紋から(2019年撮影)


「令和」も、おいしいものが食べられる時代でありますように!








佐々倉実(ささくら みのる)
 鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、初めて鉄道写真を撮ったのが小学生のころ、なんやかんやで約50年経ってしまいました。鉄道カメラマンなのに撮影の8割はクルマで移動、列車に乗ってしまうと、走るシーンを撮影しにくいので、いたしかたありません。そんなワケで年間のかなりの期間をクルマで生活しています。趣味は料理と酒! ヨメには申し訳ないのですが、日々食べたいものを作っています。
 鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、いろいろとお付き合いください。
 ちなみに、鉄道の他に“ひつじ”の写真もライフワークで撮影中、ときどきおいしいひつじの話も出てきます。なにとぞご容赦ください。

このグルメ記事のライター
佐々倉実@まとメシ

鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、お付き合いください。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
平成の終わりから令和にかけて、改元またぎで西日本の撮影に行ってきました。 さて、どこを撮ろうかと考えたのですが、平成……平成……やっぱり『平成』筑豊鉄道で決まりです。
更新: 2019-05-29 16:05:00
SL列車と川根茶で知られる大井川鐵道。 その名の通り大井川に沿って走り、春は桜、秋は紅葉と、季節の変化で何度でも訪れたい路線ですが、いちばんのおススメは5月。 「川根茶」として全国に知られる銘茶の茶畑がいっせいに芽吹き、鮮やかな緑が目を楽しませてくれる季節です……。
更新: 2019-04-29 16:00:00
富山のチューリップの撮影はけっこう難しいことで有名です。 花が見られる時間は長くても数日。 さらに、天気が良くて背景の立山連峰まで美しく見えるという条件がそろわなくてはなりません。 なかなかの難題……。 今回は、ちょっと昔の思い出と、ホタルイカ三昧のお話です。
更新: 2019-04-22 16:01:00
今回は、三陸鉄道リアス線の記念列車運転日の翌日、3月24日の一般営業の初日のお話。 この日も、沿線はお祭りのよう。朝早くから賑わいました。 そんななかでもすごかったのが、鵜住居駅。2019年に行われるラグビーワールドカップの会場、「鵜住居復興スタジアム」がホームから見えるという最寄り駅です……。
更新: 2019-04-16 16:00:00
最新の投稿
隣の鮮魚店が実家とあって、主人の魚の目利きや扱いはさすがのひと言。隣から仕入れる魚はもちろん、足立市場まで足を延ばしていいものを探し、リーズナブルに提供している。
更新: 2019-06-18 12:00:00
昭和感溢れる店内。メンチカツに信玄どりのボンジリがゴロッと入るわ、マカロニ(サラダ・290円)にはコンビーフを加え、黒胡椒を利かせるなど、思わず「オッ」と唸る出来ばえ!
更新: 2019-06-17 14:53:34
老若男女で連夜圧倒的な賑わいをみせるムサコの超人気店がこちら。
更新: 2019-06-17 14:59:13
酒の肴と呼ぶにふさわしい料理の数々が壁の品書きに並び、それを眺めているだけでも楽しい『タキギヤ』。主人の小林さんはその日仕入れた食材を、奇をてらわない料理に仕立てる。
更新: 2019-06-15 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt