MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
SHIBIRE NOODLE蝋燭屋(坦々麺/銀座)

SHIBIRE NOODLE蝋燭屋(坦々麺/銀座)

中華の経験を活かした“痺れ系”ラーメンの専門店で、“汁あり”、“汁なし”、夏は“冷やし”と3種の担々麺を展開する。定番の“汁あり”は、豚をメインにした厚みのあるスープ。

SHIBIRE NOODLE蝋燭屋(最寄駅:銀座駅)

行列のできる痺れヌードル屋の冷やし担々麺

そこに旨みの強い貝ダシやピーナッツでコクを出した芝麻醤を加えることで、類まれなるどっしりとした飲み口を演出している。甜麺醤を利かせた甘めの炸醤は、存在感のある粗挽き仕様。辛さを立たせた自家製ラー油と花椒もまた食欲をかき立てる。夏限定の「冷やし担々麺」は売り切れ御免。クリーミーなスープが、痺れと辛味をやさしく包み込む。

冷やし担々麺
1180円

旨みたっぷりの粗挽き炸醤、ザクザクとした食感が楽しい揚げネギのほか、シャキシャキの新玉ネギや赤軸水菜などが彩りを添える

担々麺
1000円

ピーナッツやごま、ラー油などレンゲを入れる場所によってスープの印象がガラリと変わる

お店からの一言

店主 片桐豊さん

「痺れと辛味旨みと香りを楽しんで!」

SHIBIRE NOODLE蝋燭屋の店舗情報

■『SHIBIRE NOODLE蝋燭屋』
[住所]東京都中央区銀座3-5-16 第一島田ビル 1階
[TEL]03-6263-2970
[営業時間]11時半~15時LO、17時~21時LO ※ランチタイム有
[休日]日曜日
[座席]カウンターあり、全14席/全席禁煙
[アクセス]地下鉄銀座線ほか銀座駅B3口から徒歩3分


電話番号 03-6263-2970

2018年8月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
唐辛子9種類、香辛料9種類を使って作られる香り豊かなラー油。香りが飛ばないように毎日挽かれる花椒の痺れ。
テーマは“毎日食べたくなる担々麺”。濃厚ながらも重くなく、カラダにやさしい汁なし担々麺を提供する。
広島に汁なし担々麺の文化を広めたパイオニアが東京に初出店。“広島汁なし担々麺”の代名詞である花椒がたっぷりかかるため、熱々の湯気と共に爽やかな香りが立ち上る。
札幌の人気担々麺が東京に進出。店名の“175°”とはラー油を作る温度で、175℃の温度で3時間じっくりスパイスを煮出すことで深い旨みを引き出している。
10月に立川のラーメンスクエアにも出店を果たした注目の担々麺専門店。店名のとおり7色の担々麺を展開し、それぞれ異なった味わいを楽しめる。
南森町からほど近くの大阪天満宮にある鉄板焼きの店「gump(ガンプ)」は、「いま旨い店が多い」と評判の飲食店激戦区にある。 シェフの2名はフレンチ出身で、特に“ねらい目”はお手頃価格のランチだ。
『ザ・リッツ・カールトン東京』の寿司店で料理長としてカウンターに立ち、国内外の客の舌を喜ばせてきた店主・朝妻さん。30年以上培った江戸前の技をさらに探求するため昨年11月に独立した。
熱々の韓国石鍋の中で湯気を立てているのは、和牛のすじ肉を2時間煮込み、ひと晩寝かせてとったスープで作るポトフだ。中には玉ネギ、ニンジン、大根、ゴボウと有機農法の根菜がたっぷり入り、塩味のコクあるスープに野菜の甘みが溶け出している。
日光街道沿いに続く商店街の脇道を進むと、ぽっと光がともる小さなお店が。「特上にぎり2500円」という値段からは想像を超えた極上のネタが登場し、舌を巻く。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt