MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
中国旬菜 茶馬燕(中華料理/藤沢)

中国旬菜 茶馬燕(中華料理/藤沢)

 「担々麺は食事の最後に食べていただくので、できる限りシンプルを心掛けています」と店主の中村さん。化学調味料などを一切使わない中村さんの中華料理は、味に奥行きを持たせるために発酵調味料を駆使する。

中国旬菜 茶馬燕(最寄駅:藤沢駅)

そぎ落としたシンプルさで本場スタイルをイメージ

きれいで優しい、じんわり染み入るような味わいだ。その流れに逆らわない〆の坦々麺も潔いほどに素朴。小麦粉と水と塩だけで作った特注麺は、茹でたて熱々。肉味噌と汁をくるりと混ぜ返し、ひと口頬張れば花椒や唐辛子、ほのかな甘みや香ばしさが口の中を駆け巡り、恍惚の瞬間が訪れる。

本場スタイルの汁無し担々麺(小)
918円

花椒はシャープな香りが特長とされる最高級品の四川省漢源産を使用。辛みは自家製のラー油で出す。カシューナッツの甘みと香ばしさも旨さの秘訣

猛毒豆腐
2106円

すごいネーミングの理由は、ふぐの卵巣のぬか漬けを使っているため。湖南省の「魚子豆腐」のアレンジだが、猛烈な魚の旨みが炸裂する

お店からの一言

店主 中村秀行さん

「できたて熱々のうちに召し上がれ!」

中国旬菜 茶馬燕の店舗情報

[住所]神奈川県藤沢市南藤沢20-15 第一興産18号館6階 [TEL]0466-27-7824 [営業時間]11時45分~13時LO(平日ランチはコースのみ。翌日までの要予約で営業)、土・日・祝11時半~14時LO、17時半~20時45分LO※ランチタイム有 [休日]水曜日・木曜日 [座席]全20席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、席料378円別 [交通アクセス]JRほか藤沢駅南口から徒歩3分 ※土曜日・日曜日・祝日は昼12時以降の予約は飲茶コース以上のみ


電話番号 0466-27-7824

2018年8月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
イタリアンの経験があるオーナーの須藤さんが、台湾人の両親をもつ蘭さんと出会って台湾の魅力に触れ、昨年3月にオープンさせたお店。蘭さんの台湾の実家で食べた料理をベースに、東京の味を融合させ、ここならではの味を作り上げた。
個性的な名店が集まる食の迷宮・板橋。中国北部出身の楊さん家族が営む『龍王』も、豪快なチャーハンをはじめ、庶民派プライスの逸品が目白押しである。
 もうダメ、疲れがとれない……そんなときに駆けこむべきはこちら。明るく人懐っこいマスター・松岡さんの繰り出す「薬膳スタミナ麺」だ。
 予約の取れない青山の超人気店が、昨年11月に2号店をオープン。名物は1本なんと200g以上という、骨付きの国産豚肉を使った「毛沢東スペアリブ」。
サラリーマンがホッピーを酌み交わすここは、どう見ても大衆酒場。だがしかし、しかしですよ、テーブルには焼きとんとビストロ料理が共に並び、手渡される手書きリストにはレアなワインまでズラリ。
ユニークな素材をそれぞれ異なる餡で包んだ菓子9種類。抹茶餡+黒糖焼酎に漬け込んだレーズン、生姜入り白餡+蜂蜜餡など斬新な組み合わせだが、素材の味が餡と見事に馴染んでいる。
「マグロが好きで寿司職人になった」と話す店主の本多さんが頑なにこだわり続けるのは、大間をはじめ日本近海で獲れる天然物の生本マグロ。色、艶、弾力、脂のり、それらを納得して仕入れる築地一の上物は神々しいまでに美しく、部位に切り分けて丁寧に処理を施す柵取りは「自分でやらなきゃ気が済まない」と笑う。
JR東日本を利用している人にはおなじみのコンビニ、ニューデイズで購入したのが、今回紹介するアマタケの「サラダチキン ランチ」シリーズ。 目指したのは「主食になるサラダチキン!」で、ピザ味、鶏めし味といった炭水化物系のフレーバーを採用することで、主食を食べている気分になれるというものだ。
331views 脱メタボ
『池田商店』の2号店としてオープン。名物の炊き餃子はすべて店で手包みし、1人前6個。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt