MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
芝蘭 板橋本店(中華料理/赤塚)

芝蘭 板橋本店(中華料理/赤塚)

鼻孔をくすぐる何とも本格派の香りと、端正な無かん水の白いストレート麺が強烈に食欲をそそる。その名も「成都式坦々麺」。

芝蘭 板橋本店(最寄駅:赤塚駅)

口から鼻へ抜ける複雑な香味と痺れがたまらない

板橋赤塚の名店として先々代から受け継がれる味だ。香り立つ本場四川の花椒の痺れもさることながら、3種の唐辛子をブレンドし、シナモンや八角、10種以上の香辛料を使用した自家製ラー油がまた利いている。食べ進むにつれて口中から鼻に抜ける香りのよさと舌に残る痺れ、複雑な辛さと香味。そのコンビネーションがまた来たいと思わせるのだ。

成都式坦々麺
1000円

無かん水ストレート麺が花椒やラー油、黒酢、ベースの甜醤油(砂糖、醤油、香辛料を少し煮詰めたもの)とよく絡む。複雑な香味が魅力

陳麻婆豆腐
1400円

メニューには山椒入り激辛麻婆豆腐の説明が。豆板醤に花椒油、出す直前にミルで挽く花椒も入って香りよく痺れる辛さ

お店からの一言

料理長 成田昌敏さん

「辛さも痺れもよく混ぜてお楽しみを」

芝蘭 板橋本店の店舗情報

[住所]東京都板橋区赤塚新町3-3-20  [TEL]03-3939-4465  [営業時間]11時~15時(14時半LO)、17時~22時(21時半LO)※ランチタイム有 [休日]月曜日(祝日の場合は火曜日) [座席]カウンターあり、全32席/全席喫煙可(平日昼は分煙)/予約可(コースのみ)/カード可(2500円以上)/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄有楽町線赤塚駅2番出口から徒歩4分


電話番号 03-3939-4465

2018年8月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
スープをひと口飲んで思わず唸ってしまった。今まで辛い料理は“熱い”に限ると思っていたが、この「冷やし豆乳担々麺」はその思い込みを見事に覆してくれる。
更新: 2019-08-03 12:00:00
年に数回は中国へ渡り、食材の仕入れや食べ歩きに努めるという早田さん。医食同源をテーマにした料理は、丁寧に仕込んだ自家製調味料や漢方を使い、食べて美味しいだけでなく健康的、かつ本場クオリティ。
更新: 2019-07-30 12:00:00
壁に並ぶメニューには餃子、餃子、餃子の文字。大根に冬瓜、春菊にニラ玉でしょ、季節物も入れて計11種。
更新: 2019-07-24 12:00:00
 「担々麺は食事の最後に食べていただくので、できる限りシンプルを心掛けています」と店主の中村さん。化学調味料などを一切使わない中村さんの中華料理は、味に奥行きを持たせるために発酵調味料を駆使する。
更新: 2019-07-22 12:00:00
黒竜江省出身の店主夫婦が営む中国東北部の鉄鍋料理店。テーブルに埋め込まれた鉄鍋に、肉や香味野菜、白菜漬けや板春雨等々を入れ、スープを注いで煮込む。
更新: 2019-07-19 11:07:24
最新の投稿
熱々のうなぎとご飯をほおばると、脂のコクとタレの甘みを感じつつもすぅっと溶けるような食べ心地。大串がのる鰻重でも、最後まで飽きることなくお年寄りから子どもまでパクパクと箸が進んでしまう。
更新: 2019-08-18 12:00:00
湿性花園やあやめ池を散策して高原を満喫したら本格イタリアンの『アルピナ』へ。山の上で新鮮なサラダや、薪の窯で焼きたてのピッツァを食べられるとは、なんとも贅沢。
更新: 2019-08-17 12:00:00
食べた瞬間、絶句……! いやはや、またしても人には明かしたくない絶品料理と出合ってしまった。 新大阪駅から歩くこと約15分。阪急三国駅にほど近い場所にある沖縄・九州料理の創作バル「まんた」にその料理はある……。
更新: 2019-08-16 15:55:00
「冷麦始めました」に夏の到来を感じる目にも舌にも涼やかな極上ののど越し!
更新: 2019-08-16 12:00:00
先日、東北の日本海側の羽越本線を走る快速列車“きらきらうえつ”が廃止されて新型の観光列車になると発表がありました。 一時期はパンフレット用の写真も担当させていただいていただけに、やはり寂しいです。撮影に行ったときのお話と、以前乗車したときのおいしいもののお話です……。
更新: 2019-08-15 16:55:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt