MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
芝蘭 板橋本店(中華料理/赤塚)

芝蘭 板橋本店(中華料理/赤塚)

鼻孔をくすぐる何とも本格派の香りと、端正な無かん水の白いストレート麺が強烈に食欲をそそる。その名も「成都式坦々麺」。

芝蘭 板橋本店(最寄駅:赤塚駅)

口から鼻へ抜ける複雑な香味と痺れがたまらない

板橋赤塚の名店として先々代から受け継がれる味だ。香り立つ本場四川の花椒の痺れもさることながら、3種の唐辛子をブレンドし、シナモンや八角、10種以上の香辛料を使用した自家製ラー油がまた利いている。食べ進むにつれて口中から鼻に抜ける香りのよさと舌に残る痺れ、複雑な辛さと香味。そのコンビネーションがまた来たいと思わせるのだ。

成都式坦々麺
1000円

無かん水ストレート麺が花椒やラー油、黒酢、ベースの甜醤油(砂糖、醤油、香辛料を少し煮詰めたもの)とよく絡む。複雑な香味が魅力

陳麻婆豆腐
1400円

メニューには山椒入り激辛麻婆豆腐の説明が。豆板醤に花椒油、出す直前にミルで挽く花椒も入って香りよく痺れる辛さ

お店からの一言

料理長 成田昌敏さん

「辛さも痺れもよく混ぜてお楽しみを」

芝蘭 板橋本店の店舗情報

[住所]東京都板橋区赤塚新町3-3-20  [TEL]03-3939-4465  [営業時間]11時~15時(14時半LO)、17時~22時(21時半LO)※ランチタイム有 [休日]月曜日(祝日の場合は火曜日) [座席]カウンターあり、全32席/全席喫煙可(平日昼は分煙)/予約可(コースのみ)/カード可(2500円以上)/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄有楽町線赤塚駅2番出口から徒歩4分


電話番号 03-3939-4465

2018年8月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
個性的な名店が集まる食の迷宮・板橋。中国北部出身の楊さん家族が営む『龍王』も、豪快なチャーハンをはじめ、庶民派プライスの逸品が目白押しである。
 もうダメ、疲れがとれない……そんなときに駆けこむべきはこちら。明るく人懐っこいマスター・松岡さんの繰り出す「薬膳スタミナ麺」だ。
 予約の取れない青山の超人気店が、昨年11月に2号店をオープン。名物は1本なんと200g以上という、骨付きの国産豚肉を使った「毛沢東スペアリブ」。
中華のタパス(小皿おつまみ)ってのがいいじゃないと思う。そしてその通り、ワインにきっちりと照準の合った焼き餃子がいい。
南森町からほど近くの大阪天満宮にある鉄板焼きの店「gump(ガンプ)」は、「いま旨い店が多い」と評判の飲食店激戦区にある。 シェフの2名はフレンチ出身で、特に“ねらい目”はお手頃価格のランチだ。
『ザ・リッツ・カールトン東京』の寿司店で料理長としてカウンターに立ち、国内外の客の舌を喜ばせてきた店主・朝妻さん。30年以上培った江戸前の技をさらに探求するため昨年11月に独立した。
熱々の韓国石鍋の中で湯気を立てているのは、和牛のすじ肉を2時間煮込み、ひと晩寝かせてとったスープで作るポトフだ。中には玉ネギ、ニンジン、大根、ゴボウと有機農法の根菜がたっぷり入り、塩味のコクあるスープに野菜の甘みが溶け出している。
日光街道沿いに続く商店街の脇道を進むと、ぽっと光がともる小さなお店が。「特上にぎり2500円」という値段からは想像を超えた極上のネタが登場し、舌を巻く。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt