MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
舟屋(うなぎ/寺田町)

舟屋(うなぎ/寺田町)

JR寺田町駅すぐという現在の場所で30年以上、前身の川魚の販売店から数えると80年以上の歴史を誇る。こちらの特徴はなんといってもその調理法。

舟屋(最寄駅:寺田町駅)

焼いて蒸して、また焼いて仕上げる絶品の個性派うなぎ

まず軽く焼き目をつけたうなぎを蒸し、再び焼き上げるという、関西と関東のやり方をミックスした独自の方法で仕上げられている。パリッとした皮、ふんわりとした身の食感は、ここならでは。たまりを使ったタレは濃厚な味わいで、山形県庄内産のつや姫との相性も抜群。行列ができるのも納得の味わいだ。

うな重 松
3490円

うな重は手頃な1000円台のものから、特大まで様々なサイズを用意している

八幡巻(数量限定)
2500円

タレが層になるように焼き上げることで、香ばしさと食感、味わいがアップ

鰻蒲焼 大
3500円

芸能人にもファンが多いという名物

お店からの一言

店長 山本憲男さん

「関西と関東のええとこを合わせました!」

舟屋の店舗情報

[住所]大阪府大阪市生野区生野西2-1-34 [TEL]06-6741-7625 [営業時間]11時半~14時半(14時LO)、16時半~21時(20時半LO)、持ち帰り11時半~21時(売り切れ次第閉店)※ランチタイム有 [休日]木(祝の場合は前日、または翌休) [席]全23席/全席禁煙/カード可/予約不可(持ち帰りは可)/サなし [交通アクセス]JR大阪環状線寺田町駅北出口から徒歩1分


電話番号 06-6741-7625

2018年8月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
熱々のうなぎとご飯をほおばると、脂のコクとタレの甘みを感じつつもすぅっと溶けるような食べ心地。大串がのる鰻重でも、最後まで飽きることなくお年寄りから子どもまでパクパクと箸が進んでしまう。
1681年創業。うなぎの名産地として知られる柳川を代表する名店だ。
関東では一般的と言っていいうな串。関西ではほとんど見かけることのないこのスタイルで、10年以上前から人気を集めている。
明治から受け継がれる店の伝統は、とにかく質のいいうなぎを使うこと。上物をいかにたくさん継ぎ足しのタレにくぐらせるか。
浜松産「活うなぎ」を使用。一番人気の「上うな丼」をはじめ、刺身や煮付け、焼魚といった魚料理までメニューが豊富に揃う。
鎌倉は由比ヶ浜で人気の古民家の蕎麦屋『鎌倉 松原庵』。その趣と味を持ち込み、表参道のけやき並木を見下ろす空間は、一瞬どこにいるか忘れる風情だ。
希少部位の握りに、目の前で炙った赤身の七輪焼き。とび切りの黒毛和牛をハイコスパで味わうならば、ここを訪れるべし!
ドイツで100年以上愛されているバウムクーヘン。卵、バター、小麦粉など素材の味が広がる素朴な美味しさは万人受け間違いなし。
創業して52年目。 その老舗そば店は、京都洛北の大幸寺にルーツがある。 時代は江戸まで遡る。300年以上伝承されてきた「そば打ち秘伝」「つけ汁仕立て御式」を受け継いだのが「そばよし LINKS UMEDA店」だ。
性格が子どもじみているのかもしれないが、私は混ぜる食べ物が大好きである。 そんな混ぜるの大好き! おっさん女子的に混ぜたい食べ物の王道は、石焼ビビンバだ。 そして吉祥寺で石焼ビビンバを食べるのは、ダイヤ街のビルの2階にある『D韓』です。 食べ盛りの若い男子は、ランチ食べ放題がおすすめだよ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt