MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
元祖 本吉屋 本店(うなぎ/柳川市)

元祖 本吉屋 本店(うなぎ/柳川市)

1681年創業。うなぎの名産地として知られる柳川を代表する名店だ。

元祖 本吉屋 本店(最寄駅:柳川駅)

日本情緒を感じる店内で絶品せいろ蒸しを食す幸せ

名物料理の「せいろ蒸し」は、創業以来継ぎ足している秘伝のタレをまぶしたご飯を蒸し、その上に蒲焼と錦糸卵をのせ、さらに蒸して完成させる。フタを開けると湯気と共にうなぎの芳ばしい香りが漂い、食欲を誘う。せいろ蒸しにすることで、中がフワフワに仕上がる。うなぎの旨みと甘辛いタレが染み込んだご飯も極上の味わいだ。

せいろ蒸し定食
4400円

香ばしい焼き目とタレの照りが見事な蒲焼と錦糸卵のコントラストが美しい。定食には酢の物、肝吸い、香の物が付く。「特せいろ蒸し定食」(5000円)はご飯の間にもうなぎが入り、さらに豪華

元祖 本吉屋 本店の店舗情報

[住所]福岡県柳川市旭町69 [TEL]0944-72-6155 [営業時間]10時半~21時(20時半LO)※ランチタイム有 [休日]月曜日(祝日の場合は翌火曜日休み) [交通アクセス]西鉄天神大牟田線西鉄柳川駅より徒歩12分


電話番号 0944-72-6155

2018年8月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
JR寺田町駅すぐという現在の場所で30年以上、前身の川魚の販売店から数えると80年以上の歴史を誇る。こちらの特徴はなんといってもその調理法。
熱々のうなぎとご飯をほおばると、脂のコクとタレの甘みを感じつつもすぅっと溶けるような食べ心地。大串がのる鰻重でも、最後まで飽きることなくお年寄りから子どもまでパクパクと箸が進んでしまう。
関東では一般的と言っていいうな串。関西ではほとんど見かけることのないこのスタイルで、10年以上前から人気を集めている。
明治から受け継がれる店の伝統は、とにかく質のいいうなぎを使うこと。上物をいかにたくさん継ぎ足しのタレにくぐらせるか。
浜松産「活うなぎ」を使用。一番人気の「上うな丼」をはじめ、刺身や煮付け、焼魚といった魚料理までメニューが豊富に揃う。
「マグロが好きで寿司職人になった」と話す店主の本多さんが頑なにこだわり続けるのは、大間をはじめ日本近海で獲れる天然物の生本マグロ。色、艶、弾力、脂のり、それらを納得して仕入れる築地一の上物は神々しいまでに美しく、部位に切り分けて丁寧に処理を施す柵取りは「自分でやらなきゃ気が済まない」と笑う。
JR東日本を利用している人にはおなじみのコンビニ、ニューデイズで購入したのが、今回紹介するアマタケの「サラダチキン ランチ」シリーズ。 目指したのは「主食になるサラダチキン!」で、ピザ味、鶏めし味といった炭水化物系のフレーバーを採用することで、主食を食べている気分になれるというものだ。
212views 脱メタボ
『池田商店』の2号店としてオープン。名物の炊き餃子はすべて店で手包みし、1人前6個。
2019年のトレンド鍋は“発酵鍋”に決まったそうだが、ちょっと無理がある気がするのは私だけでしょうか?  そもそもキムチやチーズも発酵食品なんで、たいして新しくもないワケですが……。発酵食品と言えば、私がひそかに注目しているのが、おやつである。 吉祥寺は発酵系のおやつが充実しているので、今回はココをチェック!
かつて貝類が豊富にとれた江戸で、庶民に親しまれた冬の蕎麦が、この“あられ”。今ではほとんどお目にかかれない古典種物を、明治2年創業の老舗はしっかりと守り続けている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt