MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
大阪穴場グルメ_大阪滞在中にお忍びで室蘭市長が来店!? 市長から太鼓判を押された室蘭やきとり専門店/大阪ローカル穴場メシ情報[46]

大阪穴場グルメ_大阪滞在中にお忍びで室蘭市長が来店!? 市長から太鼓判を押された室蘭やきとり専門店/大阪ローカル穴場メシ情報[46]

鶴橋の商店街を出て南東方向に、鶴橋駅から徒歩にして約10分。 関西でも珍しい室蘭焼鳥を提供する「たつ家」が現れる。 室蘭やきとりとは、鳥ではなく豚肉を使用する。 ホンマもんだ、と感じたのだろう。お店を訪れた室蘭市長自らが「もっと広めて下さい」と激励をしたそうだ……。

大阪滞在中にお忍びで室蘭市長が来店!? 市長から太鼓判を押された室蘭やきとり専門店


「その日、初めて来られた3人のお客さんがいたんです。
『精肉を一人3本ずつ』という注文をされたんで、室蘭やきとりを知っている方だとすぐにわかりました。
あとで聞くと、その方は今の室蘭市長だったんです(笑)」

鶴橋の商店街を出て、南東方向に歩く。

鶴橋駅から徒歩にして約10分だ。

関西でも珍しい室蘭焼鳥を提供する「たつ家」が現れ、暖簾をくぐると店主はこう笑った。


室蘭やきとりとは、鳥ではなく豚肉を使用する。

ホンマもんだ、と感じたのだろう。

市長自らが「もっと広めて下さい」と激励をしたそうだ。

市長が注文した「精肉」とは肩ロース、もしくはバラ肉を使用。

肉との間に玉ねぎを挟んで洋からしを据えて食べるのが室蘭スタイル。

それを地元では「精肉」と呼ぶ。


同店で精肉は、「豚精」(2本300円)という名でメニューにある。

一味や山椒ではなく、洋からし。

物は試しで洋からしにつけると、意外なほど合う。

「室蘭やきとりは甘辛いタレも特徴の一つなんですよ」(店主)

「豚レバー」(2本300円)は、この重厚感。


サクサクとした噛み応えで、強いて言うなら、タンとロースの中間のような味わい。

なるほど、こりゃハマるはずやわ。

店主も「豚のレバーで感動して、覚えたいと思いました」と告白する。

2008年に同店を開業。

その前は北海道の室蘭に、知人のツテを頼って修業もした。

タレに赤味噌をブレンドして独自のテイストを完成させたそうだ。

道内唯一のうずらの卵の生産地である室蘭では、独自の串がある。

それが「うずらの玉子」(2本300円)。


殻のまま、串に刺して焼くのだ。

焼きながら塩とコショウで味付け。


殻ごとひと口。

まるでエビの食感だ。

卵黄がジューシーで程よい柔らかさだ。

面白いのはコレだけでなく、同店ではなんと鶏肉も提供する。

「鶏精」(2本300円)、「ささみ」(2本350円)を追加注文。


ネギではなく、玉ねぎなのが特徴。

もちろん、洋からしも。


ささみは「わさび」か「塩」を選べる。

梅肉もお好みで……。

特に驚いたのが「つくね」(1本250円)だ。

焼く前に店主が調理。

つくねをこねて、串に刺すところも料理中にする。

つくねは軟骨入りで、中はジューシー。

外はパリッと焼かれて、さらにこのタレ。

抜群にウマイのだ!


値段も手ごろでこの満足感。


室蘭やきとり、ぜひご賞味あれ!

室蘭焼鳥 たつ家
[住所]大阪市生野区鶴橋2丁目16-21
[TEL]06-6717-0333
[営業時間]18:00~23:00
[定休日]木曜









加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

このグルメ記事のライター
加藤慶@まとメシ

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
近鉄鶴橋駅の東口からすぐ近くにある5番通り。この通りの界隈に最近洒落た飲食店が相次いでオープンしているのをご存じか。 なかでも注目なのが、ちょい呑みちょい食べ酒場の「あて」で、これまでマスコミ取材NGをずっと貫いてきたのだ……。
更新: 2019-05-29 16:04:00
梅田の第一ビルといえばサラリーマンにこよなく愛される激安居酒屋が密集したエリア。 そんなエリアに新店がオープン。前を通るとカウンターで一人酒する美女が……!?  彼女の名前はルーシーちゃん。今年2月7日にオープンしたばかりの洋風バル『ルーシースタンドダイニング大阪駅前第1ビル店』の“アイドル”だ。
更新: 2019-05-08 16:05:00
大阪富国生命ビルの地下2階。 この場所を聞いただけでピンときた方はかなりの食通だ。 約100mほどある板張りの床には名店ばかりが連なり、「ミッテラン2世」はその中央に位置する。昼飲みできる飲食店がズラリと並ぶエリアでもある……。
更新: 2019-04-25 16:03:00
天王寺区の桃谷といえば、区役所や警察署、それに総合病院までが密集する閑静な住宅街。 ここに地元民に愛される洋食屋がポツンとある。 その名も「ボナンザ」。 マスコミ初登場の老舗洋食屋でオープンして約40年が経つそうだ……。
更新: 2019-04-17 16:05:00
最新の投稿
隣の鮮魚店が実家とあって、主人の魚の目利きや扱いはさすがのひと言。隣から仕入れる魚はもちろん、足立市場まで足を延ばしていいものを探し、リーズナブルに提供している。
更新: 2019-06-18 12:00:00
昭和感溢れる店内。メンチカツに信玄どりのボンジリがゴロッと入るわ、マカロニ(サラダ・290円)にはコンビーフを加え、黒胡椒を利かせるなど、思わず「オッ」と唸る出来ばえ!
更新: 2019-06-17 14:53:34
老若男女で連夜圧倒的な賑わいをみせるムサコの超人気店がこちら。
更新: 2019-06-17 14:59:13
酒の肴と呼ぶにふさわしい料理の数々が壁の品書きに並び、それを眺めているだけでも楽しい『タキギヤ』。主人の小林さんはその日仕入れた食材を、奇をてらわない料理に仕立てる。
更新: 2019-06-15 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt