MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
うなぎ 仙見(うなぎ/梅屋敷)

うなぎ 仙見(うなぎ/梅屋敷)

見よ、丼からはみ出したうなぎの迫力を! ひと切れ100g超えが二枚ドドンッ。

うなぎ 仙見(最寄駅:梅屋敷駅)

名物はインパクト大の豪快な「はみ出し」うな丼

飴色に輝く麗しい照りを見れば、誰しもが身も心もメロメロにやられてしまうだろう。うなぎは愛知県三河産の大小サイズを仕入れ、丼には肉厚の大振りなものを使用。しっかり焼き目を付けた身はふんわり柔らかく、硬過ぎず柔らか過ぎずの米と口の中で一体となれば、もう箸が止まらない! 脂の乗りと食感のバランスがいい細めはお重用。その上品な身の甘みは店主のおすすめだ。夜は〆にうな重が付く「うなぎ尽くしコース」もあり、量とクオリティは感涙もの。

名物「はみ出し」うな丼
3400円(昼は単品で3000円)

丼には400g前後のうなぎ一匹の3分の2を使う。米は新潟産コシヒカリ。ふわっと柔らかい身と一体感を出すため硬過ぎないように炊く。大盛りも可

肝焼、ひれ巻、バラの鰻串焼き3本(鰻尽くしコースの一例)

コースの串3種。各単品もある

上鰻重
4000円(夜・鰻重は3300円)

注文があってから蒸して焼く。お重用は細めのうなぎ一匹分で、脂の乗りも上品

お店からの一言

店主 松尾学さん

「焼き目をしっかり均一に仕上げるよう心掛けています」

うなぎ 仙見の店舗情報

[住所]東京都大田区大森中2-2-1 [TEL]03-3764-2707 [営業時間]11時半~14時半(14時LO)、17時半~21時(20時半LO)※鰻が売り切れ次第終了※ランチタイム有  [休日]水曜日 [座席]カウンターあり、計17席/全席禁煙/夜は予約可/カード不可/サなし、酒類注文時はお通し300円別 [交通アクセス]京浜急行線梅屋敷駅から徒歩2分


電話番号 03-3764-2707

2018年8月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
JR寺田町駅すぐという現在の場所で30年以上、前身の川魚の販売店から数えると80年以上の歴史を誇る。こちらの特徴はなんといってもその調理法。
熱々のうなぎとご飯をほおばると、脂のコクとタレの甘みを感じつつもすぅっと溶けるような食べ心地。大串がのる鰻重でも、最後まで飽きることなくお年寄りから子どもまでパクパクと箸が進んでしまう。
1681年創業。うなぎの名産地として知られる柳川を代表する名店だ。
関東では一般的と言っていいうな串。関西ではほとんど見かけることのないこのスタイルで、10年以上前から人気を集めている。
明治から受け継がれる店の伝統は、とにかく質のいいうなぎを使うこと。上物をいかにたくさん継ぎ足しのタレにくぐらせるか。
サラリーマンがホッピーを酌み交わすここは、どう見ても大衆酒場。だがしかし、しかしですよ、テーブルには焼きとんとビストロ料理が共に並び、手渡される手書きリストにはレアなワインまでズラリ。
ユニークな素材をそれぞれ異なる餡で包んだ菓子9種類。抹茶餡+黒糖焼酎に漬け込んだレーズン、生姜入り白餡+蜂蜜餡など斬新な組み合わせだが、素材の味が餡と見事に馴染んでいる。
「マグロが好きで寿司職人になった」と話す店主の本多さんが頑なにこだわり続けるのは、大間をはじめ日本近海で獲れる天然物の生本マグロ。色、艶、弾力、脂のり、それらを納得して仕入れる築地一の上物は神々しいまでに美しく、部位に切り分けて丁寧に処理を施す柵取りは「自分でやらなきゃ気が済まない」と笑う。
JR東日本を利用している人にはおなじみのコンビニ、ニューデイズで購入したのが、今回紹介するアマタケの「サラダチキン ランチ」シリーズ。 目指したのは「主食になるサラダチキン!」で、ピザ味、鶏めし味といった炭水化物系のフレーバーを採用することで、主食を食べている気分になれるというものだ。
327views 脱メタボ
『池田商店』の2号店としてオープン。名物の炊き餃子はすべて店で手包みし、1人前6個。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt