MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
【閉店】焼酎Bar 古典|焼酎の多様な味わいと香りを噛みしめよう(焼酎バー/円山町)

【閉店】焼酎Bar 古典|焼酎の多様な味わいと香りを噛みしめよう(焼酎バー/円山町)

焼酎バーの草分けとも言われる店。擁する焼酎は約200種、その8割が芋焼酎で、一般的にあまり流通していない品を揃えている。ひと口に芋焼酎といえど、蔵元や原材料、麹により風味が全く異なる。焼酎Bar古典 (ショウチュウバー・コテン)[交]地下鉄半蔵門線ほか渋谷駅1番出口から徒歩7分、京王井の頭線神泉駅から徒歩2分

【閉店】焼酎Bar 古典(最寄駅:渋谷駅)

 オープンから15年、焼酎バーの草分けとも言われる店。擁する焼酎は約200種、その8割が芋焼酎で、一般的にあまり流通していない品を揃えている。ひと口に芋焼酎といえど、蔵元や原材料、麹により風味が全く異なる。まずはストレートで楽しみ、そのあと好みで割るのがおすすめだ。焼酎はグラス800円〜、つまみは日替わりが主で約20品(800円〜1200円)を用意している。

焼酎「安田」(グラス)
1000円

鹿児島の国分酒造が甘さとコクのある「蔓無源氏」の生芋を芋麹で仕込んだ、芋100%の焼酎「安田」(グラス1000円)。ロック向きでフルーティな風味が特徴。しっかりした芋の風味で、あとに残りすぎない

カキ油のネギ塩焼そば
800円

『古典』の定番フード。唐辛子の香りを移した太白ごま油で炒めたそばを、オイスターソースで味付け。具はシンプルにネギのみ、さっぱりしつつ旨みが深い

焼酎Bar 古典

東京都渋谷区円山町7-10 ☎03-3496-1899 [営]19時〜翌2時 [休]日・祝(不定休) [席]カウンター10席、テーブル4席×1卓計14席/禁煙席あり/予約可/カード不可/サなし、チャージ1000円(お通し3点盛り付き) [交]地下鉄半蔵門線ほか渋谷駅1番出口から徒歩7分

電話番号 03-3496-1899
2015年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 2017年10月にオープンした滋賀県のアンテナショップ『ここ滋賀』。その1階にある気軽な地酒バーだ。
更新: 2019-04-03 18:00:00
 2018年6月上旬、日本橋界隈がざわついた。あの『はせがわ酒店』が初の飲食併設店舗を福徳神社の裏にオープンさせたのだ。
更新: 2019-04-02 18:00:00
 伊勢佐木町商店街の関内駅側出入口から野毛へと抜ける道すがらの一角こそ“バーの街”とも呼ばれる吉田町。そこで木と鉄格子のワイルドなファザードで待ち受けるバー。
更新: 2019-03-22 18:00:00
 “バーの街”吉田町を、大きな窓から見下ろすようにたたずむこの店のテーマは「バー未経験の女性がひとりで安心して来られる店」。それもそのはず、オーナーは女性バーテンダー!ならではの洗練された空間だ。
更新: 2019-03-21 18:00:00
「まともな料理が食べられるバー」を標榜するのは伊達じゃない! 100円の廉価なおつまみから、オードブル、パスタに本格的な中華、極めつけは日替わりでネタの変わるにぎり寿司(ネタには本格的に返しが!!)までメニューにのぼり、カクテルも本格的なオリジナルかつ無敵感満載のバー!
更新: 2019-03-18 18:00:00
最新の投稿
2017年春、中央線の高架沿いに出現した「高円寺アパートメント」。1階には6つの個性的な店が軒を連ねる。
更新: 2019-04-19 12:00:00
肉の専門店『万世』が手がけるラーメン屋のパーコー麺だ。むっちり弾力があって食べ応え充分なパーコーに、あっさりしつつもコクのあるスープ、プレーンな感じのラーメンがやけに合う。
更新: 2019-04-18 14:55:41
こんな店を待っていた! と思わせる新星が登場した。一見オシャレな立ち呑みだが、奥にはカウンターやテーブル席もあり、ゆっくりくつろげる。
更新: 2019-04-18 12:00:00
天王寺区の桃谷といえば、区役所や警察署、それに総合病院までが密集する閑静な住宅街。 ここに地元民に愛される洋食屋がポツンとある。 その名も「ボナンザ」。 マスコミ初登場の老舗洋食屋でオープンして約40年が経つそうだ……。
更新: 2019-04-17 16:05:00
明治21年に上野に誕生し、
喫茶店の原点と言われた
「可否茶館」。そこには書棚やビリヤード台が備えられていたという。
更新: 2019-04-17 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt