MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
うなぎ お㚙川(うなぎ/我孫子駅)

うなぎ お㚙川(うなぎ/我孫子駅)

店主は鰻問屋に10年勤めてからうなぎ屋になったという経歴の持ち主。旨いうなぎを知りつくした目利きで、うなぎは一尾ずつ(!)選別して仕入れる。

うなぎ お㚙川(最寄駅:我孫子駅)

東の“江戸焼き”と西の“地焼き”二種の味わいを一度に楽しめる贅沢重

さらに蒸してから焼く関東風の“江戸焼き”だけでなく、うなぎの肉質をしっかり味わえ、香ばしさを楽しめる関西風の“地焼き”も提供する。食感や風味の違いを感じてもらいたいこだわりからだ。東西の味わいがひとつのお重にのり、口福の食べ比べができる貴重なお店だ。

東西鰻重 特上
3500円

はみ出すほどに大きい上のふっくらうなぎが“江戸焼き”、下のカリッとした鰻が“地焼き”。両者を一度に楽しめる

バラ焼き、きも焼き、ヒレ焼き、やきとり
250円、400円、200円、350円

注文後に活鰻をさばくため、串ものでゆるりと待とう。どれも大きく食べ応えアリ

お店からの一言

店主 湯浅翔太さん

「関東では珍しい“地焼き”をぜひお試しください!」

うなぎ お㚙川の店舗情報

[住所]千葉県我孫子市本町1-1-11 マンション青木1階 [TEL]0471-86-2433 [営業時間]11時~14時(13時半LO)、17時~21時(20時半LO)※ランチタイム有 [休日]木曜日 [座席]カウンターあり、全36席/喫煙可、子どもがいる場合は禁煙/予約可/カード可/サ・酒をご注文の場合、お通し代500円別 [交通アクセス]JR常磐線ほか我孫子駅南口から徒歩3分


電話番号 0471-86-2433

2018年8月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
JR寺田町駅すぐという現在の場所で30年以上、前身の川魚の販売店から数えると80年以上の歴史を誇る。こちらの特徴はなんといってもその調理法。
更新: 2019-09-08 12:00:00
熱々のうなぎとご飯をほおばると、脂のコクとタレの甘みを感じつつもすぅっと溶けるような食べ心地。大串がのる鰻重でも、最後まで飽きることなくお年寄りから子どもまでパクパクと箸が進んでしまう。
更新: 2019-08-18 12:00:00
1681年創業。うなぎの名産地として知られる柳川を代表する名店だ。
更新: 2019-08-09 12:00:00
関東では一般的と言っていいうな串。関西ではほとんど見かけることのないこのスタイルで、10年以上前から人気を集めている。
更新: 2019-07-28 12:00:00
明治から受け継がれる店の伝統は、とにかく質のいいうなぎを使うこと。上物をいかにたくさん継ぎ足しのタレにくぐらせるか。
更新: 2019-07-27 12:00:00
最新の投稿
 見番横丁と交差する角に立つビストロパブ。ビールはもちろん、16歳からフランス料理を会得した店主・小貫友寛さんが作る料理も魅力だが、国産蒸留酒の品揃えにも注目!
更新: 2019-10-14 12:00:00
 「寿司屋では緊張せずに、楽しんでいただきたいんです」と語る二代目。店内は手作りのメニューや大漁旗が飾られ、誰でもくつろげる雰囲気だ。
更新: 2019-10-13 12:00:00
 中華の花形食材・フカヒレを存分に味わえる姿煮。四川料理の名店『神楽坂 芝蘭』では、これを昼の御膳で楽しめる。
更新: 2019-10-12 12:00:00
今回は紀州鉄道で出会ったディーゼルカーと、沿線で食べた“せち焼き”です。 私はこの“せち焼き”のことを、まったく聞いたことがありませんでした。 はたして、焼き物なのか、食べ物なのか……?
更新: 2019-10-11 15:55:00
 8.8坪のお店で出すタパスは、気取らないながらも繊細な味付けと美しい盛り付けが魅力。口に含んだ先には、幸せが待っている。
更新: 2019-10-11 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt