MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
うなぎ お㚙川(うなぎ/我孫子駅)

うなぎ お㚙川(うなぎ/我孫子駅)

店主は鰻問屋に10年勤めてからうなぎ屋になったという経歴の持ち主。旨いうなぎを知りつくした目利きで、うなぎは一尾ずつ(!)選別して仕入れる。

うなぎ お㚙川(最寄駅:我孫子駅)

東の“江戸焼き”と西の“地焼き”二種の味わいを一度に楽しめる贅沢重

さらに蒸してから焼く関東風の“江戸焼き”だけでなく、うなぎの肉質をしっかり味わえ、香ばしさを楽しめる関西風の“地焼き”も提供する。食感や風味の違いを感じてもらいたいこだわりからだ。東西の味わいがひとつのお重にのり、口福の食べ比べができる貴重なお店だ。

東西鰻重 特上
3500円

はみ出すほどに大きい上のふっくらうなぎが“江戸焼き”、下のカリッとした鰻が“地焼き”。両者を一度に楽しめる

バラ焼き、きも焼き、ヒレ焼き、やきとり
250円、400円、200円、350円

注文後に活鰻をさばくため、串ものでゆるりと待とう。どれも大きく食べ応えアリ

お店からの一言

店主 湯浅翔太さん

「関東では珍しい“地焼き”をぜひお試しください!」

うなぎ お㚙川の店舗情報

[住所]千葉県我孫子市本町1-1-11 マンション青木1階 [TEL]0471-86-2433 [営業時間]11時~14時(13時半LO)、17時~21時(20時半LO)※ランチタイム有 [休日]木曜日 [座席]カウンターあり、全36席/喫煙可、子どもがいる場合は禁煙/予約可/カード可/サ・酒をご注文の場合、お通し代500円別 [交通アクセス]JR常磐線ほか我孫子駅南口から徒歩3分


電話番号 0471-86-2433

2018年8月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
1995(平成7)年、昭和区白金で創業以来、多くの食通を唸らせてきた『炭焼 うな富士』。ここは初の暖簾分け店として、今年1月にオープン。
更新: 2019-07-17 12:00:00
見よ、丼からはみ出したうなぎの迫力を! ひと切れ100g超えが二枚ドドンッ。
更新: 2019-07-15 12:00:00
常識にとらわれない、これが極意。追求するのは手間をかけて美味しいうなぎを提供すること、ただそれだけだ。
更新: 2019-07-12 12:00:00
「チャレンジ精神を忘れずにいいと思えばやってみることが大事」と店主の飯野さん。50年続く店の2代目として、変化を恐れず味を進化させてきた。
更新: 2019-07-12 11:40:26
分厚い身を頬張れば、舌の上でホロリとほどけ、香ばしさと脂の甘みの余韻がいつまでも続く。創業は今から約70年前。
更新: 2019-07-08 13:33:10
最新の投稿
外観を見ただけでピンときた。 昭和レトロを感じさせる外観だが、古さを感じさせないモダンな内外観。 玉造にある大衆酒場「タムヤ」は、店主田村一廣さん(42)のこだわりが散りばめられている。 しかも、店主の体型と同じでとにかく料理のボリュームがヤバイ!
更新: 2019-07-18 16:03:00
名古屋のおすすめ居酒屋&ダイニングバーをご紹介!安くて美味しいリーズナブルなお店や、ゆっくり個室で呑めるお店、デートにぴったりなオシャレなお店など、グルメライターが実際に食べ歩いて見つけたお店をカテゴリ別にご紹介します!
更新: 2019-07-18 18:31:06
名古屋には全国に展開しているチェーン店も含め人気のある有名ラーメン店がたくさんあります!ここではグルメ雑誌「おとなの週末」のラーメンライターが特におすすめしたい、本当に旨いお店を、厳選してご紹介!写真や最寄り駅の情報も掲載しています。
更新: 2019-07-18 14:03:48
中華の経験を活かした“痺れ系”ラーメンの専門店で、“汁あり”、“汁なし”、夏は“冷やし”と3種の担々麺を展開する。定番の“汁あり”は、豚をメインにした厚みのあるスープ。
更新: 2019-07-18 12:00:00
清流の名前をもった第3セクター鉄道が長良川鉄道です。 その名前の通り、ほとんどの区間で長良川に沿って走ります。 もともとは国鉄越美南線(えつみなんせん)、1986年に第3セクター鉄道に転換されました。 この路線の中ほどにあるのが郡上八幡駅。 水と郡上踊りで知られる城下町、郡上八幡への玄関口です……。
更新: 2019-07-18 11:46:41

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt