MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
御食事処 スズキ(うなぎ/新横浜)

御食事処 スズキ(うなぎ/新横浜)

神奈川でブランドうなぎ「坂東太郎」を食べたいアナタは急いでココに予約するべし。極厚のそれはお重の蓋をも跳ねのけそうな迫力だとおわかり?

御食事処 スズキ(最寄駅:新横浜駅)

住宅街にある気軽な雰囲気で極上の「坂東太郎」を!

さっきまで活きてたんだから新鮮さも抜群だ。店主の信条は注文を受けて水槽から取って捌いて……という調理を一気にこなすこと。この基本を誠実に守り、さらに値段もお手頃な店はそうそうないだろう。表面カリッと中はふわっなんて一辺倒に書きたくないが、本当に文字通り。身が甘いのでタレは少々辛めに仕上げてあり、エキスが絡んだ米の一粒まで残したくない! 坂東太郎のほか九州産も揃えるうなぎの名店だが、実は中トロなど居酒屋料理も絶品。降参です。

坂東太郎うな重(肉厚)
4300円

坂東太郎の蒲焼きが一匹丸々、お重にドカン。口に含めばとろりふわりと崩れていく。太さにより蒸し時間を見極めるのも熟練の技で、数分ズレるだけで食感がまったく違ってしまうそう。米は新潟産コシヒカリ

坂東太郎白焼き(肉厚)
4000円

白焼きはうなぎの旨みを存分に味わえる

ヒレ焼、中トロ
1本210円、1200円

弾力のあるヒレ焼のほか、店主自ら川崎の市場で仕入れる中トロも人気

お店からの一言

店主 鈴木敬二さん、幸子さん夫妻

「捌きたて、出来たての本物の味を楽しんでください」

御食事処 スズキの店舗情報

[住所]神奈川県横浜市港北区篠原町2803 [TEL]045-402-7177 [営業時間]11時半~13時半(うな重は13時10分LO)、16時半~22時45分(21時45分LO)※ランチタイム有 [休日]日曜日 [座席]全25席/夜は全席喫煙可/予約可/カード不可/サなし、夜はお通し代320円別 [交通アクセス]横浜市営地下鉄ブルーライン新横浜駅2番出口から徒歩5分


電話番号 045-402-7177

2018年8月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
JR寺田町駅すぐという現在の場所で30年以上、前身の川魚の販売店から数えると80年以上の歴史を誇る。こちらの特徴はなんといってもその調理法。
熱々のうなぎとご飯をほおばると、脂のコクとタレの甘みを感じつつもすぅっと溶けるような食べ心地。大串がのる鰻重でも、最後まで飽きることなくお年寄りから子どもまでパクパクと箸が進んでしまう。
1681年創業。うなぎの名産地として知られる柳川を代表する名店だ。
関東では一般的と言っていいうな串。関西ではほとんど見かけることのないこのスタイルで、10年以上前から人気を集めている。
明治から受け継がれる店の伝統は、とにかく質のいいうなぎを使うこと。上物をいかにたくさん継ぎ足しのタレにくぐらせるか。
サラリーマンがホッピーを酌み交わすここは、どう見ても大衆酒場。だがしかし、しかしですよ、テーブルには焼きとんとビストロ料理が共に並び、手渡される手書きリストにはレアなワインまでズラリ。
ユニークな素材をそれぞれ異なる餡で包んだ菓子9種類。抹茶餡+黒糖焼酎に漬け込んだレーズン、生姜入り白餡+蜂蜜餡など斬新な組み合わせだが、素材の味が餡と見事に馴染んでいる。
「マグロが好きで寿司職人になった」と話す店主の本多さんが頑なにこだわり続けるのは、大間をはじめ日本近海で獲れる天然物の生本マグロ。色、艶、弾力、脂のり、それらを納得して仕入れる築地一の上物は神々しいまでに美しく、部位に切り分けて丁寧に処理を施す柵取りは「自分でやらなきゃ気が済まない」と笑う。
JR東日本を利用している人にはおなじみのコンビニ、ニューデイズで購入したのが、今回紹介するアマタケの「サラダチキン ランチ」シリーズ。 目指したのは「主食になるサラダチキン!」で、ピザ味、鶏めし味といった炭水化物系のフレーバーを採用することで、主食を食べている気分になれるというものだ。
327views 脱メタボ
『池田商店』の2号店としてオープン。名物の炊き餃子はすべて店で手包みし、1人前6個。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt