MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
表参道・新潟館ネスパス新潟清酒 立ち呑みBAR COCO(郷土料理/表参道)

表参道・新潟館ネスパス新潟清酒 立ち呑みBAR COCO(郷土料理/表参道)

新潟県のアンテナショップ『表参道・新潟館ネスパス』に新たにオープンした立ち飲みスペース。ここがなかなかおもしろい。

表参道・新潟館ネスパス新潟清酒 立ち呑みBAR COCO(最寄駅:表参道駅)

安くて旨いは正義!新潟の郷土料理と日本酒を気軽に堪能

まずお知らせしたいのが、安さ。新潟の定番から新鋭まで8種類のお酒から3種を選べる“飲み比べ”が500円ポッキリ! フードはもっとすごい。ご当地のおつまみ4種が入ったセットは690円。さらに、和牛の中でも高級な越後牛のローストビーフが680円というから驚きだ。このどちらかと日本酒お猪口3杯で1000円ちょいというから恐るべし。
 そして、8種の日本酒や、セットにあるおつまみは、館内の物販スペースで購入可能。食べて飲んで、気に入ったらその場で買って帰られる。表参道のど真ん中に現れた“ネオ角打ち”。街のオアシスになりそうだ。

ご当地おつまみセット、厳選日本酒1杯(90ml)
690円、400円~

新潟の名産、鮭とば、いごねり(いご草を練り上げたもの)、野沢菜漬、栃尾の油揚げのセット。裏メニューの「日本酒1杯」は、現地で仕入れた銘柄を約5種類用意。内容はスタッフに確認を

日本酒お猪口3杯
500円

90蔵ある新潟の酒蔵から8種類を厳選。左から「越後伝衛門 純米酒」、「初花 特別純米」、「イットキー 純米吟醸」。ボトルが入った機械から好きなお酒のボタンを押して注ぐセルフスタイル

越後牛のローストビーフ、こしひかり越後生ビール
680円、650円

厚く切られたモモ肉は、噛むごとに旨みがジュッとあふれだす。味付けは、ほんの少しの塩コショウというから肉質への自信が伺える。相性抜群のビールは米の風味が鼻に抜け、後味スッキリ

クリームチーズといぶし大根のポテトサラダ
380円

クリーミーなポテサラに、魚沼の「いぶし大根」のコリッとした食感が絶妙。上にのった香ばしいフライドオニオンがいいアクセントだ。こちらとローストビーフは物販で買えないここだけの一品

表参道・新潟館ネスパス新潟清酒 立ち呑みBAR COCOの店舗情報

[住所]東京都渋谷区神宮前4-11-7 表参道・新潟館ネスパス内1階 [TEL]03-5775-4332 [営業時間]11時~19時半(19時LO)※ランチタイム有 [休日]不定休(要問い合わせ) [交通アクセス]地下鉄半蔵門線ほか表参道駅A2出口から徒歩1分


電話番号 03-5775-4332

撮影/西﨑進也 取材/戎 誠輝(編集部)

2018年10月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
麦焼酎の発祥といわれる壱岐焼酎。大麦2に対し米麹1の割合で仕込まれ、スッキリと飲みやすいものからウイスキーを思わせるものまで多種多様だ。
更新: 2019-06-19 12:00:00
宮崎の焼酎を常時50種ほどを揃え、おすすめはクラッシュアイスでいただくロック。宮崎焼酎の魅力は、芋をはじめ、麦、蕎麦、栗、トウモロコシなど豊富な原料があること。
更新: 2019-06-11 11:31:25
 日本で一番人口の少ない村・青ヶ島。約160人のうち10人が杜氏という、呑んべえにとって魅惑的な東京の秘境だ。
更新: 2019-06-05 11:34:14
新潟の地酒や郷土料理がずらりと揃う、まさしく新潟酒場。しかもその郷土料理のラインナップを眺めるに、佐渡沖いかの黒造りやら、村上の鮭びたしやら……これはもう呑むしかないものばかり。
更新: 2019-06-03 11:31:18
店主の地元熊本から直送される「馬肉」を使った料理と、地元の米焼酎「白岳」との組み合わせがイチ押しという九州料理の店。部位ごとに楽しめる新鮮な馬刺しの旨さは言うまでもないが、馬モツや馬ひもなど、珍しい部位をポン酢を生かして食べるのもオツ
更新: 2019-06-03 11:38:50
最新の投稿
熱々のうなぎとご飯をほおばると、脂のコクとタレの甘みを感じつつもすぅっと溶けるような食べ心地。大串がのる鰻重でも、最後まで飽きることなくお年寄りから子どもまでパクパクと箸が進んでしまう。
更新: 2019-08-18 12:00:00
湿性花園やあやめ池を散策して高原を満喫したら本格イタリアンの『アルピナ』へ。山の上で新鮮なサラダや、薪の窯で焼きたてのピッツァを食べられるとは、なんとも贅沢。
更新: 2019-08-17 12:00:00
食べた瞬間、絶句……! いやはや、またしても人には明かしたくない絶品料理と出合ってしまった。 新大阪駅から歩くこと約15分。阪急三国駅にほど近い場所にある沖縄・九州料理の創作バル「まんた」にその料理はある……。
更新: 2019-08-16 15:55:00
「冷麦始めました」に夏の到来を感じる目にも舌にも涼やかな極上ののど越し!
更新: 2019-08-16 12:00:00
先日、東北の日本海側の羽越本線を走る快速列車“きらきらうえつ”が廃止されて新型の観光列車になると発表がありました。 一時期はパンフレット用の写真も担当させていただいていただけに、やはり寂しいです。撮影に行ったときのお話と、以前乗車したときのおいしいもののお話です……。
更新: 2019-08-15 16:55:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt