MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
肉の日南(コロッケ/十条銀座商店街)

肉の日南(コロッケ/十条銀座商店街)

おとなの週末「東京 商店街のコロッケ食べ歩き」特集掲載「肉の日南」。商店街の終わりのあたりに位置する精肉店で、宮崎牛をメインに扱っている。カニクリームコロッケ120円や牛肉コロッケ170円も人気商品だ。[交]十条銀座商店街

肉の日南(最寄駅:十条駅)

商店街の終わりのあたりに位置する精肉店で、宮崎牛をメインに扱っている。カニクリームコロッケ120円や牛肉コロッケ170円も人気商品だ。

カレーコロッケ
70円

カレー味にしたジャガイモをメインに挽き肉、玉ねぎなどが入る。おやつにもなる優しい味

肉の日南

東京都北区十条仲原1-25-13 ☎03-3900-2983 [営]10:00〜20:00 [休]無休

電話番号 03-3900-2983
2016年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
特大の海老天が4尾のるお重がジャスト1000円! 社長自らエビの輸入を手がける天ぷら専門店が3月にお目見えした。
更新: 2019-04-16 11:57:00
大山『とんかつ 豚しゃぶ 創作料理 銀扇』|テーブルに運ばれてきて、実際にその大きさを目にすると、「おーっ!」と感嘆の声を上げてしまった。ザクッ、プリッという爽快な歯ざわりのあと、ギュッと詰まった身の濃厚な味で満たされる。
更新: 2018-10-20 18:00:00
串天ぷら 段々屋(ダンダンヤ)/串揚げ、てんぷら/西新宿|目の前で職人が揚げてくれる熱々の天ぷらを、ふっくら炊かれたご飯と共に食す、まさに至福の定食。「松」は鮮度抜群のエビ、イカ、キスに旬野菜が2種類付き、これで750円は驚きのコスパ。
更新: 2018-09-10 10:16:16
隣接する「銀○」「魚○」と同じ系列店で、どこに入っても各店のメニューから越境的に頼める。『牛○』は字のごとく牛肉が売りで、中でも手ごねの「メンチカツ」が旨い。
更新: 2018-04-01 12:00:00
東京に数ある天ぷら店のなかでも、従来の概念を取り去り、常に新しい食材や手法に挑戦し続けている同店は、ミシュラン二ツ星連続獲得の超予約困難な店。店主・近藤文夫さんの天ぷらは、口に含んだ瞬間の香りの高さ、瑞々しさ、食感と、そのどれもが驚きの連続を食べ手に与える。
更新: 2018-02-13 11:40:35
最新の投稿
モダンな店構えのイタリアンバルが、昼は名物の長崎ちゃんぽんをはじめ、皿うどん、カレーちゃんぽん、極旨辛の炎のちゃんぽんまで、6種類のちゃんぽんを提供。豚骨、アサリ、野菜を5時間以上煮込んだ白濁スープはマイルドでクリーミーな味わい。
更新: 2019-04-20 12:00:00
2017年春、中央線の高架沿いに出現した「高円寺アパートメント」。1階には6つの個性的な店が軒を連ねる。
更新: 2019-04-19 12:00:00
肉の専門店『万世』が手がけるラーメン屋のパーコー麺だ。むっちり弾力があって食べ応え充分なパーコーに、あっさりしつつもコクのあるスープ、プレーンな感じのラーメンがやけに合う。
更新: 2019-04-18 14:55:41
こんな店を待っていた! と思わせる新星が登場した。一見オシャレな立ち呑みだが、奥にはカウンターやテーブル席もあり、ゆっくりくつろげる。
更新: 2019-04-18 12:00:00
天王寺区の桃谷といえば、区役所や警察署、それに総合病院までが密集する閑静な住宅街。 ここに地元民に愛される洋食屋がポツンとある。 その名も「ボナンザ」。 マスコミ初登場の老舗洋食屋でオープンして約40年が経つそうだ……。
更新: 2019-04-17 16:05:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt