MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
異味香(中華料理/西川口)

異味香(中華料理/西川口)

チャイナタウン化する前の西川口からある山東料理系の老舗。西川口B級グルメで優勝した「彩の国黒豚焼きシューマイ」と「煎人餃子(焼き餃子)」は文句なしの名物。

異味香(最寄駅:西川口駅)

孔子73代目の店に名物煎人餃子あり!

「海鮮水餃子」などほかにも点心のメニューは多くてハズレなしだ。腕はもちろん、家族経営のアットホームな雰囲気であれこれ話しながら食すのが楽しい。

煎人餃子(2個)
380円

煎人餃子の具には、豚挽き肉に加えて、白菜、ニラ、ズッキーニ、シイタケ、エノキ、香菜などの野菜、干しエビ、生ホタテなどの海鮮も入る。その旨みが一体となった味は実に美味!

彩の国黒豚焼きシューマイ
390円

海鮮水ギョーザ(5個)
500円

ヘルシー感抜群「海鮮水ギョーザ(5個)」500円はさっぱり旨い

揚げパン
500円

ふっくら適度に甘い「揚げパン」500円も見逃せない

異味香の店舗情報

[住所]埼玉県川口市西川口1-26-24 [TEL]048-258-3256 [営業時間]17時~翌1時(金・土~翌2時、日・祝~24時)※ランチタイム有 [休日]月(祝日の時は営業)


電話番号 048-258-3256

撮影/鵜澤昭彦 取材/池田一郎

2018年10月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
お店のオープンまで、オーナーの大釜和也さんと竹浪洋和さんのふたりで1年間食べ歩き、さらに1年間毎日餃子を試作し、究極の餃子を目指した。皮はミリ単位で厚みを変え、焼く油も厳選し、挽き肉は部位や挽き具合、混ぜ合わせる温度や湿度にもこだわったという。
中華食堂といった風情の『かかん』は、贅沢な中華ではなく、日常に食べてもらえる店にしたかったという。ランチの圧倒的な人気は冷めないように鉄鍋で出す、グツグツ煮えた麻婆豆腐。
イタリアンの経験があるオーナーの須藤さんが、台湾人の両親をもつ蘭さんと出会って台湾の魅力に触れ、昨年3月にオープンさせたお店。蘭さんの台湾の実家で食べた料理をベースに、東京の味を融合させ、ここならではの味を作り上げた。
個性的な名店が集まる食の迷宮・板橋。中国北部出身の楊さん家族が営む『龍王』も、豪快なチャーハンをはじめ、庶民派プライスの逸品が目白押しである。
 もうダメ、疲れがとれない……そんなときに駆けこむべきはこちら。明るく人懐っこいマスター・松岡さんの繰り出す「薬膳スタミナ麺」だ。
鎌倉は由比ヶ浜で人気の古民家の蕎麦屋『鎌倉 松原庵』。その趣と味を持ち込み、表参道のけやき並木を見下ろす空間は、一瞬どこにいるか忘れる風情だ。
希少部位の握りに、目の前で炙った赤身の七輪焼き。とび切りの黒毛和牛をハイコスパで味わうならば、ここを訪れるべし!
ドイツで100年以上愛されているバウムクーヘン。卵、バター、小麦粉など素材の味が広がる素朴な美味しさは万人受け間違いなし。
創業して52年目。 その老舗そば店は、京都洛北の大幸寺にルーツがある。 時代は江戸まで遡る。300年以上伝承されてきた「そば打ち秘伝」「つけ汁仕立て御式」を受け継いだのが「そばよし LINKS UMEDA店」だ。
性格が子どもじみているのかもしれないが、私は混ぜる食べ物が大好きである。 そんな混ぜるの大好き! おっさん女子的に混ぜたい食べ物の王道は、石焼ビビンバだ。 そして吉祥寺で石焼ビビンバを食べるのは、ダイヤ街のビルの2階にある『D韓』です。 食べ盛りの若い男子は、ランチ食べ放題がおすすめだよ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt