MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
台北餃子(中華料理/新高円寺)

台北餃子(中華料理/新高円寺)

台湾出身の店主、陸さんが自身の店で看板に掲げたのがこの羽根付き餃子。しっかりとまとわせた存在感ある羽根は「日本人が好きな味に」と食感を研究したもので、焼く時に入れる水に小麦粉、酢、卵を少々加えるとそのままでも美味しい理想の"パリパリ"が実現するのだとか。

台北餃子(最寄駅:新高円寺駅)

パリパリの羽根をまとった看板餃子

鮮度を重視した餡には、豚挽き肉に背脂も入れて旨みを増幅させるのも技。生唐辛子とニンニクを使った鮮烈な辛さの自家製豆板醤で味わうのもおすすめだ。来日して約40年。台湾料理ひと筋で取り組んできた陸さんが作る本場の家庭料理もお忘れなく。

焼き餃子(5個)、大葉焼き餃子(5個)
360円、400円

羽根まで美味しい餃子はキャベツと豚肉がメインの餡。ニンニクなしで生姜がたっぷり入る。味付けは塩コショウのほか醤油、オイスターソース、紹興酒で風味豊かに。これに大葉を入れたバージョンも人気だ

台湾マコモダケと牛肉炒め
880円

台湾産の野菜、マコモダケを使った炒め物。筍とアスパラガスの中間のようなシャキッとした歯ごたえ。写真は牛肉だが、ほかにエビか豚肉か選べる

エビの春巻き(2本)
780円

エビがゴロッと入った春巻きはスティックサイズで酒のつまみに最適

お店からの一言

店主 陸浴沂さん

「パリッとした羽根の食感を楽しんでください」

台北餃子の店舗情報

[住所]東京都杉並区梅里1-13-11 メトロ新高円寺マンション1階 [TEL]03-3318-3330 [営業時間]11時~15時、17時~22時半LO、祝17時~22時半LO※ランチタイム有 [休日]日曜日、不定休あり [座席]カウンターあり、全20席/全席喫煙可/予約可/カード不可/サなし [交通アクセス]地下鉄丸ノ内線新高円寺駅1番出口から徒歩3分


電話番号 03-3318-3330

撮影/大西尚明 取材/肥田木奈々

2018年10月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
黒竜江省出身の店主夫婦が営む中国東北部の鉄鍋料理店。テーブルに埋め込まれた鉄鍋に、肉や香味野菜、白菜漬けや板春雨等々を入れ、スープを注いで煮込む。
更新: 2019-07-14 12:00:00
ふかふかした厚めの皮に丸みを帯びたひと口サイズが本場らしい水餃子(茹で餃子)。メニューは、ラム肉、胡瓜とエビ、玉ネギと牛肉……いろんな具材の餃子が並ぶ。
更新: 2019-07-08 11:16:21
ドーンと山盛りになった挽き肉とヤーツァイ(からし菜の茎の部分を使った四川の漬物)が印象的。レンゲでそれを切り崩しながらコクのあるスープと一緒にずずっとやる。
更新: 2019-06-26 13:34:15
器の中の美しくも旨そうという佇まいは期待を裏切らない。何ともグッとくるバランスのよさなのだ。
更新: 2019-06-26 13:31:16
本格四川料理が自慢の中華料理店。数ある麺類のなかでもイチオシがこの担々麺で、芝麻醬のゴマのコクをきかせつつも、あっさりと食べられる。
更新: 2019-05-14 15:31:00
最新の投稿
外観を見ただけでピンときた。 昭和レトロを感じさせる外観だが、古さを感じさせないモダンな内外観。 玉造にある大衆酒場「タムヤ」は、店主田村一廣さん(42)のこだわりが散りばめられている。 しかも、店主の体型と同じでとにかく料理のボリュームがヤバイ!
更新: 2019-07-18 16:03:00
名古屋のおすすめ居酒屋&ダイニングバーをご紹介!安くて美味しいリーズナブルなお店や、ゆっくり個室で呑めるお店、デートにぴったりなオシャレなお店など、グルメライターが実際に食べ歩いて見つけたお店をカテゴリ別にご紹介します!
更新: 2019-07-18 18:31:06
名古屋には全国に展開しているチェーン店も含め人気のある有名ラーメン店がたくさんあります!ここではグルメ雑誌「おとなの週末」のラーメンライターが特におすすめしたい、本当に旨いお店を、厳選してご紹介!写真や最寄り駅の情報も掲載しています。
更新: 2019-07-18 14:03:48
中華の経験を活かした“痺れ系”ラーメンの専門店で、“汁あり”、“汁なし”、夏は“冷やし”と3種の担々麺を展開する。定番の“汁あり”は、豚をメインにした厚みのあるスープ。
更新: 2019-07-18 12:00:00
清流の名前をもった第3セクター鉄道が長良川鉄道です。 その名前の通り、ほとんどの区間で長良川に沿って走ります。 もともとは国鉄越美南線(えつみなんせん)、1986年に第3セクター鉄道に転換されました。 この路線の中ほどにあるのが郡上八幡駅。 水と郡上踊りで知られる城下町、郡上八幡への玄関口です……。
更新: 2019-07-18 11:46:41

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt