MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
ワイン泥棒なサバグルメ、福岡市・マリネットの「おうちで魚バル」シリーズ/至福の鯖百選[14]

ワイン泥棒なサバグルメ、福岡市・マリネットの「おうちで魚バル」シリーズ/至福の鯖百選[14]

どんどん、おしゃれ化するサバグルメ。 ジェンヌの最近のお気に入りはこちら、福岡県福岡市・マリネット「おうちで魚バル」の「サバシリーズ」。 この「おうちで魚バル」は、「世界中で愛される魚介料理を、自宅で美味しく楽しむ」をコンセプトに開発された商品だ……。

ワイン泥棒なサバグルメ、福岡市・マリネットの「おうちで魚バル」シリーズ


どんどん、おしゃれ化するサバグルメ。

ジェンヌの最近のお気に入りはこちら、福岡県福岡市・マリネット「おうちで魚バル」の「サバシリーズ」。

「おうちで魚バル」は、「世界中で愛される魚介料理を、自宅で美味しく楽しむ」をコンセプトに開発された商品だ。


商品開発を担当した針貝高太郎さんは「魚離れが進むなか、魚をもっと身近に食べてもらいたいと思っていました」と語る。

マリネットはカニを中心とした水産物を海外から買い付け、子会社を通じて加工、販売する専門商社。

針貝さんは世界各地を飛び回るなかで、さまざまなシーフード料理を味わってきた。

マリネットの針貝高太郎さん。
魚の買い付けのために世界中を飛び回る。
サバ大好き、ワイン大好き。


「いまの時代、もっと魚を洋風調理で楽しめる商品があるといいんじゃないか」と思いついた針貝さん。

ワインのおつまみとして楽しめる「バル風」メニューを開発。

シーフードの鮮度感、スモークや低温調理といった特殊調理の風味を大事にするために、あえて缶詰ではなくチルドタイプに。

「食べきりサイズの真空パックで、気軽にさまざまな味わいを楽しんでいただけるようにしました」(針貝さん)。


厨房で行う料理のクオリティを保ちつ、つ大量生産できるように試行錯誤して「おうちで魚バル」が誕生。

サバ、えび、いか、サーモンで9種類のラインナップが完成した。

いずれもおしゃれなパッケージで、気分がアガる! 


「サバが大好き」という針貝さん渾身のサバ商品は、「汐サバのコンフィ」「トロさばのペスカトーレ」「トロさばのレモンバジル」「炙りくん製さばのコンフィ」。

左から「汐サバのコンフィ」「トロさばのペスカトーレ」「トロさばのレモンバジル」「炙りくん製さばのコンフィ」。



サバは、ノルウェー産。

脂のりがバツグンの9、10月水揚げのものを厳選。

いずれも「お酒が大好き」という針貝さんが、ワインのおつまみに最高の味付けに。

おうちで「サバル」が楽しめる!! 

しかも多彩なワインとのマリアージュが楽しめる!


ではジェンヌさんといっしょに、サバとともにワイン回遊を~♪


汐サバのコンフィ

特に脂がのった旬の北海サバを、
薫り高いローリエとともに
オイルで柔らかく煮込んでいる。


サバの切り身に、塩、砂糖などを使って下味をつけ、ローリエとともに調味オイルで真空調理。

じっくりとサバに味を染み込ませる。


「バケットやクラッカーにのせて食べてみてください。
シャルドネなどの辛口ワインにぴったりですよ」と針貝さん。


一口食べてみると、サバの旨みをいかした、しっとり仕上がり。 

ローリエの香りがさわやか!

これはもう、ワインがすすむ!! 

すすむっていうか、ワインが水のように飲める! ヤバい! 


ベビーリーフなどの葉野菜と組み合わせてレモンをしぼったサラダや、サバサンドにしても美味しくいただける。

で、またまたワインがすすむ……。


炙りくん製サバのコンフィ

脂がのった北海育ちの秋サバの燻製を炙り、
オイルの中で柔らかく煮込んだ逸品。
サンドイッチの具や、お酒のお供に。




こちらは、燻製にして炙ってから、コンフィ仕立てに。

「ピノ・ノワールのような軽めの赤がおすすめ」と針貝さん。


たしかに!! 


ほどよくスモーキーな味わいが、なめらかなピノ・ノワールにパシッと合う! 

どこまでも「ワイン泥棒」なサバグルメ(涙)。


「ポテトサラダに混ぜると、またまたワインのつまみに最高ですよ」(針貝さん)。

はい。

ぐび。


トロさばのペスカトーレ

脂がのった旬のトロさばを、
パンチの効いたトマトソースで
ワイルドに煮付けている。



フレッシュトマトを使った特製トマトソースでサバを煮込んである。

「サンジョヴェーゼに合いますよ」と針貝さん。


ついに「濃い赤」まで登場である……。



うわっ。

コクのあるトマトソースがサバと最高のマリアージュ! 

たしかに、フルボディな赤にも合うわ……。


ぐびぐび。


こちら、パスタにしてもバツグンの美味しさ。

そして、大変パンチのきいた味わいなので、米にも合う!

ジェンヌさん本業の「サバ薬膳」仕立て。
肩こり、ダイエットにもよし。
女子は美白におすすめ~



「トロさばペスカ丼」にしてみましたよ。

トロさばのペスカトーレと、パプリカをレンジで温め、ベビーリーフ、紫玉ねぎのみじん切りとともにごはんの上にオン。

ワシワシ食べられるよ~。


そして丼だというのに、ワインのつまみになるよ~。


ぐびぐびぐび。


トロさばのレモンバジル

特に脂の乗った旬の北海さばを、
爽やかなレモンと薫り高いバジルのソースで
さっぱりと煮付けている。



5月にデビューした、いちばん新しいサバ商品。

厳選したサバをさわやかなレモンとバジルペースト、隠し味に牛乳を入れて仕上げた一品。


「ワインは辛口のスパークリングワインが……」 

は、針貝さん、もうジェンヌはへべれけです!!


脂のりバツグンのサバが、じつに軽やかな仕上がり。

おっしゃるとおり「ウェルカム 泡!」。

シュワシュワとサバで、トロピカルサバ―!!!!

エンドレスサバ―! 

サバ―ナイト!

「トロさばのレモンバジル」を冷製パスタに。
バジルやトマトを添えてさらにさわやかに♪ 
「泡に合いすぎるパスタ」の完成♪




……ようは、夏に向けてぴったりだ! 

冷製パスタにしても美味しいよ♪ 

ワインが進むよ!



ワインと最高のマリアージュが楽しめる「おうちで魚バル」。
バケットやクラッカーに、野菜といっしょにのせて
オードブルにすればホムパにぴったり♪



まさに「ワイン泥棒過ぎるサバグルメ」!


サバとともに、世界のワインを味わう、極上の「ワイン回遊」を!

ぐびぐびぐびぐびぐび。


パタッ(あ)。


昨年、「鯖サミットin松浦2018」に出店した針貝さん。
おうちで魚バルは、サバファンにも大好評!
■マリネット おうちで魚バル
http://uo-bar.jp/









池田陽子(いけだ ようこ)
サバファンの集い「鯖ナイト」や、日本中のサバ好きが集まる「鯖サミット」などの活動を担う「全さば連(全日本さば連合会)」広報担当/サバジェンヌとして活躍。本業は薬膳アテンダント/食文化ジャーナリスト。著書に『ゆる薬膳。』(日本文芸社)、『缶詰deゆる薬膳。』(宝島社)、『春夏秋冬ゆる薬膳。』(扶桑社)、「ゆる薬膳。」はじめたらするっと5kgヤセました!(青春出版社)、『サバが好き!』(山と渓谷社)など。

このグルメ記事のライター
池田 陽子@まとメシ

サバファンの集い「鯖ナイト」や、日本中のサバ好きが集まる「鯖サミット」などの活動を担う「全さば連(全日本さば連合会)」広報担当/サバジェンヌとして活躍。本業は薬膳アテンダント/食文化ジャーナリスト。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
今年も多彩なサバ缶がデビューを果たしたが、いまジェンヌがときめきまくっているのがこちら。2019年10月に発売がスタートした北海道・ノフレ食品「keith缶詰シリーズ」のサバ缶。 なにがどうって、このおしゃれっぷりがたまらないのだ!
福井県ならではの郷土料理「サバのへしこ」。 日本海に面した福井市越廼(こしの)地区。寒流と暖流が交わる好漁場で漁獲された、豊富な海の幸が茱崎(ぐみざき)漁港に水揚げされる。 前回は福井県若狭地方のへしこを紹介したが、県北部にも絶品のへしこがあると聞いて、訪ねてみた。
サバが古来より郷土料理として身近なのが「鯖街道」を有する福井県若狭地方。 「行き腐れ」といわれるほど足がはやい鯖の鮮度保持のために、独自の加工技術が発達した。代表的なものが「サバのへしこ」(サバのぬか漬け)。この地域ならではの保存食だ。
11月2日、3日に開催されるサバグルメの祭典「鯖サミット2019In八戸」。 会場となる青森県八戸市は、「サバ缶としめさばの聖地」でもある。 そんな八戸の珠玉のサバグルメが一堂に会するのが、飯田橋の青森県アンテナショップ「あおもり北彩館」だ……。
全国の多彩なサバ料理が楽しめる「鯖サミット」。全さば連が事務局となって、2014年から毎年、秋に産地およびサバに力を入れている地域を巡回して開催、毎年数万人の来場者で大にぎわい!! 今年は、11月2、3日に開催される「鯖サミット2019in八戸」の情報を紹介します。
吉祥寺飲み&家飲みをしないおっさん女子だったが、最近では吉祥寺昼飲みを解禁した。 理由は“もーやってらんない”自分を、さらに甘やかすため。 休日の昼飲みは、居酒屋系のおっさん女子ですが、平日はオシャレ系です。しかもビールを飲んどります! 
赤々と炭を熾した囲炉裏がこの店の舞台。その周りに置かれた席に腰をかければ“三九劇場”の幕が上がる。
初めて訪れたときは、こんな場所に「お店が⁉」と正直驚いた。 言ってみれば鶴橋商店街のダンジョンから抜けてたどり着いた酒場という印象。 それが「よあけ食堂」だった……。 創業74年。長いカウンター席が特徴的で、一品料理から鍋、洋食など、さまざまな料理が楽しめる名店だ。
ラム肉も豚肉もしゃぶしゃぶに程よい厚みにカットされ、食べ応えがあるのがうれしい。「北海道」だからか、ダシに入っている昆布が立派だった。
店主の杉本さんは“ラーメンの鬼”と呼ばれた故・佐野実氏の下で約4年間修業した経歴の持ち主。旨い一杯への情熱は師匠譲り。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt