MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
[中目黒 牡蠣入レ時] 旨さ際立つ絶品カキ!(牡蠣料理/中目黒)

[中目黒 牡蠣入レ時] 旨さ際立つ絶品カキ!(牡蠣料理/中目黒)

[中目黒 牡蠣入レ時]のおすすめ牡蠣メニューのグルメ記事と写真。カキの魅力を改めて再認識させてくれる店だ。特に「焼き牡蠣」はシンプルだが実に旨い。今にもはち切れんばかりにぷっくりとした見た目もさることながら、噛めば口の中にほとばしるエキスは感涙もの。[交]東急東横線ほか中目黒駅 正面口から徒歩1分

中目黒 牡蠣入レ時(最寄駅:中目黒駅)

料理ごとに違う仕込みで
カキの旨みを生かしてます



 焼きや蒸しなどの調理に使うのは粒が大きく味がいい広島県宮島産で、産地と契約して直送している。

 ほかにもカキの料理は全国から厳選した生ガキをはじめ、高級食材のフォアグラと組み合わせたソテーや春巻きなど、どれも魅力的で目移りしてしまうほど。その道50年の料理長が丁寧な仕込みをした本格派だ。カキ以外にも毎日築地で仕入れる鮮魚や野菜を使った創作料理も秀逸で、カウンター席中心の小さな店が秘めた大きな実力に感服してしまう。

生牡蠣3種6ヶ盛
3800円

生ガキは全国の産地から常時3、4種類を入れている。写真は岩手県産や兵庫県産など。大きさや食感、風味など産地によって違う味わいを食べ比べ。レモンを搾ると爽やかな後味だ

フォアグラと牡蠣のロッシーニ
1400円

表面をカリッと焼いたフォアグラのとろける旨さとプリッと歯切れ良いカキがマッチ。仕上げにトリュフオイルで香りを付け、醤油味の和風ソースでいただく

名物焼き牡蠣(1個)
400円

強火で一気に焼いてドリップを閉じ込めると、縮むことなく丸々と艶やかに仕上がる

宮島牡蠣揚げ春巻き
700円

カキを軽くボイルしてから春巻きに。パリパリの皮の中からカキ汁がジュワッ

牡蠣雑煮
750円

鰹と昆布ダシの関西風。野菜たっぷりで染み入る味わいだ

[その他のメニュー]
牡蠣のオイル漬け500円、特撰カキフライ990円、特撰カキ土手煮780円、牡蠣結び350円、名物トロカツ1350円、焼き雲丹のリゾット海苔のクリームソース1400円、蛤出汁のうどんボンゴレ1150円など

中目黒 牡蠣入レ時の店舗情報

[住所]東京都目黒区上目黒1-19-7 タカギアネックス5階 
[TEL]03-5720-6055 
[営業時間]17時~24時(料理LO 23:00 ドリンクLO 23:30) 
[休日]不定休 
[席]20席(テーブル席あり)/全面禁煙(店外に喫煙スペースあり)
[その他]予約可/カード可/サなし、お通し500円別 
[アクセス]東急東横線ほか中目黒駅 正面口から徒歩1分

電話番号 03-5720-6055
2016年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「貝とぬる燗」をコンセプトにしたこの店最大の特徴は、切りたての刺身を提供すること。客の食べるペースに合わせてひと切れずつ出してくれるので、最高に美味しい状態でいただけるのだ。
更新: 2018-12-07 18:00:00
グルメライターが新橋の海鮮料理店[白梅(しらうめ)]を実食レポート。新橋でおよそ70年、三代続く瀬戸内料理。季節ごとに直送の海の幸を味わえるが、冬の看板メニューはもちろん「かき土手鍋」。[住所]東京都港区新橋3-9-7[TEL]03-3459-8839
更新: 2018-12-04 16:13:03
飲食激戦区のこのエリアで営業を続けて約10年。なかなか予約のとれないビストロが、昨年11月からランチ営業を開始した。
更新: 2018-10-12 12:00:00
亀戸エリアの「亀戸升本 本店」の「亀戸大根あさり鍋」に関するグルメ記事と写真のページ。くつくつと湯気を立てる石鍋の中には、たっぷりの新鮮な厚岸産あさりと短冊切りの亀戸大根。これが自慢の合わせ味噌ダシで炊かれている。[交通アクセス]JR総武線亀戸駅北口から徒歩7分
更新: 2018-09-21 16:00:49
日本橋 まえ田のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。ご覧の通り、ご飯が見えないほど穴子が敷き詰められた釜飯に目が釘づけになった人も多いのでは? 期待を裏切らないとはこのこと。
更新: 2018-12-03 14:30:34
最新の投稿
 昼夜で名称こそ異なるが、このコースが昼夜共に1620円という衝撃価格!メインは週替わりで、ポークのコルドン・ブルーや肉汁あふれるハンバーグなど、フレンチの技法を駆使した実直な仕事が伺える料理が登場する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
吉祥寺の街をカオスに巻き込む花見シーズンがやってきました。 今年も店を求めて路頭に迷う人々が多そうです……。 桜のシーズンの井の頭公園はとても美しいですが、実は公園には謎なものがけっこうあります。今回は、そこにフォーカスしてみたいと思います……。
更新: 2019-03-19 16:05:00
グルメ雑誌「おとなの週末」の人気コラム「おいしい往復書簡」掲載店舗。マッキー牧本が関東でおすすめする担々麺をご紹介。姉妹でお店をきりもり。辛さの際立つ料理も多いなかで、どこかほっとするアットホームさが漂うお店だ
更新: 2019-03-19 11:31:58
「まともな料理が食べられるバー」を標榜するのは伊達じゃない! 100円の廉価なおつまみから、オードブル、パスタに本格的な中華、極めつけは日替わりでネタの変わるにぎり寿司(ネタには本格的に返しが!!)までメニューにのぼり、カクテルも本格的なオリジナルかつ無敵感満載のバー!
更新: 2019-03-18 18:00:00
谷町筋沿いにある居酒屋「珠」は、開店からちょうど5周年。 創作料理がおすすめの居酒屋で、この近辺の住民や近隣で働く人たちに愛され、いつも人でごった返している。とくに、おススメの「ホルモン炒め」(580円)はマル秘レシピの、激ウマ料理だ……。
更新: 2019-03-18 16:05:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt