[中目黒 牡蠣入レ時] 旨さ際立つ絶品カキ!(牡蠣料理/中目黒)

[中目黒 牡蠣入レ時] 旨さ際立つ絶品カキ!(牡蠣料理/中目黒)

[中目黒 牡蠣入レ時]のおすすめ牡蠣メニューのグルメ記事と写真。カキの魅力を改めて再認識させてくれる店だ。特に「焼き牡蠣」はシンプルだが実に旨い。今にもはち切れんばかりにぷっくりとした見た目もさることながら、噛めば口の中にほとばしるエキスは感涙もの。[交]東急東横線ほか中目黒駅 正面口から徒歩1分


中目黒 牡蠣入レ時(最寄駅:中目黒駅)

料理ごとに違う仕込みで
カキの旨みを生かしてます



 焼きや蒸しなどの調理に使うのは粒が大きく味がいい広島県宮島産で、産地と契約して直送している。

 ほかにもカキの料理は全国から厳選した生ガキをはじめ、高級食材のフォアグラと組み合わせたソテーや春巻きなど、どれも魅力的で目移りしてしまうほど。その道50年の料理長が丁寧な仕込みをした本格派だ。カキ以外にも毎日築地で仕入れる鮮魚や野菜を使った創作料理も秀逸で、カウンター席中心の小さな店が秘めた大きな実力に感服してしまう。

生牡蠣3種6ヶ盛 3800円

生ガキは全国の産地から常時3、4種類を入れている。写真は岩手県産や兵庫県産など。大きさや食感、風味など産地によって違う味わいを食べ比べ。レモンを搾ると爽やかな後味だ

フォアグラと牡蠣のロッシーニ 1400円

表面をカリッと焼いたフォアグラのとろける旨さとプリッと歯切れ良いカキがマッチ。仕上げにトリュフオイルで香りを付け、醤油味の和風ソースでいただく

名物焼き牡蠣(1個) 300円

強火で一気に焼いてドリップを閉じ込めると、縮むことなく丸々と艶やかに仕上がる

宮島牡蠣揚げ春巻き 700円

カキを軽くボイルしてから春巻きに。パリパリの皮の中からカキ汁がジュワッ

牡蠣雑煮 750円

鰹と昆布ダシの関西風。野菜たっぷりで染み入る味わいだ

[その他のメニュー]
牡蠣のオイル漬け500円、特撰カキフライ990円、特撰カキ土手煮780円、牡蠣結び350円、名物トロカツ1350円、焼き雲丹のリゾット海苔のクリームソース1400円、蛤出汁のうどんボンゴレ1150円など

中目黒 牡蠣入レ時の店舗情報

[住所]東京都目黒区上目黒1-19-7 タカギアネックス5階 ☎03-5720-6055 
[営業時間]17時~24時(23時LO) 
[休日]不定休 
[席]カウンター12席、テーブル2席×1卓、4席×1卓、計18席/禁煙席なし
[その他]予約可/カード可/サなし、お通し500円別 
[アクセス]東急東横線ほか中目黒駅 正面口から徒歩1分

電話番号 03-5720-6055
2016年2月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


中目黒でランチならここ!おすすめ中目黒ランチ8店

中目黒でランチならここ!おすすめ中目黒ランチ8店

人気グルメ雑誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査をして見つけた、ご当地蕎麦や、懐かしいハンバーグ、コスパ抜群のピザなど、中目黒駅から徒歩10分以内でおすすめの中目黒ランチを厳選してご紹介!


中目黒の隠れ家レストランの「鴨肉のすき焼き」-ナカモグロ

中目黒の隠れ家レストランの「鴨肉のすき焼き」-ナカモグロ

中目黒のすき焼き店「鴨とワイン Na Camo guro」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。中目黒の駅近ながら、実は隠れ家レストランだ。路地裏にある小さな扉を入ると、お洒落な空間がパッと現れる。[住所]東京都目黒区上目黒1-20-5 [TEL]03-5725-3378


品川で食べられるホテルビュッフェは味だけじゃない!圧巻のショーキッチン!

品川で食べられるホテルビュッフェは味だけじゃない!圧巻のショーキッチン!

ホテル前の柘榴坂を店名に冠し、2017年4月に『グランドプリンスホテル新高輪』がニューオープン。シェフが切り分けるローストビーフ、ライブで焼かれる魚介と野菜の網焼きグリル、パティシエが盛り付けるジェラートと、ショーキッチンは圧巻だ。圧巻のショーキッチン


平日10食限定!メニューに載っていない超シークレットな逸品を紹介!

平日10食限定!メニューに載っていない超シークレットな逸品を紹介!

BISTRO DOUBLE|(ビストロ/東京) ビルの狭間に佇むロケーションに、洒落たテラス席。パリへの憧憬を存分に満たしてくれるビストロである。


[吉次蟹蔵]毛ガニの旨みと辛さコクが渾然一体の贅沢な旨辛鍋(和食/中目黒)

[吉次蟹蔵]毛ガニの旨みと辛さコクが渾然一体の贅沢な旨辛鍋(和食/中目黒)

中目黒エリア「吉次蟹蔵」の「毛ガニ大根鍋」に関するグルメ記事と写真のページ。鍋の中には丸ごと一杯の毛ガニが鎮座し、3種の唐辛子で真っ赤に染まっている。圧倒的な見た目だが、それは始まりに過ぎない。


最新の投稿


蕎麦の世界の可能性を広げる!東京<変わり蕎麦 今昔物語>

蕎麦の世界の可能性を広げる!東京<変わり蕎麦 今昔物語>

蕎麦屋の品書きで時折見かける〈変わり蕎麦〉は、季節の味わいを彩るなんとも風雅な蕎麦だ。一方、最近ではまた違った切り口の〈変わり〉も登場し始め蕎麦の世界の可能性を広げている。そんな〈変わり蕎麦今昔〉の世界をご紹介します。 撮影/貝塚 隆 取材/岡本ジュン


見た瞬間「旨い!」を確信! 日暮里のうどん屋『手打うどん あかう』

見た瞬間「旨い!」を確信! 日暮里のうどん屋『手打うどん あかう』

 見た瞬間「旨い!」と直感するものってあるが、こちらのうどんがそれ。艶っとした手打ちのうどんは、期待を裏切らずよく締まってつるんとしたのど越し。


錦糸町『石臼挽きうどん しゅはり』のうどんは ”白くない” うどん!?

錦糸町『石臼挽きうどん しゅはり』のうどんは ”白くない” うどん!?

 うどんは白いものと誰が決めた! と言わんばかりにこちらのうどんはやや茶色い。それは「江戸時代と同じような」石臼挽きの小麦粉を使っているから。


「おとなの週末」12月号発売中!今号は「鍋」を大特集!

「おとなの週末」12月号発売中!今号は「鍋」を大特集!

11月15日は「おとなの週末」12月号の発売日です。今号は「鍋」を大特集!すき焼きからねぎまなどの「和鍋」、しゃぶしゃぶ、旨辛鍋といった、様々な三ツ星鍋をご紹介します。


ビブグルマン常連の本店「根津 釜竹」にはない「うどん」が『慶』で味わえる!

ビブグルマン常連の本店「根津 釜竹」にはない「うどん」が『慶』で味わえる!

 言問通りにたたずむ、築100年以上の建物を改築したシックな風情の日本酒バー。軽やかな飲み口のものから、重厚感ある味わいのものまで、季節に合わせた約30銘柄を揃えている。


ランキング


>>総合人気ランキング