MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
大阪穴場グルメ_ボリューム満点の料理の数々! 玉造の大衆酒場「タムヤ」には愛があふれていた/大阪ローカル穴場メシ情報[50]

大阪穴場グルメ_ボリューム満点の料理の数々! 玉造の大衆酒場「タムヤ」には愛があふれていた/大阪ローカル穴場メシ情報[50]

外観を見ただけでピンときた。 昭和レトロを感じさせる外観だが、古さを感じさせないモダンな内外観。 玉造にある大衆酒場「タムヤ」は、店主田村一廣さん(42)のこだわりが散りばめられている。 しかも、店主の体型と同じでとにかく料理のボリュームがヤバイ!

こだわり抜いた内外観とボリューム満点の料理の数々! 玉造の大衆酒場「タムヤ」には愛があふれていた!


外観を見ただけでピンときた。

昭和レトロを感じさせる外観だが、古さを感じさせないモダンな内外観。

細部にまでこだわって、トイレのドアや棚まで同じ柄の板張りだ。


「どうせお店を自分でするなら徹底的にやろうと思ったんです。
大工さんにお願いして、統一してもらったんですよ」

玉造にある大衆酒場「タムヤ」は、店主田村一廣さん(42)のこだわりが至るとこに散りばめてある。

しかも店主の体型と同じで、とにかく料理のボリュームがヤバイ!


「ハンバーグ」(550円)と「バケット」(200円)を見よ。

野球のボール大ほどもあるハンバーグは、とても1人前とは思えない。


ハンバーグの濃厚でドロッとしたデミグラスを、残すにはあまりにももったいないと感じてバケットを注文したのはいいが、バケットのこの大きさよ。

この2品を食しただけで、すでに腹8分目……。

「僕が(少量なのが)嫌なんですよ。
このぐらいないとイヤやと思うと、作り過ぎてしまうんです(笑)」


名物の「デミカツ」(150円)もオーダー。

厚めの衣に甘めのデミグラス。

これ、何本でもイケるで!


店主は起業する前の約20年間、フレンチやイタリアンなどのレストランで勤めていた。

それが10ヵ月前に独立して店主に。

夫婦経営の酒場でもある。

「フレンチだと『今日も旨かったよ。また来るわ~』とお客さんが言ってくれても、いつ来るかわからないじゃないですか。
フレンチは単価が高いのでそんなに来られない。
その点、酒場だと1、2杯飲んで『また明日!』というお客さんがいる訳じゃないですか。
そんなお店をしたかったんで、ビストロやバルには一切興味がなかったんです」


常連客とも和気藹々。

おそらく店主の人柄が客層にも現れているのだろう。

一見でも実に入りやすくてワイワイ、ガヤガヤ。

常に笑い声が絶えないのだ。

「あさりのワイン蒸し」(600円)にも店主の性格が出ている(笑)。

野菜がこんなにゴロゴロ。

どんだけ入ってんねん!

お得すぎるで~。


注文した料理はどれもコレも、「たくさん食べてくれ!」と言っているかのよう……。

店内の細部を見渡せばこれほど愛情が詰まったお店を見たことがない。


「大衆酒場をイメージしたまま作ると、NHKのセットのようになって狙った感じがするんです。
なので敢えてレトロでありながらモダンにしたんです」

2階にはテーブル席もあって、団体客もOK。

あなどれない酒場、それが「タムヤ」だ!


大衆酒場 タムヤ
[住所]大阪市東成区東小橋1-18-32
[TEL]06-6976-5701
[営業時間]17:00~24:00
[定休日]日曜






加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

このグルメ記事のライター
加藤慶@まとメシ

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
南森町からほど近くの大阪天満宮にある鉄板焼きの店「gump(ガンプ)」は、「いま旨い店が多い」と評判の飲食店激戦区にある。 シェフの2名はフレンチ出身で、特に“ねらい目”はお手頃価格のランチだ。
阿倍野といえばお洒落でちょっとセレブリティな街のイメージがあるが、そのなかで友人に紹介された、昭和な佇まいの酒場がある。 見た目がもう……雰囲気満点。 実はこのお店、ライブ居酒屋としても知られるが、店主自らギターを片手に即興もある。ロックな酒場なのだ。
新規オープンの飲食店が相次ぐ西成は、街全体が大きく変貌を遂げようとしている。 あいりん地区を代表するエリア、三角公園の前にはなんと立ち呑み屋まで出現……。 そんな噂を聞きつけ、いざ潜入してみた!
生野区の新今里で有名な「ブルボン」は、創業47年になる老舗純喫茶だ。 なにを隠そうこの喫茶店、いろいろと“スゴイ”のだ! なかでも日替わりランチの“あるメニュー”は凄まじい人気。 驚きの安さだけでなく、フライものの美味さが破格なのだ。
そろそろ鍋が恋しくなる時期だろう。 悩んだ末、訪れたのは今里にある韓国炉端「万宝家」(マンボーチップ)。生野で家庭的な韓国料理が食せる名店だ……。
南森町からほど近くの大阪天満宮にある鉄板焼きの店「gump(ガンプ)」は、「いま旨い店が多い」と評判の飲食店激戦区にある。 シェフの2名はフレンチ出身で、特に“ねらい目”はお手頃価格のランチだ。
『ザ・リッツ・カールトン東京』の寿司店で料理長としてカウンターに立ち、国内外の客の舌を喜ばせてきた店主・朝妻さん。30年以上培った江戸前の技をさらに探求するため昨年11月に独立した。
熱々の韓国石鍋の中で湯気を立てているのは、和牛のすじ肉を2時間煮込み、ひと晩寝かせてとったスープで作るポトフだ。中には玉ネギ、ニンジン、大根、ゴボウと有機農法の根菜がたっぷり入り、塩味のコクあるスープに野菜の甘みが溶け出している。
日光街道沿いに続く商店街の脇道を進むと、ぽっと光がともる小さなお店が。「特上にぎり2500円」という値段からは想像を超えた極上のネタが登場し、舌を巻く。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt