MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
撮り鉄の「食」の思い出(55)「羊をめぐる冒険」の舞台?でジンギスカン 北海道美幸線/1981~2015年

撮り鉄の「食」の思い出(55)「羊をめぐる冒険」の舞台?でジンギスカン 北海道美幸線/1981~2015年

1975年ごろローカル線ブームがありました。 廃止をささやかれる全国のローカル線の素朴な魅力が受けて、当時全国で発売されていたワイド周遊券を持って、たくさんの人が旅に出ていました。 そんななかでも「日本一の赤字線」として売り出していたのが北海道、道北の「美幸線(びこうせん)」です……。

「羊をめぐる冒険」の舞台?でジンギスカン 北海道美幸線/1981~2015年


1975年ごろローカル線ブームがありました。

廃止をささやかれる全国のローカル線の素朴な魅力がウケて、当時全国で発売されていたワイド周遊券を持って、たくさんの人が旅に出ていました。

そんななかでも「日本一の赤字線」として売り出していたのが北海道、道北の「美幸線(びこうせん)」です。

ローカル線ブームとはいえ、静かな佇まいだった(1981年撮影)


美幸線の「美」は現在もある宗谷本線の「美深駅」の「美」、「幸」は現在廃止になっている興浜北線(こうひんほくせん)の「北見江幸(きたみえさし)駅」の「幸」です。

しかし、実際に開通したのは全体の4分の1程度で、終点は仁宇布(にうぷ)駅です。

現役のころの終点仁宇布駅(1981年撮影)


さすがにこの状態での維持は難しく、1985年に、静かに廃止になってしまいました。

しばらく廃線跡はそのままで、森に帰っていくのかと思っていました。

しかし、その後「トロッコ王国美深」としてよみがえりました。

よみがえった美幸線(2011年撮影)



終点仁宇布駅は「コタンコロ・カムイ駅」になり、約5Kmの区間をエンジン付きのトロッコで疾走することができます。


このトロッコの売りは、なんといってもスピード感!

自分で運転することもできるのですが、車両からの振動と、受ける風がすばらしい。


トロッコに乗るとかなりのスピード感を味わえる(2011年撮影)


実際には時速20~30キロだと思うのですが、乗ってみると、もっと迫力を感じます。

複数の車両が続けて走る(2015年撮影)


もうひとつの魅力は森の中の線路。

かなりメルヘンな様子です。

白樺の林を延々と走るのは楽しくて、往復10Kmでも短く感じてしまうほどです。

白樺林の線路。
現役路線とも廃線とも違う、不思議な魅力がある(2015年撮影)

完成しなかった未成線の先に、今回の主役、羊の牧場が「松山農場」が!


さて、この美幸線の仁宇布駅と北見江幸駅の間は、結局列車が走ることはなかったのですが、一部は線路の基盤が作られています。

完成しなかった路線は「未成線(みせいせん)」と呼ばれています。

仁宇布駅から数キロ進んだところに羊の牧場、「松山農場」があります。

松山農場の入り口(2014年撮影)


子羊がかわいい(2015年撮影)


この牧場の中に未成線が残されています。

放牧場の真ん中に築堤が残っています。

牧場に許可をいただき、この築堤に登ってみるとその先まで線路の築堤が続いているのを見ることができます。

森の中へと消えて行く未成線……。

夢のあとの風景です。

放牧地の真ん中にある未成線の築堤(2008年撮影)


この松山農場は、村上春樹著の「羊をめぐる冒険」で、ストーリーのきっかけになった、星のついた羊がいる牧場といわれています。

もちろん、オフィシャルにここが舞台ですよと言っているわけではないのですが、たしかに小説に描かれている札幌からの距離や赤字ローカル線ですし、もちろん羊牧場などなど類似する点がたくさんあります。


小説を読んで、想像してみるのも楽しいですね。


築堤に登ると、森へと消える築堤を見ることができる(2008年撮影)


松山農場は全国でも珍しい、羊乳も生産している牧場です。

ビン入りの羊ミルクやアイスクリーム、ヨーグルトなども販売しています。
(松山農場の羊ミルクは、ときどき有楽町の『どさん子プラザ』でも売っています)


時間が合えば、搾乳の様子も見学できる(2015年撮影)


松山農場の羊ミルク(2008年撮影)


羊乳のアイスクリームは濃厚(2008年撮影)



この羊乳やアイスクリームを楽しめるのが、牧場直営の「ファームイン・トント」での宿泊です。

宿の前は広い放牧地になっていて、オンシーズンには羊が並んで草を食むのが見られます。

山小屋風の「ファームイン・トント」(2015年撮影)



夕食はもちろんジンギスカン。それも松山農場の国産羊です。

やわらかくて、さわやかな羊の香りがさっぱり目のタレの良く合います。

まだ食べたことはないのですが、地元じゃがいもと羊乳を使ったグラタンも出しているようです。
(近々食べに行きます!)


夕食のジンギスカンは松山農場産の羊肉(2015年撮影)


国産羊ジンギスカンを含む1泊2食付きで7000円……。

ちょっと安すぎです(笑)。

札幌から仁宇布までは約260Km。

少々遠いですが行く価値アリ!です。

ただ、路線も廃止になっていて、バスもなくはないのですが、ちょっと使いにくいので、クルマで行くのが現実的です。

焼ける羊肉の香りが香ばしい(2019年撮影)



ジンギスカンで満たされて、少し早めに休もうと部屋の電気を消しました。

すると、窓いっぱいに星が見えます。

「ファームイン・トント」は、いちばん近い町からでも20Km以上。

折しも新月の日で月明かりもありません。

街灯もほとんどないので、空は真っ暗です。


思わず外に出て空を見上げると、吸い込まれるような星空が広がっていました。



「ファームイン・トント」から見た星空(2015年撮影)


星のついた羊はいませんが……空いっぱいの星を楽しむことができた夜でした。







佐々倉実(ささくら みのる)
 鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、初めて鉄道写真を撮ったのが小学生のころ、なんやかんやで約50年経ってしまいました。鉄道カメラマンなのに撮影の8割はクルマで移動、列車に乗ってしまうと、走るシーンを撮影しにくいので、いたしかたありません。そんなワケで年間のかなりの期間をクルマで生活しています。趣味は料理と酒! ヨメには申し訳ないのですが、日々食べたいものを作っています。
 鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、いろいろとお付き合いください。
 ちなみに、鉄道の他に“ひつじ”の写真もライフワークで撮影中、ときどきおいしいひつじの話も出てきます。なにとぞご容赦ください。

このグルメ記事のライター
佐々倉実@まとメシ

鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、お付き合いください。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
鹿児島本線の門司港駅、現在も建っている駅舎が完成したのは大正初期のこと。 2019年の春、門司港駅がリニューアルしてグラウンドオープンとなりました。 特に駅舎2階にある旧貴賓室は、赤いじゅうたんや調度品がうっとりするほど。 駅舎の内部も、以前よりレトロ感、高級感が増して、これまた美しくなっています……。
いやぁラグビーW杯2019日本大会、面白かったですねぇ。 日本戦はもちろん、ほかの国の試合も、できるだけ見せてもらい、楽しみました。 それにしても、すごかったのが南アフリカ。 で、思い出したのが南アフリカの鉄道。 10年以上前に乗った、プレトリアからケープタウンまでを走る豪華寝台列車ロボスレイルです……。
日高本線は北海道の苫小牧駅から襟裳岬に向かって太平洋沿岸を走り、終点の様似駅まで走る路線です。苫小牧駅から鵡川駅の間は原野を走る区間が多く、鵡川駅から先は海岸線を走る区間が多くて海の車窓が魅力的な路線で、「日高地方」「鵡川」「秋」といえば思い出すのがシシャモです……。
今回は紀州鉄道で出会ったディーゼルカーと、沿線で食べた“せち焼き”です。 私はこの“せち焼き”のことを、まったく聞いたことがありませんでした。 はたして、焼き物なのか、食べ物なのか……?
日本一長い鉄道トンネルや鉄橋、長い名前や短い名前……。 鉄道の日本一の話題はいろいろあるのですが、今回は日本一短いローカル私鉄の話題です。和歌山県の御坊駅と西御坊駅を結ぶ紀州鉄道は、なんと2.7Kmしかありません……。
サラリーマンがホッピーを酌み交わすここは、どう見ても大衆酒場。だがしかし、しかしですよ、テーブルには焼きとんとビストロ料理が共に並び、手渡される手書きリストにはレアなワインまでズラリ。
ユニークな素材をそれぞれ異なる餡で包んだ菓子9種類。抹茶餡+黒糖焼酎に漬け込んだレーズン、生姜入り白餡+蜂蜜餡など斬新な組み合わせだが、素材の味が餡と見事に馴染んでいる。
「マグロが好きで寿司職人になった」と話す店主の本多さんが頑なにこだわり続けるのは、大間をはじめ日本近海で獲れる天然物の生本マグロ。色、艶、弾力、脂のり、それらを納得して仕入れる築地一の上物は神々しいまでに美しく、部位に切り分けて丁寧に処理を施す柵取りは「自分でやらなきゃ気が済まない」と笑う。
JR東日本を利用している人にはおなじみのコンビニ、ニューデイズで購入したのが、今回紹介するアマタケの「サラダチキン ランチ」シリーズ。 目指したのは「主食になるサラダチキン!」で、ピザ味、鶏めし味といった炭水化物系のフレーバーを採用することで、主食を食べている気分になれるというものだ。
327views 脱メタボ
『池田商店』の2号店としてオープン。名物の炊き餃子はすべて店で手包みし、1人前6個。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt