MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
下北グレイヴィ餃子(中華料理/下北沢)|餃子は約8種類!どのメニューもボリューム満点!

下北グレイヴィ餃子(中華料理/下北沢)|餃子は約8種類!どのメニューもボリューム満点!

 品書きを見て頭を抱える。餃子は日替りを含めると7~8種類。

下北グレイヴィ餃子(最寄駅:下北沢駅)

餃子酒場の誘惑この豊富さ、悩ましすぎる!

焼餃子に水餃子、パクチー餃子やチリマヨ餃子なんて変化球も。チャーハンはなんと10種類。……選べない! 店主の岡さんは大手中華料理グループのエースとして15年働いた後、2016年に独立。「僕自身が餃子が大好きなので。やるなら餃子が主役の店と決めていました」。まずはコレを、とおすすめされた「肉汁焼餃子」。もっちり厚めの特注生地で包むのは、鶏豚ガラスープを含ませたジューシーな餡。頬張るとまるで、小籠包のごとく肉汁がジュワッ! チャーハンは悩みぬいた上で「豚ホウレンソウ」を選ぶ。運ばれてきたのは「大盛り注文してないんですが?」といいたくなる量だが、これが普通盛だ。箸で餃子にかぶりつき、もう片方の手のレンゲでチャーハンをハフハフ。二刀流で心ゆくまでがっつきたい。

豚ホウレンソウチャーハン、肉汁餃子、麻辣タレ餃子
880円、(6個)480円、(6個)580円

どのメニューもボリューム満点。「僕がよく食べるので。盛りがさみしいのはイヤ(笑)」と岡さん。チャーハンに使うホウレンソウは生とペーストの両方。醤油ダレで煮た豚バラもたっぷり。写真の上は麻辣タレ餃子。白菜多めのジューシーな水餃子を、豆板醤や豆鼓、ピーナッツやニンニクで作る特製ダレでいただく

麻婆豆腐(赤)
780円

厳選した豆板醤と花椒が、極上のシビ辛の礎。四川省の漬物「ヤーツァイ」が味のアクセントに

黒ゴマブラックチャーハン
880円

黒の正体は中国醤油。日本のたまり醤油に似ているが、味わいはマイルドで奥深い

お店からの一言

店主 岡 一聖さん、理子さん

「紹興酒からスッポン酒までお酒も豊富です」

下北グレイヴィ餃子の店舗情報

[住所]東京都世田谷区北沢3-30-2 [TEL]03-3466-1422 [営業時間]18時~24時(23時半LO)  [休日]火 [席]カウンターあり、全36席/喫煙可/予約可/カード可/サ、お通し代なし [交通アクセス]京王井の頭線ほか下北沢駅北口から徒歩4分


電話番号 03-3466-1422

撮影/鵜澤昭彦 取材/林 匠子

2018年10月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
イタリアンの経験があるオーナーの須藤さんが、台湾人の両親をもつ蘭さんと出会って台湾の魅力に触れ、昨年3月にオープンさせたお店。蘭さんの台湾の実家で食べた料理をベースに、東京の味を融合させ、ここならではの味を作り上げた。
個性的な名店が集まる食の迷宮・板橋。中国北部出身の楊さん家族が営む『龍王』も、豪快なチャーハンをはじめ、庶民派プライスの逸品が目白押しである。
 もうダメ、疲れがとれない……そんなときに駆けこむべきはこちら。明るく人懐っこいマスター・松岡さんの繰り出す「薬膳スタミナ麺」だ。
 予約の取れない青山の超人気店が、昨年11月に2号店をオープン。名物は1本なんと200g以上という、骨付きの国産豚肉を使った「毛沢東スペアリブ」。
中華のタパス(小皿おつまみ)ってのがいいじゃないと思う。そしてその通り、ワインにきっちりと照準の合った焼き餃子がいい。
サラリーマンがホッピーを酌み交わすここは、どう見ても大衆酒場。だがしかし、しかしですよ、テーブルには焼きとんとビストロ料理が共に並び、手渡される手書きリストにはレアなワインまでズラリ。
ユニークな素材をそれぞれ異なる餡で包んだ菓子9種類。抹茶餡+黒糖焼酎に漬け込んだレーズン、生姜入り白餡+蜂蜜餡など斬新な組み合わせだが、素材の味が餡と見事に馴染んでいる。
「マグロが好きで寿司職人になった」と話す店主の本多さんが頑なにこだわり続けるのは、大間をはじめ日本近海で獲れる天然物の生本マグロ。色、艶、弾力、脂のり、それらを納得して仕入れる築地一の上物は神々しいまでに美しく、部位に切り分けて丁寧に処理を施す柵取りは「自分でやらなきゃ気が済まない」と笑う。
JR東日本を利用している人にはおなじみのコンビニ、ニューデイズで購入したのが、今回紹介するアマタケの「サラダチキン ランチ」シリーズ。 目指したのは「主食になるサラダチキン!」で、ピザ味、鶏めし味といった炭水化物系のフレーバーを採用することで、主食を食べている気分になれるというものだ。
323views 脱メタボ
『池田商店』の2号店としてオープン。名物の炊き餃子はすべて店で手包みし、1人前6個。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt