MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
オイスターバー&ワイン BELON 銀座店|意外な発見! カキを駆使した本格イタリアン(イタリアン/銀座)

オイスターバー&ワイン BELON 銀座店|意外な発見! カキを駆使した本格イタリアン(イタリアン/銀座)

都内で人気のオイスターバーが2015年11月に銀座にオープン。常時10種類以上が並ぶ産地直送の生ガキはもちろん、本格イタリアンにアレンジにしたカキ料理が多彩に揃っている。オイスターバー&ワイン BELON 銀座店[交]地下鉄丸ノ内線ほか銀座駅 C8出口から 徒歩3分 ※ランチタイム有

オイスターバー&ワイン BELON 銀座店(最寄駅:銀座駅)

名物の「牡蠣とホタテのパイ包み焼きアンチョビクリームソース」はサクサクの香ばしいパイと濃厚なカキが相性抜群。「牡蠣の燻製と桜肉のタルタル」は淡泊な馬肉に燻製のスモーキーな香りがさりげなく寄り添い、意外とも思えるマッチングが食材としてのカキの新たな可能性を感じさせてくれる。 ワインはフランスやイタリアを中心に約100種類。ボトルの値段もお手頃で、気軽にカキとのマリアージュを楽しめる。

牡蠣の焼きリゾット フォアグラ添え
1706円

カキのダシで炊いたリゾット。ソテーした濃厚なフォアグラと一緒に味わえばダブルのコクだ。好みでポルト酒のソースをかけて味わう

牡蠣の燻製と桜肉のタルタル
1188円

玉ネギやエシャロットなどを加えた馬肉のタルタルの上に自家製のカキの燻製をのせた前菜。鼻に抜ける薫香と、あっさりとした馬肉の味が互いに引き立て合っている。ワインが進む味だ

牡蠣とホタテのパイ包み焼き アンチョビクリームソース
907円

パイの中は大ぶりのカキとホタテが入る。生クリームがまろやかなソースはアンチョビの風味がアクセント

オイスターバー&ワイン BELON 銀座店

東京都中央区銀座2-4-6 銀座ベルビア館7階/☎03-6264-4538/[営]11時半~15時(14時半LO)、17時半~23時半(22時半LO) [休]無休 [席]カウンター6席、テーブル24席、計30席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし [交]地下鉄丸ノ内線ほか銀座駅 C8出口から 徒歩3分

電話番号 03-6264-4538
2016年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 トスカーナ地方で4年半修業していたシェフによる豪快さと巧緻さを伴う料理に、舌だけでなく心もグッと掴まれてしまった。 特注の炭焼き台で丁寧に焼かれた「フィレ肉の炭火焼き」は柔らかで肉汁があふれ、放牧牛ならではの滋味を感じる力強い味わい。
更新: 2019-05-21 11:21:05
 看板商品の「アマトリチャーナ」は、イタリアで7年間修業したシェフが現地の素材を使い、作り方を守り、徹底して本場の味を再現。ディナーで使うプカティーニは、天日干しされた希少なもの。
更新: 2019-05-21 10:58:33
千駄木『イル・リストパスティフィーチョ・ダ・アッカ』|全粒粉のタリオリーニにニョッキ、シャラティエッリ……。ここは店内のパスタ工房で作られる生パスタが味わえる店。
更新: 2019-01-11 09:45:28
根津Italian Chama Chama(イタリアン/根津)|さてチャマチャマと聞いて何を連想する? ここで「お茶の間の茶間」と浮かんだアナタはエライ!
更新: 2019-01-05 12:00:00
隣接する人気もつ焼き店『金子屋』の姉妹店。ホルモンの使い方はさすがのひと言。
更新: 2018-12-10 18:00:00
最新の投稿
隣の鮮魚店が実家とあって、主人の魚の目利きや扱いはさすがのひと言。隣から仕入れる魚はもちろん、足立市場まで足を延ばしていいものを探し、リーズナブルに提供している。
更新: 2019-06-18 12:00:00
昭和感溢れる店内。メンチカツに信玄どりのボンジリがゴロッと入るわ、マカロニ(サラダ・290円)にはコンビーフを加え、黒胡椒を利かせるなど、思わず「オッ」と唸る出来ばえ!
更新: 2019-06-17 14:53:34
老若男女で連夜圧倒的な賑わいをみせるムサコの超人気店がこちら。
更新: 2019-06-17 14:59:13
酒の肴と呼ぶにふさわしい料理の数々が壁の品書きに並び、それを眺めているだけでも楽しい『タキギヤ』。主人の小林さんはその日仕入れた食材を、奇をてらわない料理に仕立てる。
更新: 2019-06-15 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt