MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
Gyoza Bar けいすけ(餃子/浅草)|オリジナル餃子を多数取扱っておりワインとも合う!

Gyoza Bar けいすけ(餃子/浅草)|オリジナル餃子を多数取扱っておりワインとも合う!

 移動販売の餃子店を経て、こちら浅草に餃子バーを開店して2年。店主“けいすけ”さんの作る餃子がユニークにして旨い。まずは基本の肉餃子。

Gyoza Bar けいすけ(最寄駅:浅草駅)

旨みたっぷりの肉餡やオリジナル創作餡にスペインワインがイケる

この餡の旨みが◎。聞けば粗挽きの豚肉は塩麹で寝かされていて、かつ自家製のオイスターソースにて味付け。シュワシュワ泡にも赤ワインにだって合う! さらにメニューには梅やシソやパクチーの餃子、キノコや鮭など魚の餃子等々、オリジナルな餃子が数々。実は佳祐氏、ワインの個人輸入も手掛けていて、おすすめのスペインワインも揃う。それと合わせるのももちろん楽しみ。

肉餃子、鮭餃子
350円、700円

神戸出身らしく、基本の肉餃子は味噌ダレでいただくのがおすすめだ。ピンク色の餃子の中には鮭がびっしり。レモン汁が合う

青ネギ 一本焼き
300円

餃子を待ちつつちょっとしたアテに。グラスでカヴァもあり

わかめ餃子
700円

こちらの餡にはワカメ! 磯の香りがユニーク。昆布ダシなども活かした魚の餃子は、こちらならでは。ヴェジタリアン向け、野菜の餃子なども

お店からの一言

店主 緒方佳祐さん

「いろんな季節の餃子も用意してます!」

Gyoza Bar けいすけの店舗情報

[住所]東京都台東区浅草4-18-7 [TEL]050-5316-3781 [営業時間]18時~翌4時 [休日]月 [席]カウンターあり、全13席/全席禁煙(電子タバコのみ可)/予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]つくばEX浅草駅A出口から徒歩8分


電話番号 050-5316-3781

撮影/貝塚 隆 文/池田一郎

2018年10月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 父親が中国人、母親が日本人という店主の揚原さんにとって、身近な存在だった水餃子。「もっと気軽に水餃子を食べてほしい」と、昨年8月にカフェスタイルでオープン。
旨さの秘密は第一に皮にある。無論、餡の配合や全体の調和も大事にするのは言うまでもないが、大前提で皮が旨くないと全てがおじゃん。
 この小さなひとつにどれだけ情熱が詰まっているか。声を大にして伝えずにはいられないのが、店主・山下さん夫妻が神戸の人気店で学んだ味を基に研究した、ご覧の端正な餃子だ。
地道で、さりげない。その餃子の味も、形も、店の姿勢も。
「トリュフ餃子」は薄皮のやや小ぶりな餃子を口に近づけるとフワ~ンとトリュフの香り! パクリとやれば肉汁溢れる餡と交わって口内に旨みが広がり、これはもう間違いなくワインである。
 明治10年に魚市場で開業し、市場の移転と共に現在の場所へ。代々築いてきた信頼のもとに、厳選された旬の魚介を優先的に仕入れられるのが強みだ。
日々の仕事の不条理から生じる“やってらんない”感は、食べ物にそれなりのお金を投入&満足度を加速させ、自分を甘やかす作戦のおっさん女子です。 吉祥寺にはケーキ屋、カフェ、喫茶店などがムダにたくさんあるため、スイーツ入手には事欠かないのですが、今回は、やってらんない感を解消するためのスイーツを紹介します!
兵庫県西宮市で12年、関西のうどん好きを唸らせた店が東京進出。「青山ビルヂング」のレストランフロア「青山一番街」に出店を果たした。
 父親が中国人、母親が日本人という店主の揚原さんにとって、身近な存在だった水餃子。「もっと気軽に水餃子を食べてほしい」と、昨年8月にカフェスタイルでオープン。
おしゃれで色んなジャンルの飲食店が集まっている神楽坂エリアの「お得ランチ」を一挙ご紹介!おとなの週末のグルメライターが実食調査した結果、夜は敷居が高いけれど、お昼になら入りやすい和食店、高級な肉、イタリアンなどがたくさん見つかりました!

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt