MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
人形町でカキフライなら「三友」迫力のカキフライ

人形町でカキフライなら「三友」迫力のカキフライ

「絶品!カキ食堂」特集掲載店の人形町「三友」のカキフライはこぶし大のフライをざっくり割れば、中からギュッと詰まったカキがゴロゴロと顔を出す。[交]地下鉄日比谷線人形町駅A2出口から徒歩2分 ※ランチタイム有驚くなかれ!

三友(最寄駅:人形町駅)

衣に詰まったカキの迫力「三友」のカキフライ

 こぶし大のフライをざっくり割れば、中からギュッと詰まったカキがゴロゴロと顔を出す。シーズン始めの秋なら1つに小ぶりのものが10個以上も入るというから驚きだ。春は大ぶりが2、3個と、時季によって変わる味の違いが堪能できる。 実はカキフライはもともと店になかったメニュー。「40年ほど前、たまたま食事に来た広島の養殖業の社長から『うちのカキを使ってほしい』と頼まれ、承諾したら毎日5㎏送ってきた。使い切れないから数個をまとめて揚げたらこれが評判になってね」と店主の伊藤さんは笑う。 潰さないようふんわりと絶妙な力加減でパン粉を付けて揚げるのは職人技だ。まとめることで硬くならず、カキ本来の旨みが凝縮する。毎年10月~4月の提供で定食は昼のみ。行列覚悟で向かうべし!

カキフライ(上)
1250円(ランチ)

中は広島産のカキが7、8個(取材時)。粗めの生パン粉でこんがり揚げた衣は香ばしい。シーズン中は毎日10㎏をほぼ使い切る

お造り(和食コースの1品)
 

日替わりでこの日は〆鯖など

三友

東京都中央区日本橋人形町1-10-8 ☎03-3666-1684 [営]11時~13時半、17時~19時LO [休]土・日・祝 [席]カウンター6席、座敷10名、計16席/昼は全席禁煙/夜は予約可/カード不可/サなし [交]地下鉄日比谷線人形町駅A2出口から徒歩2分 ※ランチタイム有

電話番号 03-3666-1684
2016年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
2018年3月のオープンながらすでに東中野の名店とも言えるもつ焼き屋がこちら。何気に希少な部位も揃い、肉質、焼き加減ともに見事で、お店の活気も気持ちいい。
更新: 2019-06-03 11:36:08
看板は、クセがなく刺身でも食べられるほど鮮度の良い上州豚料理。中でもスモークまたは塩などから味を選べるヤキトンは、炭でぷりぷりに焼き上げられた魅惑の味だ。
更新: 2019-05-14 15:35:42
 豆腐のほかに、揚げ物、近隣の洋菓子店とコラボしたシフォンケーキなど、バラエティ豊かな品揃えを誇る豆腐店。なかでも青森県産の「おおすず大豆」を使った「できたておぼろ」は火・木・金曜の17時頃からしか買えない逸品だ。
更新: 2019-01-23 12:00:00
 ご近所さんやお使いの子どもたちが続々と訪れる、一見普通の“街のお豆腐屋さん”だが、手間暇かけて丁寧に作られた絶品の豆腐がいただける。四代目の小野田滋さんが北海道産「音更大袖振」と出合い、大豆に魅せられ作ったのは「四代目 絹」。
更新: 2019-01-22 12:00:00
 近隣住民が買いに来るだけでなく、50軒を超える銀座の名店や料亭などにも豆腐を納めている店。ここではプロの舌も唸らせる逸品が手に入る。
更新: 2019-01-21 18:00:00
最新の投稿
隣の鮮魚店が実家とあって、主人の魚の目利きや扱いはさすがのひと言。隣から仕入れる魚はもちろん、足立市場まで足を延ばしていいものを探し、リーズナブルに提供している。
更新: 2019-06-18 12:00:00
昭和感溢れる店内。メンチカツに信玄どりのボンジリがゴロッと入るわ、マカロニ(サラダ・290円)にはコンビーフを加え、黒胡椒を利かせるなど、思わず「オッ」と唸る出来ばえ!
更新: 2019-06-17 14:53:34
老若男女で連夜圧倒的な賑わいをみせるムサコの超人気店がこちら。
更新: 2019-06-17 14:59:13
酒の肴と呼ぶにふさわしい料理の数々が壁の品書きに並び、それを眺めているだけでも楽しい『タキギヤ』。主人の小林さんはその日仕入れた食材を、奇をてらわない料理に仕立てる。
更新: 2019-06-15 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt