MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
池田屋(餃子/博多)|多くのリピーターを持つ超人気の「炊き餃子」が食べられる!

池田屋(餃子/博多)|多くのリピーターを持つ超人気の「炊き餃子」が食べられる!

『池田商店』の2号店としてオープン。名物の炊き餃子はすべて店で手包みし、1人前6個。

池田屋(最寄駅:赤坂駅)

スープ文化の博多だからこその美味しさ

刺身や一品料理を食べた後、〆として食べる人が多いそう。それでも足りなければちゃんぽんなどの投入も可能。満腹満足になれる逸品だ。

炊き餃子(写真は2人前)
700円

鶏ガラスープに入れ強火で3分半煮込んで提供。自家製の竹炭の入った柚子胡椒、辛子味噌を付けると鶏の風味が際立つ

手羽のうずら玉子つめ焼
300円(1本)

餃子とほぼ同じ餡とうずらの卵が詰められた手羽餃子

ちゃんぽん (写真は2人前)
300円

ちゃんぽんがスープと好相性。餃子の追加を我慢してでも食べてみて

お店からの一言

店長 西 真吾さん(左)、スタッフ 岡村祐貴さん(右)

「博多に来たら、ぜひ一度食べに来てください!」

池田屋の店舗情報

[住所]福岡県福岡市中央区大名1-4-28 [TEL]092-737-6911 [営業時間]18時~23時(22時半LO) [休日]不定休 [席]1・2階合わせて99席/全席喫煙可/カード不可/予約可/お通し代300円別 [交通アクセス]地下鉄空港線赤坂駅4番出口から徒歩8分


電話番号 092-737-6911

撮影/松隈直樹 取材/編集部

2018年10月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
店内には使用する野菜から豚肉まで本日の原材料産地が。極力地元や東北の食材を使った、手作り感ある餃子メニューが数々。
昭和29年、屋台からスタート。14種の具材を練ったジューシーな餡と、香ばしい皮の絶妙なバランスの餃子はたちまち人気を博し、現在は博多駅近くにビルを構えて営業中。
 父親が中国人、母親が日本人という店主の揚原さんにとって、身近な存在だった水餃子。「もっと気軽に水餃子を食べてほしい」と、昨年8月にカフェスタイルでオープン。
 移動販売の餃子店を経て、こちら浅草に餃子バーを開店して2年。店主“けいすけ”さんの作る餃子がユニークにして旨い。まずは基本の肉餃子。
旨さの秘密は第一に皮にある。無論、餡の配合や全体の調和も大事にするのは言うまでもないが、大前提で皮が旨くないと全てがおじゃん。
前身の醤油屋から合わせると120年以上の歴史を持つ老舗だ。だが、店構えにも店内にも堅苦しさはまったくない。
小学校時代、私はトーストしていない食パンが大嫌いだった……。 そして小学校を卒業する時に誓ったのでした……。「もうトーストしていない食パン(サンドイッチは除く)は二度と食べない!」と。 しかし、今は21世紀で、令和で、食パンブーム……。 最近、生で食べても美味しい“生食パン”っていうのがあるらしいじゃない……!
話題のブティックホテルの1階ラウンジにあるバーは、従来のホテルバーとは全く異なる開放的な空間。オリジナルカクテルはチーフバーテンダー・齋藤隆一さんと水岸直也さんによるもので、環境への配慮や地元貢献など、ホテルの5つのコンセプトに沿ってデザインされている。
ここではグルメライターが厳選した「銀座のおすすめカフェ」の情報をお届けします。ショッピングや食事を楽しんだら、ちょっと一息つきたくなるも。おいしいスイーツや甘味はもちろん、ランチタイムや夜にも利用できる、魅力の詰まったお店ばかりです!
店に入ると左手にカウンター、右手にゆったりしたテーブル席。気楽に居酒屋使いもできるのがうれしいところだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt