MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
旭軒 駅前本店(餃子/博多)|昭和29年に屋台からスタートした博多の有名餃子専門店!店主の拘り餃子をご賞味あれ!

旭軒 駅前本店(餃子/博多)|昭和29年に屋台からスタートした博多の有名餃子専門店!店主の拘り餃子をご賞味あれ!

昭和29年、屋台からスタート。14種の具材を練ったジューシーな餡と、香ばしい皮の絶妙なバランスの餃子はたちまち人気を博し、現在は博多駅近くにビルを構えて営業中。

旭軒 駅前本店(最寄駅:博多駅)

30個は当たり前行列必至の大人気餃子

1人前10個ながら、小ぶりで軽やかなので30個は軽くいける逸品なり。

焼餃子(10個)
350円 (写真は40個)

香ばしく焼かれ、特製酢醤油や柚子胡椒もよく合う。付け合わせのキャベツは創業時から変わらず

水餃子(10個)
350円

つるりもっちりの水餃子。餃子だけで1日5000個近く出るそうだ

旭軒 駅前本店の店舗情報

[住所]福岡県福岡市博多区博多駅前2-15-22 [TEL]092-451-7896 [営業時間]15時~24時(23時半LO) [休日]日 [交通アクセス]JR博多駅博多口から徒歩3分


電話番号 092-451-7896

撮影/松隈直樹 取材/編集部

2018年10月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
店内には使用する野菜から豚肉まで本日の原材料産地が。極力地元や東北の食材を使った、手作り感ある餃子メニューが数々。
『池田商店』の2号店としてオープン。名物の炊き餃子はすべて店で手包みし、1人前6個。
 父親が中国人、母親が日本人という店主の揚原さんにとって、身近な存在だった水餃子。「もっと気軽に水餃子を食べてほしい」と、昨年8月にカフェスタイルでオープン。
 移動販売の餃子店を経て、こちら浅草に餃子バーを開店して2年。店主“けいすけ”さんの作る餃子がユニークにして旨い。まずは基本の肉餃子。
旨さの秘密は第一に皮にある。無論、餡の配合や全体の調和も大事にするのは言うまでもないが、大前提で皮が旨くないと全てがおじゃん。
希少部位の握りに、目の前で炙った赤身の七輪焼き。とび切りの黒毛和牛をハイコスパで味わうならば、ここを訪れるべし!
ドイツで100年以上愛されているバウムクーヘン。卵、バター、小麦粉など素材の味が広がる素朴な美味しさは万人受け間違いなし。
創業して52年目。 その老舗そば店は、京都洛北の大幸寺にルーツがある。 時代は江戸まで遡る。300年以上伝承されてきた「そば打ち秘伝」「つけ汁仕立て御式」を受け継いだのが「そばよし LINKS UMEDA店」だ。
性格が子どもじみているのかもしれないが、私は混ぜる食べ物が大好きである。 そんな混ぜるの大好き! おっさん女子的に混ぜたい食べ物の王道は、石焼ビビンバだ。 そして吉祥寺で石焼ビビンバを食べるのは、ダイヤ街のビルの2階にある『D韓』です。 食べ盛りの若い男子は、ランチ食べ放題がおすすめだよ。
石巻線は東北本線と接続する小牛田駅を起点とする単線、非電化のローカル線です。 2015年までは国鉄時代から走り続けるディーゼルカーも走っていました。 白と緑色に塗られた車両で、田舎の風景によく合っていて、これを目当てに撮影に出かけました……。 今回は、大震災以降の石巻線と女川駅付近で出会ったホヤのお話です。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt