MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
一番五郎(ラーメン/仙台)|名物あおば餃子はモチっとした皮と野菜の旨みが広がる餡が人気の秘密☆

一番五郎(ラーメン/仙台)|名物あおば餃子はモチっとした皮と野菜の旨みが広がる餡が人気の秘密☆

噛んだ瞬間に野菜の旨みが広がる“あおば餃子”とともに、ジューシーで肉の割合が6割以上という「一番焼餃子」が人気。これをちょっぴり辛い自家製味噌ダレでいただく。

一番五郎(最寄駅:青葉通り一番町駅)

もっちりをかじるとヘルシーな旨みが口に広がる!

ここにコクありスープの味噌ラーメンは鉄板だ!

仙台あおば餃子
5個410円

野菜のヘルシー感満載!この餃子用に作られた味噌ダレには、こだわりの仙台味噌、大河原町にある『玉松』の味噌を使用

自慢の味噌が生きた深みのあるスープに中太麺がよく絡む、野菜もたっぷりな「味噌ラーメン」670円と、肉ぎっしりな「一番焼餃子」5個302円もおすすめ

一番五郎の店舗情報

[住所]宮城県仙台市青葉区一番町2-3-30 [TEL]022-222-8808 [営業時間]11時~14時45分LO、17時~23時半LO(日は夜なし)※ランチタイム有 [休日]無休 [席]カウンターあり、全13席/夜のみ喫煙可/予約可(お酒を飲む人のみ)/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄青葉通り一番町駅南1出口から徒歩2分


電話番号 022-222-8808

撮影/鵜澤昭彦 取材/池田一郎

2018年10月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ラーメン×かき氷のスタイルを業界に広めたパイオニア『ねいろ屋』が神保町に出店。瀬戸内界隈の厳選素材で作る無化調ラーメンと自家製シロップのかき氷を提供する。
都内でも指折りの人気ラーメン店に成長した。看板メニューは「鶏白湯SOBA」「煮干醤油SOBA」※ランチタイム有
博多豚骨で使用する麺と同程度の低加水麺でありながら、小麦が香るもちもち、つるつるの極上麺を開発。見目麗しいつけ麺で、その美味しさを魅せる。
鯛ラーメンで人気を博す錦糸町『麺魚』が、“鴨”をテーマにした新ブランドをオープン。本店の“鯛”同様、一杯で存分に“鴨”が楽しめる造りを目指した。
最初はほどよく甘く、後からじわじわ辛さや花椒の痺れがやってくる。豊かで刺激的な香りが鼻に抜け、後からじんわり汗が出る。
サラリーマンがホッピーを酌み交わすここは、どう見ても大衆酒場。だがしかし、しかしですよ、テーブルには焼きとんとビストロ料理が共に並び、手渡される手書きリストにはレアなワインまでズラリ。
ユニークな素材をそれぞれ異なる餡で包んだ菓子9種類。抹茶餡+黒糖焼酎に漬け込んだレーズン、生姜入り白餡+蜂蜜餡など斬新な組み合わせだが、素材の味が餡と見事に馴染んでいる。
「マグロが好きで寿司職人になった」と話す店主の本多さんが頑なにこだわり続けるのは、大間をはじめ日本近海で獲れる天然物の生本マグロ。色、艶、弾力、脂のり、それらを納得して仕入れる築地一の上物は神々しいまでに美しく、部位に切り分けて丁寧に処理を施す柵取りは「自分でやらなきゃ気が済まない」と笑う。
JR東日本を利用している人にはおなじみのコンビニ、ニューデイズで購入したのが、今回紹介するアマタケの「サラダチキン ランチ」シリーズ。 目指したのは「主食になるサラダチキン!」で、ピザ味、鶏めし味といった炭水化物系のフレーバーを採用することで、主食を食べている気分になれるというものだ。
306views 脱メタボ
『池田商店』の2号店としてオープン。名物の炊き餃子はすべて店で手包みし、1人前6個。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt