MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
かねまん(居酒屋/菊川)|120年以上の歴史を持つ老舗!地元客で賑わう下町酒場!

かねまん(居酒屋/菊川)|120年以上の歴史を持つ老舗!地元客で賑わう下町酒場!

前身の醤油屋から合わせると120年以上の歴史を持つ老舗だ。だが、店構えにも店内にも堅苦しさはまったくない。

かねまん(最寄駅:森下駅)

夜ごと地元客で大にぎわい下町酒場の雰囲気に酔う

四代目女将の川原くに子さん、五代目正さんと女将・まさみさんが笑顔で切り盛りする。「来週はお祭りだねえ」と、地元の客の会話でにぎわう、これぞ下町大衆酒場という雰囲気だ。カウンターのケースに並ぶ、築地で仕入れる魚介類はぜひ刺身でつまみたい。甘めのツユが豆腐によく染みた「肉豆腐」も人気だ。

とじょう丸煮、刺身盛合せ、梅味噌キュウ、チューハイ(焼酎1合付き)、純(ボトル)
870円、1350円、380円、430円、2160円

滋養あるドジョウがたっぷり。ゴボウの風味も相まって何とも美味。マグロ、コハダ、数の子など7種も盛られた「刺身盛合せ」、ご主人の正さんイチオシの「肉豆腐」も見逃せない。お銚子入りの焼酎1合を好きな濃さに割って飲める「チューハイ」は、墨田区吾妻橋で製造される「アズマ炭酸」を使用。強炭酸がレモンの風味を引き立てる。焼酎ボトルは「純」など

肉豆腐
540円

かねまんの店舗情報

[住所]東京都墨田区菊川1-7-10 [TEL]03-3634-9923 [営業時間]17時半~23時 [休日]日・祝 [席]カウンター、お座敷あり、約40席/全席喫煙可/予約可/カード不可/サなし、お通し220円別 [交通アクセス]都営新宿線森下駅A4出口から徒歩5分


電話番号 03-3634-9923

撮影/齊藤 正 取材/本郷明美

2018年10月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
鷹匠小路を折れた先にある「たぬき小路」。大通りほどの行き来はないが、多くの人が目指す店がある。
旬を大切にし、素材の持ち味を生かした魚介料理を楽しませてくれる店。そのための魚介は神津島直送の鮮魚をメインに使い、丁寧に端正に仕上げる。
和食の安在さん、イタリアンの中澤さん。このふたりがキッチンから得意技を繰り出す、ちょっと個性的な店だ。
ビルの2階という立地ながら、連日満席という人気店がこちら。理由は明快だ。
大正時代から続く老舗を若き5代目が継いだのは24歳の時。理由は先代の急逝だった。伝統を守りながらより高みを目指し、今35歳。
厳選の国産米を4時間以上かけて炊いたおかゆを12種類提供。看板商品の「POPEYE」(950円)は、ほうれん草のおかゆ。
かつての学芸大学から移って5年、白金高輪の地に隠れ家のような面持ちである店は、きれいな空気感がある。ほんのり甘くダシが品よく利いた玉子焼きしかり、プリッとしたエビとイカをサクッと軽く揚げたかき揚げしかり。
住宅街の奥深くに佇む『ターキー』。初めてでは見つけにくいけれど、各地から熱烈ファンが訪れる街中華の名店だ。
吉祥寺飲み&家飲みをしないおっさん女子だったが、最近では吉祥寺昼飲みを解禁した。 理由は“もーやってらんない”自分を、さらに甘やかすため。 休日の昼飲みは、居酒屋系のおっさん女子ですが、平日はオシャレ系です。しかもビールを飲んどります! 

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt