MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
浅草で「男のひとりめし」|浅草 水口食堂(居酒屋/浅草)

浅草で「男のひとりめし」|浅草 水口食堂(居酒屋/浅草)

おとなの週末「男のひとりめし」特集掲載店舗。大衆演劇の聖地・浅草六区にて創業60年以上、昭和の雰囲気も懐かしいザ・定食屋が「浅草 水口食堂」である。壁一面に並ぶお品書きの札を見ながら、やおら本日の飯の作戦を練るのが至福である。いわゆる“定食屋メニュー”をコンプリートせんとばかりに並ぶメニューは100種類以上。

浅草 水口食堂(最寄駅:浅草駅)

定食メニューコンプリート!

飯前に単品でとって一杯やりたいおかずにも事欠かない。圧倒的人気を誇る「いり豚」は玉ねぎと豚肉の食感にカレー風味のオリジナルソースがスパイシーでたまらない。開店以来のサービス品、まぐろ刺身やぶつ切りはボリュームたっぷり。毎朝手作りのコロッケも捨て難いところだし……。〆のご飯(並200円)は量を選べて、150円であさりたっぷりのみそ汁も。うーん、悩ましい(喜)。

まずはビールにポテサラ、厚焼玉子で露払い……なんて考えてると、あっという間にこの通り(←要注意、笑)

いり豚
580円

初代が考案した人気の「いり豚」(580円)はご飯にも酒にも合う!

浅草 水口食堂

■『浅草 水口食堂』
[住所]東京都台東区浅草2-4-9
[TEL]03-3844-2725
[営業時間]10時〜21時半(21時LO)、土曜日・日曜日:9時~
[休日]水曜日
[座席]90席(2階席、お座敷あり)/カード可(3000円以上)/予約可/サなし
[アクセス]地下鉄銀座線ほか浅草駅より徒歩7分、田原町駅から徒歩7分

電話番号 03-3844-2725
2015年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
和食の安在さん、イタリアンの中澤さん。このふたりがキッチンから得意技を繰り出す、ちょっと個性的な店だ。
前身の醤油屋から合わせると120年以上の歴史を持つ老舗だ。だが、店構えにも店内にも堅苦しさはまったくない。
ビルの2階という立地ながら、連日満席という人気店がこちら。理由は明快だ。
龍力という日本酒をご存知だろうか? 酒米の王者山田錦の主産地・播州平野の西にある酒蔵。
今年9月で開店40周年を迎えた同店。エキゾチックな雰囲気の店内でいただく医食同源のネパール料理が評判で、中でも名物がこのヒマラヤ鍋だ。
自社のパンと共に都内の名ベーカリーの品を揃え、パンのセレクトショップとしても営業するベーカリーカフェ。パンマニア憧れの品が一同に集まるので、パン好きならば一度は足を運びたいと言われる店だ。
今回はパスタについてのお話。なので、紹介する商品が必ずしもベストな選択ではないかもしれないけれど、「ダイエット中の炭水化物はパスタもおすすめですよ〜」、「パスタを選ぶときはここに注意しましょう!」といった話をしますので、ぜひ参考にしてください。
969views 脱メタボ
和食の安在さん、イタリアンの中澤さん。このふたりがキッチンから得意技を繰り出す、ちょっと個性的な店だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt