MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
兆徳(中華料理/本駒込)|文京区に1995年開業した町中華!人気メニューはパラッパラ黄金色の絶品チャーハン!

兆徳(中華料理/本駒込)|文京区に1995年開業した町中華!人気メニューはパラッパラ黄金色の絶品チャーハン!

1995年開業のいわゆる町中華で、開店と同時に席が埋まってしまう人気ぶり。甘酢餡のかかった揚げ餃子、パラパラでほどよい塩加減の玉子チャーハンも人気だが、知る人ぞ知る水餃子も外せない。

兆徳(最寄駅:本駒込駅)

野菜の甘みと焼き豚スープであっさりの中に旨みあり

厳選した柔らかいキャベツや長ネギなど、ほぼ半分が野菜というヘルシーな餡で、水餃子にのみ強力粉を使っているというつるりとした皮とのバランスもいい。餡の味がしっかりとしているため、そのままでも美味しいが、さっぱり感を引き立てるなら酢コショウがおすすめ。揚げ餃子は土・日・祝と夜、水餃子は夜のみの提供。

水餃子(6個)
500円

柔らかくなり過ぎないよう茹でられている

玉子チャーハン
650円

少し硬めに炊いたご飯を使い、パラパラに仕上がった絶品チャーハン

揚げ餃子(6個)、生ビール
600円、550円

甘酢餡はラーメンのスープを加えることで、コクのあるまろやかな味に。最後に火力を上げて端をカリカリに仕上げている

お店からの一言

店主 朱 徳平さん、料理長 王 省強さん、スタッフ 呉 嶺さん

「餡の味わいを堪能するなら水餃子に決まり!」

兆徳の店舗情報

[住所]東京都文京区向丘1-10-5 [TEL]03-5684-5650 [営業時間]11時半~14時半、17時半~23時、土・日・祝11時半~14時半、17時半~22時 ※ランチタイム有 [休日]不定休 [席]カウンターあり 全20席(座敷あり)/喫煙可/予約不可/カード不可/サなし [交通アクセス]都営南北線本駒込駅1番出口から徒歩2分


電話番号 03-5684-5650

撮影/鵜澤昭彦 取材/井島加恵

2018年10月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 予約の取れない青山の超人気店が、昨年11月に2号店をオープン。名物は1本なんと200g以上という、骨付きの国産豚肉を使った「毛沢東スペアリブ」。
中華のタパス(小皿おつまみ)ってのがいいじゃないと思う。そしてその通り、ワインにきっちりと照準の合った焼き餃子がいい。
食べる前から「あ、ここは当たりだな」と思う指標のひとつが、手入れの行き届いた店内。こちらの『新雅』は昼も夜もひっきりなしに客が訪れる。
 中華の花形食材・フカヒレを存分に味わえる姿煮。四川料理の名店『神楽坂 芝蘭』では、これを昼の御膳で楽しめる。
 明治10年に魚市場で開業し、市場の移転と共に現在の場所へ。代々築いてきた信頼のもとに、厳選された旬の魚介を優先的に仕入れられるのが強みだ。
日々の仕事の不条理から生じる“やってらんない”感は、食べ物にそれなりのお金を投入&満足度を加速させ、自分を甘やかす作戦のおっさん女子です。 吉祥寺にはケーキ屋、カフェ、喫茶店などがムダにたくさんあるため、スイーツ入手には事欠かないのですが、今回は、やってらんない感を解消するためのスイーツを紹介します!
兵庫県西宮市で12年、関西のうどん好きを唸らせた店が東京進出。「青山ビルヂング」のレストランフロア「青山一番街」に出店を果たした。
 父親が中国人、母親が日本人という店主の揚原さんにとって、身近な存在だった水餃子。「もっと気軽に水餃子を食べてほしい」と、昨年8月にカフェスタイルでオープン。
おしゃれで色んなジャンルの飲食店が集まっている神楽坂エリアの「お得ランチ」を一挙ご紹介!おとなの週末のグルメライターが実食調査した結果、夜は敷居が高いけれど、お昼になら入りやすい和食店、高級な肉、イタリアンなどがたくさん見つかりました!

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt