MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
清里テラス(カフェ/清里)

清里テラス(カフェ/清里)

地上1900メートルの清里テラスにリフトで10分。秩父連峰や富士山、南アルプスが見渡せるおしゃれなウッドデッキがあるとは聞いていたが、まさか酒樽ほどの大きな丸いソファベッドをいくつも並べたザ・高原リゾートが出現しているとは思ってもみなかった。

清里テラス

それぞれのソファでは、家族連れやカップルが、飲み物を片手におしゃべりを楽しんでいる。
さっそくカフェを覗いてみれば、ジェラートのケースが置かれ種類が実に豊富。清里スカイパフェを注文すると、ブルーベリーやオレンジ、ワッフルやアイスを、その場で彩りよく丁寧に盛り付けてくれる。
ソファにゴロンと横になれば、遮るもののない広い青空と、遠くに雲海。ああ、幸せ。パフェを食べ終えると、急に眠くなりウトウト。おっと、いけない。テーブルには砂時計があり、30分程度で他の人に譲る決まり。

スカイパフェ
650円

彩りの美しいパフェ。季節によってフルーツが変わることも

清里テラスの店舗情報

[住所]山梨県北杜市大泉町西井出8240-1 サンメドウズ清里内 [TEL]0551-48-4111 [営業時間]10時~15時半、土・日・祝9時半~16時半 ※ランチタイム有 [休日]無休


電話番号 0551-48-4111

撮影/西﨑進也 取材/白石あずさ

2018年10月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
広い店内にはゆったりしたソファや夕焼けが一望できるカウンター席も。雲型のマシュマロを浮かべたコーヒーや、サンセットをイメージしたスカイソーダが見た目にも美しく、料理も地元名産のネマガリダケなどを使った雲海パイ包みスープや、季節の食材を取り入れたペペロンチーノ(現在はキノコを使用)など素材にもこだわっている。
更新: 2019-09-21 12:00:00
『2612Cafe』は、若いスタッフが中心となって昨年、おしゃれにオープン。スモークした信州サーモンを挟んだクロワッサンやジューシーなすずらんハウスのソーセージを使ったホットドッグなど、こちらも品質や味にはこだわり、地元の食材をふんだんに使っている。
更新: 2019-09-10 12:00:00
産地、グレード、焙煎の火加減、茎の有無などさまざまな組み合わせで30種以上揃うほうじ茶の中から、鹿児島産の「極上ほうじ茶」をセレクト。濃く抽出しても渋くならず、スイーツにしてもしっかりとした風味と味わいを再現できるそう。
更新: 2019-09-07 12:00:00
明治2年、京都山城町で創業した茶舗「宇治園」のお茶スイーツを東京で味わえるのがここ。抹茶パフェなら、その魅力を一度に楽しめる。
更新: 2019-09-05 12:00:00
毎月8日に新メニューが登場する月替わりのパフェが人気のお店。オーナーが、季節のイメージや紅茶+果物との相性の良さを活かして考案している。
更新: 2019-09-03 12:00:00
最新の投稿
「芸者新路」なんていう粋な名前の通りに佇む、創業20年の和食店。しかしこちら、これぞ隠れ家といった裏路地にはあるが、「しーん」とした店ではない。
更新: 2019-10-22 12:00:00
 今年ついに500店舗を突破し、回転寿司チェーンのなかでも絶好調の『スシロー』。直球から創作まで種類が豊富だが、それだけなら他の大手も同じ。
更新: 2019-10-21 12:00:00
別記事で“光り物”で大きく紹介している『銚子丸』だが、「サーモンにも絶対の自信があります」と胸を張る。自慢の「オーロラサーモン」は本場・ノルウェーでも最高品質と評判の「レロイ社」から空輸。
更新: 2019-10-21 11:50:00
 「今までにない味わいのカクテルを作りたい」という店主・清崎さんは、ベトナムにバーを2店舗持つ実力派。彼のカクテルをひと言で表すとすれば“組み合わせの妙”だろう。
更新: 2019-10-20 12:00:00
 今やレベルの高い店が揃うという意味で、フレンチ同様に注目を集める神楽坂イタリアンだが、創業16年のこちらはその象徴ともいえる存在。磨き上げられた木の床に糊の効いたクロスがかかったテーブルがゆったり配された店内は、正統派のリストランテの佇まい。
更新: 2019-10-19 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt