MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
大衆酒場まる家(居酒屋/神田)

大衆酒場まる家(居酒屋/神田)

店内にぐるりとめぐらされたボートには、定評のある魚料理各種のほか、珍味系の酒肴や牛・鶏・豚・合鴨などの肉料理、土鍋飯など、圧倒的な数のメニューが並ぶ。目移り必至で食欲解放のスイッチが否が応でも入ってしまうはず。

大衆酒場まる家(最寄駅:神田駅)

大衆的な雰囲気 なのに、きちんとした和食がいただける

例えばひとつずつオーダーできる揚げたての天ぷらは、定番の品だけでなく、「すじこ」(270円)や「鴨ねぎ」(324円)、「うに」(540円)などなど、他ではあまり食べられないようなものも含め、その数なんと約50種類!
 朝まで営業していることもあり、特に深夜帯には同業者たちが客としてやってくる。そんな彼らのお墨付きをもらっている店だもの。美味しくないはずないでしょ。

天ぷら 春菊、海老、はぜ、なす、きす、明太子、鱧と松茸
162円、486円、216円、162円、216円、270円、540円~

サクサク軽やかな仕上がりの天ぷら。大葉や海苔で巻くなど、ひと手間かけられている。「鱧と松茸」の提供は9月末までの予定

お造り盛り合わせ
1人前1620円~ ※写真は2人前 4320円

その美しさを見ただけでも、抜群の鮮度・美味しさがわかるお造り。もちろん単品も揃え、魚は築地をメインに仕入れている

肉豆腐
1058円

すき焼きを彷彿とさせる上品な味わいと具材。〆にはぜひ「うどん」(1人前540円)を入れて、ツユの最後まで味わって

日本酒は季節により入れ替えながら、約20種類をラインアップ。1升瓶の焼酎をボトルキープしている常連客も多し

お店からの一言

店長 芹澤裕矢さん(右)、マネージャー 飯島直人さん(左)

「お客さんの声に応えたら、この品数になりました」

大衆酒場まる家の店舗情報

■『大衆酒場まる家』
[住所]東京都千代田区神田鍛冶町3-7
[TEL]03-3256-5776
[営業時間]17時~翌4時(翌2時半LO)、土曜日:17時~23時(21時半LO)
[休日]日曜日・祝日
[座席]カウンターあり、全29席/全席喫煙可/予約可/カード可/サなし・お通し代540円別
[アクセス]地下鉄銀座線神田駅4番出口から徒歩2分


電話番号 03-3256-5776

撮影/小島 昇 取材/市村幸妙

2018年10月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ビルの2階という立地ながら、連日満席という人気店がこちら。理由は明快だ。
龍力という日本酒をご存知だろうか? 酒米の王者山田錦の主産地・播州平野の西にある酒蔵。
ホントは内緒にしておきたい下町の隠れ家。フレンチ仕込みの料理人・篠原さんがテリーヌからマカロニグラタン、焼きそばまで、食いしん坊の心をわし摑みにする。
 日常使いでふらりと寄りたくなる佇まいの日本酒居酒屋とはこんなところだ。「美しい日本酒をおいしく呑んでほしい」というご主人・北原さんが選ぶ日本酒は、生のお酒を中心に常時40種類ほど。
何よりうれしいのは、カウンター内でせっせと働く店主夫妻の、誠実で、謙虚で、一生懸命な姿勢が見えること。だからだろうか、「日本酒を美味しく味わってほしい」との想いが詰まったこの小さな酒場は、常に客足の絶えない人気店だ。
約40年前の創業時からの看板料理があんこう鍋。毎年10月から始まるこの鍋を、今や遅しと待ち構える客の予約が殺到するのだ。
レストランテのシェフやウェイターが常連。そんなお店がある。 彼らが足を運ぶ理由は通常より安価でワインを提供してくれるからだ。 そのお店こそが、大阪は東心斎橋にあるワインバー「Pinot Noir(ピノ・ノワール)」。 ワイン通の間では、実に知られたお店なのだ。
石巻線は東北本線と接続する小牛田(こごた)駅を基点に海に面した石巻駅を経由して海沿いを進み、女川駅を繋いでいます。 東日本大震災でたいへんな被害を受けた宮城県の女川市と石巻線。 あの日から約8年の歳月が過ぎました。 女川駅と駅前は、新たな街として復興。名産のカキもたっぷりと味わうことができました。
店主は蕎麦懐石の名店「無庵」出身。料理長を経て、2017年に、この店をオープンした。
取り扱うのはあんぱんのみ。シンプルなものも美味しいが、人気は写真の2品。東京駅外壁のレンガを模した「東京レンガぱん」の中は、こしあんと白あん入り特製ホイップクリーム。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt