MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
和酒×くんせい=バル シシニイク(バル/小川町・淡路町)

和酒×くんせい=バル シシニイク(バル/小川町・淡路町)

ジビエが苦手な人ほど食べてほしいのがここのイノシシ肉。柔らかな肉と甘みたっぷりの脂が驚くほどの美味しさなのだ。

和酒×くんせい=バル シシニイク(最寄駅:小川町駅、淡路町駅)

イノシシと燻製を和酒と絶妙にカップリング

店主の高橋さんが、島根県・津和野町で食べたイノシシ肉の味が忘れられず、これを広めたいと熱望して今年8月に開いたのがこちらのお店。写真は、現地で食べて感動したすき焼きに豆味噌でコクを増すなどアレンジを加えた、お酒やご飯を欲する名物だ。
 もうひとつの名物メニューである燻製は、3週間もかけて作られたものやマグロ料理専門店『MEGRO』の姉妹店だからこそ提供できる、マグロの卵や白子などが揃う。これらに合わせるのは日本酒をはじめとする和酒。酒の香りと料理との調和が見事だ。

4×4SUKIYAKI
842円

別添えの卵黄を絡めてどうぞ

本日のおすすめ全部盛(2人前)
1944円

この日はふわりとほぐれるマグロの身や口どけの良い卵、白子のほか、旨みが濃いイノシシのロースなど。燻香をまとう煮卵も繊細な柔らかさ

季節野菜のまぐろ巻き
518円

今の時期はアスパラに赤身・大トロ・中トロのバランスが良いマグロの腹身を巻いて。チェダーチーズがとろり

15種ほど置く日本酒は一期一会。オリジナルを含む希少な品揃えにワクワクするはず。焼酎も充実

お店からの一言

店主 高橋祐介さん(左)、店長 小澤高弘さん(右)

「持ち帰り用コーヒー付きのランチでも燻製とマグロをぜひ」

和酒×くんせい=バル シシニイクの店舗情報

[住所]東京都千代田区神田須田町1-2-3 山勝ビル1階 [TEL]03-6262-9045 [営業時間]11時半~14時(13時半LO)、17時~22時半(22時LO)、土15時~22時(21時半LO)※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]カウンターあり、全16席/全席禁煙/予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]都営新宿線小川町駅、丸ノ内線淡路町駅A1・A2番出口から徒歩1分


電話番号 03-6262-9045

撮影/瀧澤晃一 取材/市村幸妙

2018年10月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
店主の今村さんが本場スペインで体感したバルの魅力をそのまま神楽坂で再現したような店だ。肉、魚、野菜と目移りする多彩なタパスは美味炸裂のオンパレード。
更新: 2019-08-05 12:00:00
目の前で揚げる本格天ぷら、そして手の込んだ和食、その両方が同時に楽しめるバル……気になるでしょ?その注目の一軒がココ。
更新: 2019-01-16 12:00:00
千駄木『スパイスバル コザブロ』|スパイスを利かせたつまみや焼き物などが豊富に揃うバル。4種類あるカレーの中で注目すべきは「サメのカレー」。
更新: 2019-01-10 12:00:00
 この店は、通りすがりではなかなか見つけられない神田バル横丁の2階にある。スタイリッシュなカウンターで迎えてくれるのは、はんなりした美人女将の村岡さん。
更新: 2019-09-27 15:07:15
6月1日にオープンした鉄道バル。国鉄時代から日本食堂として、列車食堂を営業していた「日本レストランエンタプライズ」が手がけるとあって、“ホンモノ”にこだわる。
更新: 2019-02-20 16:14:27
最新の投稿
「芸者新路」なんていう粋な名前の通りに佇む、創業20年の和食店。しかしこちら、これぞ隠れ家といった裏路地にはあるが、「しーん」とした店ではない。
更新: 2019-10-22 12:00:00
 今年ついに500店舗を突破し、回転寿司チェーンのなかでも絶好調の『スシロー』。直球から創作まで種類が豊富だが、それだけなら他の大手も同じ。
更新: 2019-10-21 12:00:00
別記事で“光り物”で大きく紹介している『銚子丸』だが、「サーモンにも絶対の自信があります」と胸を張る。自慢の「オーロラサーモン」は本場・ノルウェーでも最高品質と評判の「レロイ社」から空輸。
更新: 2019-10-21 11:50:00
 「今までにない味わいのカクテルを作りたい」という店主・清崎さんは、ベトナムにバーを2店舗持つ実力派。彼のカクテルをひと言で表すとすれば“組み合わせの妙”だろう。
更新: 2019-10-20 12:00:00
 今やレベルの高い店が揃うという意味で、フレンチ同様に注目を集める神楽坂イタリアンだが、創業16年のこちらはその象徴ともいえる存在。磨き上げられた木の床に糊の効いたクロスがかかったテーブルがゆったり配された店内は、正統派のリストランテの佇まい。
更新: 2019-10-19 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt