MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
ヒマラヤテーブル(アジア・エスニック/神田)

ヒマラヤテーブル(アジア・エスニック/神田)

国産クラフトビールとネパール料理。一見共通項のない両者によるシナジーが、ビアギークたちをも虜にしている。

ヒマラヤテーブル(最寄駅:神田駅)

国境を超えたコラボにビールファンも唸る!

タップから注がれるのは、店主・久保田さんが惚れ込んだ10社のブルワリーから届くドラフト。店主が足しげく通っていた小岩の名店『サンサール』出身のシェフによる、おだやかなスパイス感のある料理が、個性あふれるビールの風味をさりげなく引き立ててくれる。

鬼伝説金鬼ペールエール HBC431・シムコーVer. パイント、バデレ カリフォーニカパイント、スワンレイク HANAMUSUBI ハーフ
1000円、1250円、750円

サイズはハーフorパイントからチョイス。各ブルワリーの定番商品や限定商品をひと樽ごとに仕入れる。ビールのラインナップはその時で異なり、香りや味わいのバラエティに富む10種類を揃えている

チャナマサラ、チャパティ
1100円、350円

ひよこ豆をたっぷり使ったドライタイプのカレー。あっさりとして、おだやかなスパイス感があり、素朴な味わいのチャパティとの相性ピッタリ

モモ、チャタモリ
750円、650円

(手前)鶏肉を使ったネパール式餃子、(奥)米粉の生地を専用の鉄板で表面はパリッと、中はモッチリ焼き上げる

パニプリ
600円

マッシュポテト入りの揚げ玉に酸味のあるスープを注いでひと口でパクリ。サクサク感が後をひく

お店からの一言

店主 久保田秀樹さん、シェフ マガル マン バハドルさん

「土曜は15時から営業してます」

ヒマラヤテーブルの店舗情報

[住所]東京都千代田区内神田3-5-5 大同ビル2階 [TEL]03-3525-4110 [営業時間]17時~23時(フード21時45分、ドリンク22時半LO)、土15時~23時(フード21時45分、ドリンク22時半LO) [休日]日・祝 [席]カウンターあり、全24席/全席禁煙/予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR山手線ほか神田駅西口から徒歩2分


電話番号 03-3525-4110

撮影/石井明和 取材/菜々山いく子、編集部

2018年10月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「ウランバートル」は両国にある、元小結・白馬のお母さんが経営するモンゴル料理店。夕飯をとる力士との遭遇率が高いので、相撲ファンの女子も集まり、皆がここで羊肉の味に目覚める。[住所]東京都墨田区両国3-22-11 2階
サナギ 食堂 点心爛慢(アジア・エスニック料理/新宿)|JR新宿駅の東南口付近の高架下にオープン。店内は広め、テーブル席、座敷、こたつ席などが約200席ある。
その昔高地を勇壮に走るインカ戦士の強靭な肉体を支えたのは、アンデスの秘草マカだという。侵略者スペインが恐れて栽培を禁止したほど。※ランチタイム有
[インド料理 ムンバイ 銀座店]のグルメ記事と写真のページ。そもそもが暑い国の知恵、発汗、滋養、デトックス効果もあるスパイスマジックに注目。その効果をじんわり味わえる。※ランチタイム有 [住所]東京都中央区銀座4-8-11
看板メニューは「麺線」と呼ばれる台湾式煮込みそうめん。「台湾には専門の屋台が沢山あって、日常食として親しまれている麺料理なんです」と話す佐久間さん。※ランチタイム有
旬を大切にし、素材の持ち味を生かした魚介料理を楽しませてくれる店。そのための魚介は神津島直送の鮮魚をメインに使い、丁寧に端正に仕上げる。
山形は蕎麦の名産地であるとともに、滋味深い食材と風土に育まれた食文化がある。ゆるゆるとその地酒を味わいながら、ならではの旨さを堪能できるのがここの魅力だ。
今年9月で開店40周年を迎えた同店。エキゾチックな雰囲気の店内でいただく医食同源のネパール料理が評判で、中でも名物がこのヒマラヤ鍋だ。
自社のパンと共に都内の名ベーカリーの品を揃え、パンのセレクトショップとしても営業するベーカリーカフェ。パンマニア憧れの品が一同に集まるので、パン好きならば一度は足を運びたいと言われる店だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt