MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
bistro feve(ビストロ/神保町)

bistro feve(ビストロ/神保町)

食材本来の旨みを、自家燻製や各種ソース作りなどの手仕事で引き出す実力派ビストロ。食べると身体中が喜び出すような、素朴で力強いひと皿に出合える。

bistro feve(最寄駅:神保町駅)

素材の味を最大限に高めた力強いひと皿

メインの肉料理は、低温調理でぶ厚くてもしっとり柔らか。塩加減も程よく、赤身が本来持つ肉汁と脂の滋味がじわりと広がる。特に黒豚純血種の柔らかな肉質と風味には驚くはず。店主の妻でパティシエの望さんが作る旬の果物を使ったデザートも絶品だ。

本日のお肉料理より盛り合わせ(黒豚純血バークシャー種のロティ、岩手短角牛 サーロインのロティ)、工藤さんのルッコラサラダ(ハーフ)
3300円、350円

付け合わせのジャガイモは皮を残したまま手で割り、旨みを引き出し、蒸してから揚げたもの。赤ワインのソースが肉の旨みを引き立てる

旬の野菜グリルと
自家製ベーコン
1600円

旬野菜はできるだけ生産者の顔が見えるものにこだわる。皮付き豚の自家製ベーコンと共に

ワインはすべて自然派のもの。農法・製法について信頼できるワインを、飲み頃を見極めてオススメしてくれる

お店からの一言

店主 馬場将吾さん

「大地と生産者が作り出す自然の味をお楽しみください」

bistro feveの店舗情報

[住所]東京都千代田区神田神保町1-44-5 フィオーレ神保町1階 [TEL]03-5577-6040 [営業時間]18時~23時(22時LO)、土18時~21時(20時LO)※ランチ営業あり、要問い合わせ ※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]カウンターあり、全20席/全席禁煙(店舗外で喫煙可)/予約可/カード可/お通し代250円別 [交通アクセス]地下鉄半蔵門線ほか神保町駅A5番出口から徒歩5分


電話番号 03-5577-6040

撮影/小澤晶子 取材/赤谷まりえ

2018年10月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 8.8坪のお店で出すタパスは、気取らないながらも繊細な味付けと美しい盛り付けが魅力。口に含んだ先には、幸せが待っている。
更新: 2019-10-11 12:00:00
神田にあった人気立ち飲みビストロ店が2018年7月に新装オープン。テーブルでゆっくり楽しめる店に。
更新: 2019-10-05 12:00:00
雰囲気はカジュアルなビストロ、しかし確かな食材を使った料理はレストランにも引けを取らない。次々と運ばれてくる洗練されたひと皿に、オーナーシェフ・吉田さんのそんなポリシーが現れている。
更新: 2019-09-09 12:00:00
地元客や観光客で賑わう軽井沢の人気レストラン『RK GARDEN』。その姉妹店が、昨年9月にお目見えした。
更新: 2019-05-14 15:39:09
最新の投稿
「芸者新路」なんていう粋な名前の通りに佇む、創業20年の和食店。しかしこちら、これぞ隠れ家といった裏路地にはあるが、「しーん」とした店ではない。
更新: 2019-10-22 12:00:00
 今年ついに500店舗を突破し、回転寿司チェーンのなかでも絶好調の『スシロー』。直球から創作まで種類が豊富だが、それだけなら他の大手も同じ。
更新: 2019-10-21 12:00:00
別記事で“光り物”で大きく紹介している『銚子丸』だが、「サーモンにも絶対の自信があります」と胸を張る。自慢の「オーロラサーモン」は本場・ノルウェーでも最高品質と評判の「レロイ社」から空輸。
更新: 2019-10-21 11:50:00
 「今までにない味わいのカクテルを作りたい」という店主・清崎さんは、ベトナムにバーを2店舗持つ実力派。彼のカクテルをひと言で表すとすれば“組み合わせの妙”だろう。
更新: 2019-10-20 12:00:00
 今やレベルの高い店が揃うという意味で、フレンチ同様に注目を集める神楽坂イタリアンだが、創業16年のこちらはその象徴ともいえる存在。磨き上げられた木の床に糊の効いたクロスがかかったテーブルがゆったり配された店内は、正統派のリストランテの佇まい。
更新: 2019-10-19 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt