MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
地下の粋(居酒屋/築地駅)

地下の粋(居酒屋/築地駅)

築地の居酒屋「地下の粋」の店舗情報。築地仲卸厳選! カキに旬ありだ!

地下の粋(最寄駅:築地駅)

本日の3種食べ比べセット
1100円

左から浜中(北海道)、弁天かき(大分県)、浜市かき(宮城県)。セットは単品で頼むよりお得。いつもA、B、2セットある

牡蠣とクリームチーズのパテ
680円

かきがふんだんに練りこまれたパテ。ワインが進む

素焼き(手前)
+50円

焼けてるときから香りがたまらんです

西京味噌バター焼き(真ん中)
+100円

地下の粋

[住所]東京都中央区築地4-7-5 築地KYビル地下1階
[TEL]03-6228-4442 
[営業時間]17時~21時半LO 
[休日]日・祝  
[アクセス]地下鉄日比谷線築地駅2番出口から徒歩3分

電話番号 03-6228-4442
2016年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
鷹匠小路を折れた先にある「たぬき小路」。大通りほどの行き来はないが、多くの人が目指す店がある。
旬を大切にし、素材の持ち味を生かした魚介料理を楽しませてくれる店。そのための魚介は神津島直送の鮮魚をメインに使い、丁寧に端正に仕上げる。
和食の安在さん、イタリアンの中澤さん。このふたりがキッチンから得意技を繰り出す、ちょっと個性的な店だ。
前身の醤油屋から合わせると120年以上の歴史を持つ老舗だ。だが、店構えにも店内にも堅苦しさはまったくない。
フルーツブランデーは果物から造られるヨーロッパの蒸留酒だが、日本では認知度の低い存在。世界的にも専門バーはほとんどないという。
創業は戦後間もなく。料亭からはじまり40年ほど前から、関西風うどんすきを出しはじめた。色とりどりの具材は、鶏肉、ハマグリ、湯葉、練り物、野菜など約20種類。
三軒茶屋のすずらん通り沿いにあるバー。3階はオーセンティックなバーだが、2階はクラフトジンを中心としたボタニカル・バーで、雰囲気も接客もカジュアル。
一歩入れば"榎本劇場"の始まりである。音楽は寿司屋らしからぬジャズ。目の前で活きエビを捌いて握るなどカウンターで熟練の技を魅せるのは店の主、榎本さんだ。軽妙な語りも加わり客の気分を盛り上げてくれる。
2016年に開業するや、『ミシュランガイド東京』で、2018、2019一ツ星を獲得した南俊郎シェフの店。テイクアウトで点心や中国茶を販売。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt