MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
撮り鉄の「食」の思い出(56)夏に行きたい、長良川鉄道で駅ごはん&郡上八幡徹夜踊り/1987年~2019年

撮り鉄の「食」の思い出(56)夏に行きたい、長良川鉄道で駅ごはん&郡上八幡徹夜踊り/1987年~2019年

清流の名前をもった第3セクター鉄道が長良川鉄道です。 その名前の通り、ほとんどの区間で長良川に沿って走ります。 もともとは国鉄越美南線(えつみなんせん)、1986年に第3セクター鉄道に転換されました。 この路線の中ほどにあるのが郡上八幡駅。 水と郡上踊りで知られる城下町、郡上八幡への玄関口です……。

夏に行きたい、長良川鉄道で駅ごはん&郡上八幡徹夜踊り/1987年~2019年

清流の名前をもった第3セクター鉄道が長良川鉄道です。

その名前の通り、ほとんどの区間で長良川に沿って走ります。

もともとは国鉄越美南線(えつみなんせん)、1986年に第3セクター鉄道に転換されました。
 
長良川鉄道になったころは、今の車両よりも小さい“レールバス”と呼ばれる車両で運転していました。

また一時期には、風光明媚な風景を活かして、トロッコ列車を運転していたこともある路線です。

開業間もないころの長良川鉄道。レールバスが走っていた(1987年撮影)

こんなトロッコ列車が走っていたこともある(1999年撮影)

現在は通常サイズの気動車で運転されている(2016年撮影)

この路線の中ほどにあるのが郡上八幡駅。

水と郡上踊りで知られる城下町、郡上八幡への玄関口です。

この郡上踊りは、その期間が長いのも有名で、7月中旬に始まり、9月上旬まで会場を変えながら続きます。(日程、会場は郡上八幡観光連盟のHPを確認してください。)

特に盛り上がるのはお盆の時期に4日間行われる徹夜踊り。

午後8時から翌朝4時~5時まで賑わいます。

水と踊りの町を見おろす郡上八幡城(2018年撮影)

もう10年以上前になってしまいましたが、ちょうどお盆の時期に郡上八幡を訪れました。

その日の撮影を午前中で切り上げて町へと向かいます。

民間駐車場に止めてパンフレットを見ていると、駐車場の管理人さんが話しかけてきました。

「郡上踊りは初めて?」

「それだったら、昼間は町を歩いて、夕方から車で寝て、日付が変わってから踊りに行くといいよ。
そのころから盛大になるから」

ていねいなアドバイス、実に助かりました。

宗祇水(そうぎすい)は、
名水百選の1号にも選ばれた(2007年撮影)


まずは町歩きです。

さすがは水の町、どこを歩いても水音が聞こえて、お盆の暑さの中でも涼を感じます。

今でも地元で使われる湧水宗祇水(そうぎすい)は、名水百選の1号にも選ばれた泉。

まろやかで冷たい水です。

町の中を流れる川は、長良川の支流のひとつ、吉田川。

支流といってもかなりの水量です。

この川を渡る新橋から地元の子どもがダイブするのも風物詩になっています。

夕方涼しくなるまで楽しんでから車で休みました。

新橋からのダイブも風物詩。
危ないので観光客はやめましょう(2007年撮影)


そして、日付が変わったころに起きだして徹夜踊りへ向かいます。

山車を中心として、すでに長い踊りの輪ができていました。
 
郡上踊りは誰でも参加可能。

写真を撮ったり参加したりして明け方まで楽しみました。

郡上踊りは誰でも参加できる(2007年撮影)


当時は、徹夜踊りの日には明け方の臨時列車が走っていました。

臨時列車の時間にあわせて郡上八幡駅に向かいます。


明るくなりはじめた空に、踊り疲れた浴衣の人たち。

いい感じです。

徹夜踊り明けの郡上八幡駅(2007年撮影)


この郡上八幡駅は懐かしい佇まいで、大好きな駅舎です。

現地で駅舎をリニューアルするという話を聞いたときには、がっくりくるほどでした。

懐かしい佇まいの旧駅舎(2016年撮影)


2017年には、リニューアルされた駅舎がオープンしました。

イメージが変わってしまったかと、おそるおそる向かってみると……。

見事なほどイメージ変わらず、開業当時のきれいな駅舎に仕上がっていました。

いやいや、嬉しかったです。

イメージ変わらずに美しくなった駅舎(2018年撮影)


この駅舎には、“駅舎カフェ”が入っていて、食事や喫茶が楽しめます。

郡上八幡駅の駅舎カフェ(2019年撮影)


このお店で、まずは水のおいしさにびっくりです。

聞けば、特別な水でなく、このあたりで使っている普通の水とのこと。

さすがです。

もちろん、コーヒーや紅茶もおいしいです。

おいしい水で入れたコーヒーや紅茶は、もちろんおいしい(2019年撮影)



昼食は、ここのおススメメニュー“鶏(けい)ちゃん丼”にしました。

鶏ちゃんは鶏肉を味噌(醤油もあり)で味付けした岐阜県の山間部の郷土料理です。

出てきた丼は、まぁ鶏肉山盛りです!


やわらかい肉にほのかな味噌の味。

おいしいです。

2人でシェアしたのですが、十分おなかいっぱいになりました。

駅舎カフェの鶏ちゃん丼。たっぷりでおいしい(2019年撮影)


この駅舎カフェには駅弁も売っています。

種類は棒葉(ほうば)ずし、ひつまぶし、棒葉いなりと地元料理です。

夕食用に、棒葉ずしを選びました。

郡上八幡駅弁(2019年撮影)

棒葉ずしを購入(2019年撮影)


過去に何度か食べた棒葉ずしは、保存した棒葉を使って作られていました。

今回食べたのが6月のこと。

青いフレッシュな棒葉で作られていました。

いつも以上に棒葉の爽やかな香りが強くて、力が湧いてきそうなおいしさでした。

ほかの季節の棒葉ずし。
保存した棒葉で作られている(2018年撮影)

季節の棒葉ずしはフレッシュな葉で、爽やかな香りが強い(2019年撮影)



次回も長良川鉄道で、鶏ちゃん焼きの車内食です……。


このグルメ記事のライター
佐々倉実@まとメシ

鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、お付き合いください。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
鹿児島本線の門司港駅、現在も建っている駅舎が完成したのは大正初期のこと。 2019年の春、門司港駅がリニューアルしてグラウンドオープンとなりました。 特に駅舎2階にある旧貴賓室は、赤いじゅうたんや調度品がうっとりするほど。 駅舎の内部も、以前よりレトロ感、高級感が増して、これまた美しくなっています……。
いやぁラグビーW杯2019日本大会、面白かったですねぇ。 日本戦はもちろん、ほかの国の試合も、できるだけ見せてもらい、楽しみました。 それにしても、すごかったのが南アフリカ。 で、思い出したのが南アフリカの鉄道。 10年以上前に乗った、プレトリアからケープタウンまでを走る豪華寝台列車ロボスレイルです……。
日高本線は北海道の苫小牧駅から襟裳岬に向かって太平洋沿岸を走り、終点の様似駅まで走る路線です。苫小牧駅から鵡川駅の間は原野を走る区間が多く、鵡川駅から先は海岸線を走る区間が多くて海の車窓が魅力的な路線で、「日高地方」「鵡川」「秋」といえば思い出すのがシシャモです……。
今回は紀州鉄道で出会ったディーゼルカーと、沿線で食べた“せち焼き”です。 私はこの“せち焼き”のことを、まったく聞いたことがありませんでした。 はたして、焼き物なのか、食べ物なのか……?
日本一長い鉄道トンネルや鉄橋、長い名前や短い名前……。 鉄道の日本一の話題はいろいろあるのですが、今回は日本一短いローカル私鉄の話題です。和歌山県の御坊駅と西御坊駅を結ぶ紀州鉄道は、なんと2.7Kmしかありません……。
南森町からほど近くの大阪天満宮にある鉄板焼きの店「gump(ガンプ)」は、「いま旨い店が多い」と評判の飲食店激戦区にある。 シェフの2名はフレンチ出身で、特に“ねらい目”はお手頃価格のランチだ。
『ザ・リッツ・カールトン東京』の寿司店で料理長としてカウンターに立ち、国内外の客の舌を喜ばせてきた店主・朝妻さん。30年以上培った江戸前の技をさらに探求するため昨年11月に独立した。
熱々の韓国石鍋の中で湯気を立てているのは、和牛のすじ肉を2時間煮込み、ひと晩寝かせてとったスープで作るポトフだ。中には玉ネギ、ニンジン、大根、ゴボウと有機農法の根菜がたっぷり入り、塩味のコクあるスープに野菜の甘みが溶け出している。
日光街道沿いに続く商店街の脇道を進むと、ぽっと光がともる小さなお店が。「特上にぎり2500円」という値段からは想像を超えた極上のネタが登場し、舌を巻く。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt