MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
とにかく安い!とにかく旨い回転寿司!|もり一 神保町店(寿司/神保町)

とにかく安い!とにかく旨い回転寿司!|もり一 神保町店(寿司/神保町)

全皿150円!全皿同一料金店であるが、“安さ”だけがウリではない。 ※ランチタイム有

もり一 神保町店(最寄駅:神保町駅)

料金同一回転寿司にありがちな機械握りではないばかりか、シャリ酢には伝統的江戸前寿司に用いられる赤酢を使用。どんな原価計算してるのか不思議になるくらい、ザ・江戸前が次々と握られていく。ひと皿に違うネタを1貫ずつ盛るハーフ注文が可能なのも◎。

〆サバ
150円

〆サバだけは150円の同一価格で、なんとも感動的なことに3貫盛られてくる。サバ好き狂喜!

まぐろ 柚子ふり穴子
150円

旨み濃厚な赤身とゆずを振ることで爽やかに仕上げられた穴子。このようにどんなネタでも「ハーフで」と注文すれば、ひと皿に違うネタを一貫ずつ盛ってくれて150円

もり一 神保町店

[住所]東京都千代田区神田神保町2-24-6
[TEL]03-3262-6194
[営業時間]11時〜22時
[休日]無休
[アクセス]地下鉄半蔵門線ほか神保町駅A3出口から徒歩2分

電話番号 03-3262-6194
2016年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
池袋駅の構内は強豪店が点在する立ち食い寿司の激戦地。2017年6月の開業からまたたく間に行列店に成長したのが東武百貨店内にあるこちら。
更新: 2019-07-10 09:55:10
扉を開ければ真新しい白木のカウンターが目に飛び込んでくる。店の主・石川さんは築地場内で指折りの実力を誇る「岩佐寿し」から独立した。
更新: 2019-05-13 13:52:41
車エビや毛ガニなどの茹で物、穴子やヤリイカなどの煮物、玉子や小肌などの焼き物や〆物…。江戸前の仕事がされたネタが端正に並んだ姿が粋でちょっと惚れ惚れ。
更新: 2019-01-18 12:00:00
ネタとシャリとの一体感こそ、この丼の真骨頂。使用するのは、まったりとしたサーモンに酸味の小肌、歯応えを生むイカやタコなど。
更新: 2019-01-17 18:00:00
色とりどりの華やかな見た目に、まずは食欲をそそられる。たまらず頬張れば、見た目以上の旨さに思わず唸る!
更新: 2019-01-16 18:00:00
最新の投稿
チャイナタウン化する前の西川口からある山東料理系の老舗。西川口B級グルメで優勝した「彩の国黒豚焼きシューマイ」と「煎人餃子(焼き餃子)」は文句なしの名物。
更新: 2019-09-15 12:00:00
昼の献立「潤-JYUN-」は、旬の逸品から始まる。今なら、旬野菜を添えた湯葉のローストビーフ巻き。
更新: 2019-09-14 12:00:00
人形町の人気ランチをグルメ雑誌のライターが実際に足を運んで調査!絶対に食べてほしい絶品店を厳選しました!アクセス抜群のお店や安くて美味しいお得なお店、土日営業のお店など16店舗。店舗情報もあり!ぜひチェックしてください!
更新: 2019-09-13 17:52:35
おっさん女子的に今年初めてのタコライスを食べると、「オレの夏到来!」という気分になるのですが、2019年のオレの夏は早かった……。5月中旬に来ました……。さらに冗談みたいなタコライスで、夏を始めてしまいました……。
更新: 2019-09-13 16:00:00
神田駅西口にある予約のとれない人気焼肉店が3月にオープンさせた、個室主体の2号店。芝浦市場の問屋から仕入れる上質な黒毛和牛を手頃な価格で味わえる。
更新: 2019-09-13 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt