MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
大阪穴場グルメ_新大阪から足を伸ばす価値は大いにアリ! 三国で出会った手作りコンビーフが好きすぎた!/大阪ローカル穴場メシ情報[53]

大阪穴場グルメ_新大阪から足を伸ばす価値は大いにアリ! 三国で出会った手作りコンビーフが好きすぎた!/大阪ローカル穴場メシ情報[53]

食べた瞬間、絶句……! いやはや、またしても人には明かしたくない絶品料理と出合ってしまった。 新大阪駅から歩くこと約15分。阪急三国駅にほど近い場所にある沖縄・九州料理の創作バル「まんた」にその料理はある……。

新大阪から足を伸ばす価値は大いにアリ! 三国で出会った手作りコンビーフが好きすぎた!


食べた瞬間、絶句……!

いやはや、またしても人には明かしたくない絶品料理と出合ってしまった。

新大阪駅から歩くこと約15分。

阪急三国駅にほど近い場所にある沖縄・九州料理の創作バル「まんた」にその料理はある。


「沖縄料理店や居酒屋、洋食、それに地鶏専門店でも修業していました。
オープンして7ヵ月なんですが、この料理はバーで飲んでいたとき偶然に出された料理で、レシピを教えてもらって習得したんです」

こう話すのは、店主の池城柔志さん(36歳)。


その料理とは、「自家製生コンビーフ~バケット添え~」(800円)だ。


このコンビーフは手作りで、完成までに1週間を要すという。

「塩漬けした生肉をほぐしていくと、糸のように切れていくんです」

塩気が強いから生卵を混ぜてマイルドにする。

シーザーサラダのアボカドとの相性も抜群。

ガーリックバターで焼いたバケットの載せて食べれば、いくらでも入っていく。


ウ……ウマイ!

ウマすぎるやないかいっ!!


缶詰のコンビーフとは比べようがない。

肉なんだけど肉ではない食感なのだ。

言うならば、ビーフジャーキーを柔らかくして生にした感じか。


「もともとは宮古島出身で、向こうでもお店をやっていたんですが、大阪出身の嫁と結婚してこちらに移り住んだんです」

とはいえ、料理の腕前は全国どこでも通用する。

「宮崎地鶏の白レバテキ」(800円)は、箸が止まらなくなった。


生レバーの表面をさっと炙る。

すると懐かしの牛のレバ刺しを思い起こす食感に。

表面が焼かれたことで鶏のレバーが硬くなり、噛み応えが生まれて、なおかつ風味が増す。

ごま油と醤油、それににんにくたっぷりの味つけ。

刻み葱ともよくマッチする。


ビールをグビグビ。

続けてレバーを口に放り込む。

あ~タマらん!

このタレが旨すぎて、追ネギをしたいほど。


最後の〆でいただいたのは、店主の出身地である沖縄料理。

「ソーメンチャンプルー」(530円)だ。


この料理も極めていた。

麺はソーメンではなく、冷麦。

「柔らかすぎず、絡みづらいからです。アルデンテでいけますし、長年飲食で勤めた経験で冷麦がベストと覚えました」

人参のしりしりも沖縄風に柔らかくするのではなく、硬め。

このほうが歯ごたえあって、ホンマに美味しい。

沖縄に親族がいる身としては、感嘆さえするできばえ。


オープンしてまだ7ヵ月なのに店内は賑わい、入れないお客まで……。

大阪の口うるさいお客が納得する料理の数々。

見るだけではわからへん。


ご堪能あれ!

沖縄・九州料理創作バル「まんた」
[住所]大阪市淀川区三国本町3-27-7
[TEL]06-7162-6756
[営業時間]月~金 17:00~23:30
      日、祝 16:00~23:00
[定休日]不定休









加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。


このグルメ記事のライター
加藤慶@まとメシ

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
南森町からほど近くの大阪天満宮にある鉄板焼きの店「gump(ガンプ)」は、「いま旨い店が多い」と評判の飲食店激戦区にある。 シェフの2名はフレンチ出身で、特に“ねらい目”はお手頃価格のランチだ。
阿倍野といえばお洒落でちょっとセレブリティな街のイメージがあるが、そのなかで友人に紹介された、昭和な佇まいの酒場がある。 見た目がもう……雰囲気満点。 実はこのお店、ライブ居酒屋としても知られるが、店主自らギターを片手に即興もある。ロックな酒場なのだ。
新規オープンの飲食店が相次ぐ西成は、街全体が大きく変貌を遂げようとしている。 あいりん地区を代表するエリア、三角公園の前にはなんと立ち呑み屋まで出現……。 そんな噂を聞きつけ、いざ潜入してみた!
生野区の新今里で有名な「ブルボン」は、創業47年になる老舗純喫茶だ。 なにを隠そうこの喫茶店、いろいろと“スゴイ”のだ! なかでも日替わりランチの“あるメニュー”は凄まじい人気。 驚きの安さだけでなく、フライものの美味さが破格なのだ。
そろそろ鍋が恋しくなる時期だろう。 悩んだ末、訪れたのは今里にある韓国炉端「万宝家」(マンボーチップ)。生野で家庭的な韓国料理が食せる名店だ……。
南森町からほど近くの大阪天満宮にある鉄板焼きの店「gump(ガンプ)」は、「いま旨い店が多い」と評判の飲食店激戦区にある。 シェフの2名はフレンチ出身で、特に“ねらい目”はお手頃価格のランチだ。
『ザ・リッツ・カールトン東京』の寿司店で料理長としてカウンターに立ち、国内外の客の舌を喜ばせてきた店主・朝妻さん。30年以上培った江戸前の技をさらに探求するため昨年11月に独立した。
熱々の韓国石鍋の中で湯気を立てているのは、和牛のすじ肉を2時間煮込み、ひと晩寝かせてとったスープで作るポトフだ。中には玉ネギ、ニンジン、大根、ゴボウと有機農法の根菜がたっぷり入り、塩味のコクあるスープに野菜の甘みが溶け出している。
日光街道沿いに続く商店街の脇道を進むと、ぽっと光がともる小さなお店が。「特上にぎり2500円」という値段からは想像を超えた極上のネタが登場し、舌を巻く。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt