MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
コンビニ食ダイエット_暑い日は無添加でうまいセブンイレブンの冷凍フルーツ/オヤジのコンビニ食ダイエット(58)

コンビニ食ダイエット_暑い日は無添加でうまいセブンイレブンの冷凍フルーツ/オヤジのコンビニ食ダイエット(58)

長かった梅雨が明けたと思えば、恐ろしく暑い真夏がやってきた!  夏になるとアイスが食べたくなるが、ダイエット中はなるべく低糖質&低カロリーなものを選びたい!  ということで……まぁ、アイスではないんだけど、解凍しないでアイスのように食べても冷たくておいしいということで、セブンの冷凍フルーツをおすすめします。

暑い日は無添加でうまいセブンイレブンの冷凍フルーツ


長かった梅雨が明けたと思えば、恐ろしく暑い真夏がやってきた! 

梅雨時は低温でアイスの売れ行きが悪いというニュースもあったが、これから夏が終わるまでは飛ぶように売れることでしょう!

ということで夏になるとアイスが食べたくなるが、ダイエット中はなるべく低糖質&低カロリーなものを選びたい! 

そこで去年(2018年)の夏はセブンイレブンの冷凍マンゴーを紹介した。

まぁ、アイスではないんだけど……、解凍しないでアイスのように食べても冷たくておいしいということで、今年も引き続きセブンの冷凍フルーツをおすすめします。


現在ではフルーツの種類もかなり増えていて、マンゴー、オレンジ、グレープフルーツ、ブルーベリー、いちご、ぶどう、メロン、チェリーなど、豊富にラインナップしている。

そこから好きなものを選べばいいんだけど、今回は自分がよく買っている「いちご」と「グレープフルーツ」を紹介します。


その前に、なぜ冷凍フルーツがダイエット中にもおすすめかというと、アイスに比べて圧倒的に糖質が少なく、低カロリーであること。

そして甘味料はもちろん、食品添加物も使ってないから、フルーツの自然な甘さや味わいが楽しめるということ。

凍ったまま食べても充分柔らかいので、アイスのように食べられること。

皮をむいたりカットしたりする手間がなく、食べ残してもまたフリーザーで保存できることなど。

とにかく、ダイエット的にはいいことばかりなのだ。

ハイテク凍結技術で、食感や味、みずみずしさや色合いまでフレッシュな果物と遜色なし!


個人的にとくにおすすめなのが「果実そのまま いちご」。

いちごなんて生じゃなきゃ絶対おいしくない!って思ってたけど、見た目も鮮やかだし、びっくりするほどフレッシュな味わい! 

スペイン産のいちごを使っていて、スペインのナイスコールド社が開発した“ナイステック”という凍結技術を採用している。

冷凍しても青果のような味わいをキープし、解凍時のドリップ(液もれ)が少ないのでうまみが逃げることなく、食感も生のフルーツとほとんどかわらないというハイテクな凍結技術だ。

いちご自体は酸味が強めの品種なので、甘いいちごが好きな人にはすすめないが、とにかく解凍しないで食べても、フレッシュないちごを食べているような、口のなかに広がる果実味がすごい! 

セブンプレミアムの冷凍フルーツでナイステックを採用しているのはいちごとオレンジとメロン。

その他のフルーツより値段が少し高いけど、その価値はあると思う。


もう1つ、自分がよく買っているのは「スタールビーグレープフルーツ」。

南アフリカ産のグレープフルーツを使っていて、酸味と甘みのバランスが良く、グレープフルーツ独特の苦みも程よくあっておいしい。

凍ったままでもおいしいけど、少し室温で解凍してから食べるとよりジューシーな食感が楽しめる。

冷凍フルーツは残してもフリーザーで保存できるから、いろんな種類を買っておいて気分によって好きなものを食べてもいいし、ミックスしてスムージーにしてもいい。

厳しく糖質制限してる人は「果物も糖質が多いからダメ」っていうけど、自分は気にせず食べます。

いちごなんて1袋食べても糖質7グラムくらいだから、気にしないでいいレベル。

普通のアイスを食べるより全然少ないですよ。

セブンプレミアム
左/「果実そのまま いちご」278円(税込)
右/「スタールビーグレープフルーツ」200円(税込)

いちごの栄養成分表示。
1袋たべてもたったの34キロカロリー。
糖質も約7グラムと少ないし、
程よく食物繊維を含んでいる。

グレープフルーツの栄養成分表示。
こちらも1袋で糖質12.5グラムで
55キロカロリーと、低糖質&低カロリー。
アイスバーが1本60グラム程度なので、
1袋120グラムはかなりな量ですよ。

いちごの原材料名は、もちろん「いちご」のみ。
甘味料や食品添加物は使われていない。
グレープフルーツも同様で、
原材料は南アフリカ産のグレープフルーツのみ。

いちごはこんな感じで1つずつ半分にカットされている。
色合いが冷凍とは思えないほど鮮やかで、
解凍しなくても柔らかいから
フォークでグサッとさして食べられる。

グレープフルーツは
ていねいに薄皮をむいて冷凍されている。
スタールビーは赤身のある果肉が特徴の品種で、
種がほとんどないから食べやすい。







太田日向(おおたひなた)
食生活の8割がコンビニという40代独身オヤジ。標準体重12キロオーバーのメタボ体型から、約1年で14キロのダイエットに成功。太りにくい体にしようと、調子に乗って筋トレも開始。筋トレに効くコンビニ食も探している。

このグルメ記事のライター
太田日向@まとメシ

食生活の8割がコンビニという40代独身オヤジ。標準体重12キロオーバーのメタボ体型から、約1年で14キロのダイエットに成功!

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
JR東日本を利用している人にはおなじみのコンビニ、ニューデイズで購入したのが、今回紹介するアマタケの「サラダチキン ランチ」シリーズ。 目指したのは「主食になるサラダチキン!」で、ピザ味、鶏めし味といった炭水化物系のフレーバーを採用することで、主食を食べている気分になれるというものだ。
211views 脱メタボ
セブンイレブンでは近年に冬の定番になっている鍋が3種類あり、どれも「1/2日分の野菜」が入っていることがウリで、ヘルシー指向の商品を幅広くそろえる「カラダへの想いこの手から」の対象商品になっている。 なかでも、ダイエット中に選ぶならコレだな!というのが、今回紹介する「1/2分の野菜! 鶏ちゃんこ鍋」だ!
962views 脱メタボ
今回は、ダイエットに最適な食品というわけではなく、チート的な話。 手軽でおいしいカップラーメンを1つ選べといわれたら、やはり日清の「カップヌードル」。 ダイエット中とはいえ、これを食べたくなるときがあるわけですよ……。
989views 脱メタボ
蕎麦は、食物繊維が多くて低GIな食品(※食後の血糖値上昇が緩やかな食品)といわれているが、2019年9月にセブンイレブンの栄養成分表示が見直されたことで、蕎麦は食物繊維がたっぷりであることが、改めてはっきりわかった……。 というわけで今回は、セブンイレブンの「三陸わかめ蕎麦」を紹介します。
1987views 脱メタボ
「お母さん食堂」はファミリーマートが2017年9月から展開している惣菜のブランド。 現在では総菜に加えて冷凍食品も豊富にラインナップされ、自分も酒のつまみを買うときによく利用している。 今回はこの「お母さん食堂」の商品から、ダイエット中にも食べられそうな総菜を3品セレクトしてみた。
1670views 脱メタボ
「マグロが好きで寿司職人になった」と話す店主の本多さんが頑なにこだわり続けるのは、大間をはじめ日本近海で獲れる天然物の生本マグロ。色、艶、弾力、脂のり、それらを納得して仕入れる築地一の上物は神々しいまでに美しく、部位に切り分けて丁寧に処理を施す柵取りは「自分でやらなきゃ気が済まない」と笑う。
JR東日本を利用している人にはおなじみのコンビニ、ニューデイズで購入したのが、今回紹介するアマタケの「サラダチキン ランチ」シリーズ。 目指したのは「主食になるサラダチキン!」で、ピザ味、鶏めし味といった炭水化物系のフレーバーを採用することで、主食を食べている気分になれるというものだ。
211views 脱メタボ
『池田商店』の2号店としてオープン。名物の炊き餃子はすべて店で手包みし、1人前6個。
2019年のトレンド鍋は“発酵鍋”に決まったそうだが、ちょっと無理がある気がするのは私だけでしょうか?  そもそもキムチやチーズも発酵食品なんで、たいして新しくもないワケですが……。発酵食品と言えば、私がひそかに注目しているのが、おやつである。 吉祥寺は発酵系のおやつが充実しているので、今回はココをチェック!
かつて貝類が豊富にとれた江戸で、庶民に親しまれた冬の蕎麦が、この“あられ”。今ではほとんどお目にかかれない古典種物を、明治2年創業の老舗はしっかりと守り続けている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt