MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
冷奴で毎日でも食べたい!都内「おいしい豆腐店」ベスト7選

冷奴で毎日でも食べたい!都内「おいしい豆腐店」ベスト7選

のど越しが良く季節問わずに食べたくなる豆腐!お腹が一杯になるのにヘルシーなのも魅力。ハンバーグやスイーツなど様々な料理の材料にもなるので、多くのレシピも公開されています。ここでは老舗の人気店を中心に、おすすめの豆腐店の情報をお届けします。

はじめに

大豆の加工食品の代表的存在といえる「豆腐」。醤油をかけて、ショウガやネギなどの薬味を添えて食べると、たまらなく美味しいですよね。
スーパーで比較的安く買えますが、せっかくなら豆腐専門店の味を、試してみませんか?!ここではグルメライターが推薦する東京都内で絶対に外せない豆腐店をご紹介していきます!

『三善豆腐工房 キラキラ橘店』(最寄駅:曳舟駅)

▲小糸在来の絹 320円

“生産者の思いも届けられる豆腐作り”を信念とし、店頭には使用する大豆名だけでなく、生産者の名前もズラリと並ぶ。

かつては生産者がふたりしかおらず、「幻の大豆」と呼ばれていた千葉県産「小糸在来」を使用。ひと口含めば豊かな豆の香りが広がって、クリーミーな舌触りと強い甘み、あと引く旨さが堪能できる。

店内にずらりと並べられた賞状。数々の受賞歴があるお豆腐を販売しています。
おすすめの「小糸在来」は、通常の形状のものと、おぼろタイプがありますので、お好みで選びましょう!

▲『三善豆腐工房 キラキラ橘店』外観

■『三善豆腐工房 キラキラ橘店』
[住所]東京都墨田区京島3-22-11
[TEL]03-3613-1088
[営業時間]11時~19時 ※ランチタイム有
[休日]日曜日
[交通アクセス]京成押上線京成曳舟駅2番出口から徒歩10分
※カード不可

『気合豆腐 埼玉屋』(最寄駅:お花茶屋駅)

▲ぜいたく木綿 370円

店主の新井さんは自他共に認める“大豆オタク”。その時々で吟味した、国産大豆や希少な在来種の大豆を巧みに使い分け、それぞれの個性を引き出した豆腐を作り続けている。

「ぜいたく」の理由は水の量を少なくして大豆の美味しさを凝縮しているから。

国産大豆品種のひとつ「玉誉れ(たまほまれ)」で作るこだわりの豆腐は、大豆の甘みを感じられ、しっかりとした木綿ならではの固さもあり、一度食べたらファンになること間違いなし!
何もつけずにそのまま冷ややっこで食べるのがおすすめです。

▲『気合豆腐 埼玉屋』外観

■『気合豆腐 埼玉屋』
[住所]東京都葛飾区宝町2-9-14
[TEL]03-3691-4951
[営業時間]8時~19時半、土曜日・祝日:10時~19時、日曜日:14時~18時
[休日]正月、GW、お盆 カード不可
[アクセス]京成本線お花茶屋駅南口から徒歩8分

『さとみや豆腐店』(最寄駅:駒込駅・田端駅)

▲ざる豆腐

人気商品のひとつが写真のざる豆腐(400円)。
余計な水分を落とし、大豆の風味がぎゅっと濃縮されている。

絹豆腐や木綿豆腐などの定番をはじめ、変わった種類のがんもなど豊富なメニューで楽しませてくれるお店。
中でも一番人気は佐賀産一等大豆100%で作る「ざる豆腐」!コクと甘みが抜群です!

▲『さとみや豆腐店』外観

■『さとみや豆腐店』
[住所]東京都北区田端4-6-16
[TEL]03-3828-3072
[営業時間]7時~19時半 ※ランチタイム有
[休日]日曜日
[アクセス]JR駒込駅から徒歩5分

『小野田豆腐店』(最寄駅:落合駅)

▲四代目絹

ご近所さんやお使いの子どもたちが続々と訪れる、一見普通の“街のお豆腐屋さん”だが、手間暇かけて丁寧に作られた絶品の豆腐がいただける。

「四代目絹」は大豆の深い香りが余韻を残すので、何もかけずそのままで十分旨い。元板前という経歴をもつ当代が自信をもって作る必食の豆腐だ。

北海道産「音更(おとふけ)大袖振」という大豆で作った「四代目 絹」は、程よい弾力を感じながらもふわりととけるような柔らかさ。クリーミーで濃厚な味です。
原材料がしっかりと明記された、シンプルなパッケージも好感が持てます。
豆乳も人気で、これを目当てに訪れるお客さんもいるそう!

▲『小野田豆腐店』外観

■『小野田豆腐店』
[住所]東京都中野区東中野5-25-6
[TEL]03-3371-8391
[営業時間]10時~19時半 ※ランチタイム有
[休日]日曜日・祝日
[アクセス]地下鉄東西線落合駅3番出口から徒歩8分
※カード不可

『豆富司みしまや』(最寄駅:武蔵新田駅)

▲できたておぼろ(大)370円※火・木・金のみ販売。(小)270円もあり

その名の通り、出来たてで温かなおぼろ豆腐は、ふわふわとした口当たりで沁みわたるような繊細な甘み。ひと口頂けば、何ともやさしい気持ちになる。

創業50年の老舗豆腐店。とにかくまろやかで、大豆の味が濃いです!
人気の店頭販売は、大きな鍋から温かいできたてのお豆腐をよそってもらうこともできます。聞いただけでもわくわくしますね!

▲『豆富司みしまや』外観

■『豆富司みしまや』
[住所]東京都大田区矢口2-5-14
[TEL]03-3759-7750
[営業時間]早朝~19時半
[休日]日曜日・祝日
[アクセス]東急多摩川線武蔵新田駅2番出口から徒歩8分
※カード不可

『とうふ杉寅』(最寄駅:築地駅)

▲やわらぎ、よもぎ豆腐 ともに290円

近隣住民が買いに来るだけでなく、50軒を超える銀座の名店や料亭などにも豆腐を納めている店。

“半熟豆腐”とも呼ばれる「やわらぎ」。爽やかな香りの「よもぎ豆腐」は、お好みで黒蜜か藻塩を付けてくれる。

佐賀県産の「フクユタカ」を使用して作った豆腐たち。人気の「やわらぎ」は、なめらかでふわっふわしていて、デザートのような感覚でいただけます。
定番の木綿豆腐、がんもどき、揚げ豆腐、胡麻豆腐などのほかにも、おやつに食べたい「杏仁豆華」など、何度訪れても飽きさせないほど種類が豊富なのも魅力です♪

▲『とうふ杉寅』外観

■『とうふ杉寅』
[住所]東京都中央区築地7-15-13 セブン築地1C
[TEL]03-3541-9598
[営業時間]8時~18時半、土曜日:8時~18時
[休日]日曜日・祝日
[アクセス]地下鉄日比谷線ほか築地駅1番出口から徒歩6分
※カード不可

『星豆腐店』(最寄駅:十条駅)

▲豆乳 120円

懐かしい雰囲気を漂わせる、1958年から十条で営業する老舗。豆乳は大豆本来の甘みと香りが楽しめる極上品。

冷奴だけじゃない!豆乳にもご注目!!
豆乳は豆腐を作るときに、くだいた大豆を煮て絞ったときに出る白い液体です。
栄養素が豊富に含まれていると言われ、飲みやすく加工されたものがスーパーなどで手軽に手に入りますが、ぜひ豆腐屋さんの豆乳も味わってみてほしいです!できたての豆乳は格別!
こちらのお店で味わえる豆乳は、濃厚で大豆らしさをダイレクトに感じられると評判です♪

■『星豆腐店』
[住所]東京都北区十条仲原2-3-9
[TEL]03-3907-1159
[営業時間]10時〜売り切れまで
[休日]日曜日
[アクセス]JR東十条駅から徒歩7分

おわりに

気になる豆腐店は見つかりましたか?ぜひ足を運んでみてくださいね!

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
初心者でも失敗しない、超簡単で美味しいBBQレシピを伝授します!シンプルな焼き物からつまみ、デザートまで。ポイントさえ守れば、あとは楽勝!大人から子供までやみつきの美味しさです!これであなたもバーベキューレシピの達人!?
更新: 2019-08-07 13:13:21
みんな大好きなスイーツの代表「パフェ」♪フルーツとアイスクリームや生クリームの甘い組み合わせが本当に美味しいですよね!インスタ映えする可愛いものもたくさん!ここでは専門店やファミレスなどで食べられる、人気のお店を厳選してご紹介します。
更新: 2019-07-31 11:51:32
人気グルメ雑誌のライター陣が厳選した極上のとんかつが味わえる、東京都内で殿堂入りのおすすめ店をエリア別ご紹介。ジューシーな脂身のロース派も、赤身の旨みが際立つヒレ派も、必ず満足してもらえる名店ばかりです!
更新: 2019-08-18 12:48:51
あなごといえば甘いタレの丼飯が定番でしょうか!煮ても焼いても揚げてもおいしく、濃厚な味が特徴のお魚です。切り身を購入して自宅で食べる人も多いため、料理レシピも充実していますが、ここでは外食でアナゴを食べるなら外せない人気店をご紹介します!
更新: 2019-07-26 11:22:52
おしゃれな街「自由が丘」でランチをするなら絶対に外せない4店をご紹介!ランキング常連の人気店をはじめ、グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩いて見つけた本当に美味しいお店ばかりです!【料理写真あり】
更新: 2019-05-16 09:51:06
最新の投稿
熱々のうなぎとご飯をほおばると、脂のコクとタレの甘みを感じつつもすぅっと溶けるような食べ心地。大串がのる鰻重でも、最後まで飽きることなくお年寄りから子どもまでパクパクと箸が進んでしまう。
更新: 2019-08-18 12:00:00
湿性花園やあやめ池を散策して高原を満喫したら本格イタリアンの『アルピナ』へ。山の上で新鮮なサラダや、薪の窯で焼きたてのピッツァを食べられるとは、なんとも贅沢。
更新: 2019-08-17 12:00:00
食べた瞬間、絶句……! いやはや、またしても人には明かしたくない絶品料理と出合ってしまった。 新大阪駅から歩くこと約15分。阪急三国駅にほど近い場所にある沖縄・九州料理の創作バル「まんた」にその料理はある……。
更新: 2019-08-16 15:55:00
「冷麦始めました」に夏の到来を感じる目にも舌にも涼やかな極上ののど越し!
更新: 2019-08-16 12:00:00
先日、東北の日本海側の羽越本線を走る快速列車“きらきらうえつ”が廃止されて新型の観光列車になると発表がありました。 一時期はパンフレット用の写真も担当させていただいていただけに、やはり寂しいです。撮影に行ったときのお話と、以前乗車したときのおいしいもののお話です……。
更新: 2019-08-15 16:55:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt