MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
吉祥寺グルメ情報_吉祥寺の美味しいキッチンカー事情の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(107)

吉祥寺グルメ情報_吉祥寺の美味しいキッチンカー事情の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(107)

某企業の某偉い人の取材のために立派なオフィルビルを訪れたおっさん女子が、最上階から窓の外を眺めていると、お昼時だったのでキッチンカーが5~6台ズラリと並んでいた。 「キッチンカー、流行っているんだな〜」と考えつつ、オフィス街でもない吉祥寺でキッチンカーといえば『ヨシダゴハン』でキマリだな! と……。

吉祥寺の美味しいキッチンカー事情の件


2018年の夏、某企業の某偉い人の取材のために、立派なオフィルビルを訪れたおっさん女子だったが、取材&撮影準備をしつつ、最上階から窓の外を眺めていると、お昼時だったのでキッチンカーが5~6台ズラリと並んでいた。

よくよく観察していると、行列しているキッチンカーと、そうでないキッチンカーが一目瞭然。

世間話的に広報の方に聞いたら、キッチンカーを取りまとめている会社にオーダーして出店しているとこのこと。

また数ヵ月かごとに入れ替えがあるし、美味しい店&人気店は残したりもする、と言っていた。

ちなみに、そのとき行列ができていたのは、和食系のキッチンカーであった。


吉祥寺はオフィス街でもないし、私が会社勤めもしていないので、キッチンカーに縁遠いワケですが、キッチンカーといえば、土日祝は吉祥寺の店舗、平日はキッチンカーで都内のオフィス街に出張している『ヨシダゴハン』なワケですよ(連載16回参照)。

そして『ヨシダゴハン』のキッチンカーは、どう考えてもオフィス街でも人気店だ! 間違いない!


一方、吉祥寺のキッチンカーといえば、ヨドバシ裏のガレージを拠点にしている『ガレージ××』。

ちなみに××は数字ね。

GO!っていう感じの数字(笑)。

キッチンカーにピザの釜があって、テイクアウト&イートインもできるし、1枚500円~で美味しいし、地元民ファンも多いので、いまさらおっさん女子が紹介しなくても、地元民はみんな知ってるわよ!っていう感じだよね(苦笑)。

しかし、ガレージにキッチンカーがすっぽり収まっているため、キッチンカー感(そんなもんあるのか)が薄いんですけどね(笑)。

イラスト/小豆だるま



そんな吉祥寺にも、微妙にキッチンカーブームが訪れています。

ヨドバシ前には、現状、2台ありますけど、ドリンク類やアイス、クレープなんかが中心で、ちょっと原宿っぽいので、おっさん女子的には関係がないためスルーしていました。

しかし、昨年秋ぐらいから、丸井前と横にキッチンカーが出店しているんです。

そのなかで、おっさん女子が激しく推したいのが、ベトナムのバインミーのテイクアウト専門店『B★サンドイッチ』のキッチンカーです。

今年の1月から3月末までの限定出店っぽかったけど、4月以降も継続しているようなので、この夏の間は営業していると踏んで、見切りでご紹介だ(苦笑)。


店名がズバリなんで、イニシャルの意味すらないのですが(笑)、フランスパン+なます的な野菜+メインの具=バインミーが、常に数種類あります。

これがですね、ヤバいんです。

めちゃめちゃ美味しいの! 

高田馬場に本店があって、そこはかなりの有名店のようです。

あのマツコも食べたみたい。


実はわたくし、ハマりまくって定番の6種類全部食べましたが、全種類おいしい(笑)。

とにかく自家製のフランスパンが素晴らしいです。

「ふわもち」です! 

ちなみに本店では、具なしのパンだけも売っている模様。

やっぱり人気なんだな。

美味しいもん、このパン。

私はパンにかなり適当なおっさん女子ですが、パンにこだわっている人が食べたら、唸るぞ、これは!

メインの具は好みがあると思いますが、私はベトナムハム推しです。

具沢山なんで1個でめっちゃ大満足。

高温多湿で食欲が落ちる時期に激しくお勧めです。

おっさん女子的2019年前半の大ヒット!

あと、お店の人の笑顔がいいです。



吉祥寺は限定出店には変わりなさそうなので、とりあえず見かけたら食べたほうがいいよ。







天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。




小豆だるま
高校の国語教員を経てイラストレーター・漫画家になる。ギャグとシリアスを行ったり来たりする作風で雑誌・書籍・webなどで活躍中。著書は「日々ズレズレ」(小学館)その他。好物はタイ料理と辛いもの。


このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
2019年のトレンド鍋は“発酵鍋”に決まったそうだが、ちょっと無理がある気がするのは私だけでしょうか?  そもそもキムチやチーズも発酵食品なんで、たいして新しくもないワケですが……。発酵食品と言えば、私がひそかに注目しているのが、おやつである。 吉祥寺は発酵系のおやつが充実しているので、今回はココをチェック!
恥ずかしいことを告白するが、私はごはんを食べるときに頭を使うのが苦手なおっさん女子である。 そんな私なのだが、吉祥寺にこれは私に対する挑戦だろうか? という店が10月にできてしまった。北海道で人気のスープカレーの店『S』である……。
2019年、私が最も苦労した仕事は、毎日を丁寧に生きて、ナチュラル志向、食事や環境にも意識高い系、年齢を重ねても美しい……、みたいな女子向けの仕事でした。 “石田ゆり子を降臨させて書いて”という超無茶ぶり……。 おっさん女子の私が、石田ゆり子を降臨させるために、無理をして行った吉祥寺の店をご紹介しましょう……。
ご当地グルメ……。私の中では宮崎県が最強だと思っていた。 冷や汁、肉巻きおにぎり、そしてマンゴーも美味しい……。そんな宮崎県LOVEの私だが、この夏、ライバルが吉祥寺に登場した。栃木県である! 
日々の仕事の不条理から生じる“やってらんない”感は、食べ物にそれなりのお金を投入&満足度を加速させ、自分を甘やかす作戦のおっさん女子です。 吉祥寺にはケーキ屋、カフェ、喫茶店などがムダにたくさんあるため、スイーツ入手には事欠かないのですが、今回は、やってらんない感を解消するためのスイーツを紹介します!
「マグロが好きで寿司職人になった」と話す店主の本多さんが頑なにこだわり続けるのは、大間をはじめ日本近海で獲れる天然物の生本マグロ。色、艶、弾力、脂のり、それらを納得して仕入れる築地一の上物は神々しいまでに美しく、部位に切り分けて丁寧に処理を施す柵取りは「自分でやらなきゃ気が済まない」と笑う。
JR東日本を利用している人にはおなじみのコンビニ、ニューデイズで購入したのが、今回紹介するアマタケの「サラダチキン ランチ」シリーズ。 目指したのは「主食になるサラダチキン!」で、ピザ味、鶏めし味といった炭水化物系のフレーバーを採用することで、主食を食べている気分になれるというものだ。
208views 脱メタボ
『池田商店』の2号店としてオープン。名物の炊き餃子はすべて店で手包みし、1人前6個。
2019年のトレンド鍋は“発酵鍋”に決まったそうだが、ちょっと無理がある気がするのは私だけでしょうか?  そもそもキムチやチーズも発酵食品なんで、たいして新しくもないワケですが……。発酵食品と言えば、私がひそかに注目しているのが、おやつである。 吉祥寺は発酵系のおやつが充実しているので、今回はココをチェック!
かつて貝類が豊富にとれた江戸で、庶民に親しまれた冬の蕎麦が、この“あられ”。今ではほとんどお目にかかれない古典種物を、明治2年創業の老舗はしっかりと守り続けている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt