MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
吉祥寺グルメ情報_まだまだ残暑! 吉祥寺で冷たい“うどん&そば”を食べるなら、の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(110)

吉祥寺グルメ情報_まだまだ残暑! 吉祥寺で冷たい“うどん&そば”を食べるなら、の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(110)

白飯至上主義なので、うどん屋、そば屋と縁が薄いおっさん女子である……。 しかし、夏は米がしんどい季節でもあるので、麺類も食べるおっさん女子だよ。 ということで、吉祥寺で冷たい“うどん”と“そば”を食べるなら、ココだよ、というお店をご紹介だ!

まだまだ残暑! 吉祥寺で冷たい“うどん&そば”を食べるなら、の件


白飯至上主義なので、うどん屋、そば屋と縁が薄いおっさん女子である……。

しかもそば屋に入ったにもかかわらず、米の魔力に負けてカツ丼を頼んだりもするし……(連載81回参照)。

しかし夏は米がしんどい季節でもあるので、麺類も食べるおっさん女子だよ。


ということで、吉祥寺で冷たい“うどん”と“そば”を食べるなら、ココだよ、というお店をご紹介だ!

イラスト/小豆だるま


吉祥寺駅からだと徒歩15分以上かかるけど、うどんなら『S石』!


まずうどん屋。

吉祥寺って意外にうどん屋が少ない気がするんだけど……。

そこでおすすめなのが、成蹊大学正門前の『S石』です。

吉祥寺駅からだと15分以上かかるかなぁ。

小さな店だけど、自家製手打ちで、コシがあって美味しいです。

ちなみに接客もすごくいい! 

うどん屋さんだから、みんなサッと食べてサッと帰る系なんだけど、うどんを出してくれるときに、「ごゆっくりどうぞ」って言ってくれるのであった。

いや、ごゆっくりしないけど、でも気持ちはウレシイです、みたいな感じになるんですけどね(笑)。

あと混みあってきて、おひとり様がカウンター席を詰めるケースがあるけど、そのときも、ちゃんと「お食事中すみません」とかね、声かけにお人柄が出てるよ。

ちなみに、そういうのがスタッフさんにも浸透しているので、とても気持ちいのいい店です。

私はうどん屋では、鶏天系がデフォルト(72回参照)。

ここでも鶏天ぶっかけ(880円)をチョイス。

ぶっかけは、温冷どちらもあるんだけど、夏は冷たいのがいいよね。

周囲を見回すと、わりとみんな思い思いの好きなメニューを食べている感じだけど、天ぷらをオプションで頼んでいる人が多い。

ちなみに鶏天ぶっかけは、鶏天が3つも乗っていて、揚げ方もジューシー&サクサクで超美味しいです。

この鶏天で、白いご飯を食べたい……(苦笑)。

ほかの天ぷらも押して知るべし! 

美味しいことは、間違いない! 

『S石』では天ぷらを視野に入れることがおすすめです。

ちなみに麺が売り切れると、閉店だ! 

気を付けろ! 

味、接客には何の文句もないほど、好きな店だが、文句があるとしたら、いつも混んでます……(涙)。

そば屋は、駅近で隠れ家的存在が地元民に人気の『H』


そして、そば屋。

そば屋は駅近で、隠れ家存在と地元民にファンが多い『H』。

吉祥寺駅北口を出てすぐの地下でーす。

ここは5色そばが人気ですが、私はそばを5枚も食べられないので、3色そばが定番です。

3色の内訳は、1枚目せいろそば、2枚目変わりそば、3枚目田舎そばです。

変わりそばは日によっていろいろあって、チョイス可能。

私は定番っぽい「白雪」が好きです。

シャキシャキ&あっさり系の白いそばです。

変わりそばは、茶そば、胡麻、とか、いろいろあります。

季節によって、桜そばとか、ゆず切りとか、もあるよ。

ちなみに5色そばを頼むと、せいろ+田舎そば+変わりそばが3種類っていう感じの構成だね。

あとねー、6月くらいから甘酒出してるのよ! 

ノンアルコールの甘酒なんだけど、甘酒は夏バテにいいよ。

飲む点滴って言われているので、夏バテ気味の人は、オーダーして!










天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。




小豆だるま
高校の国語教員を経てイラストレーター・漫画家になる。ギャグとシリアスを行ったり来たりする作風で雑誌・書籍・webなどで活躍中。著書は「日々ズレズレ」(小学館)その他。好物はタイ料理と辛いもの。


このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
性格が子どもじみているのかもしれないが、私は混ぜる食べ物が大好きである。 そんな混ぜるの大好き! おっさん女子的に混ぜたい食べ物の王道は、石焼ビビンバだ。 そして吉祥寺で石焼ビビンバを食べるのは、ダイヤ街のビルの2階にある『D韓』です。 食べ盛りの若い男子は、ランチ食べ放題がおすすめだよ。
小学校時代、私はトーストしていない食パンが大嫌いだった……。 そして小学校を卒業する時に誓ったのでした……。「もうトーストしていない食パン(サンドイッチは除く)は二度と食べない!」と。 しかし、今は21世紀で、令和で、食パンブーム……。 最近、生で食べても美味しい“生食パン”っていうのがあるらしいじゃない……!
実は私、吉祥寺で飲みません(笑)。もっと言うと、家飲みもしません。 そんな私ですが、2019年~2020年にかけて(現在進行形)、仕事などで“もーやってらんない”という事があまりに多すぎた。そして食べ物にお金を投入して自分を甘やかしてきた……。 そこで私は、ついに禁断の吉祥寺昼飲みを、仕事が休みの週末に限定で解禁してしまったのでした……。
吉祥寺のオシャレカフェをディスりがちな、おっさん女子です。 しかし私にもディスれないっていうか、けっこう好きかも、というオシャレカフェが吉祥寺にあります……。 それはアトレ吉祥寺本館1Fの『S』。 間違いなくオシャレカフェなんだけど、フードメニューがなぜか昭和なのよ……(笑)。 たぶんコンセプトのひとつだと思うんだけどね。
今年もやるぞ、2019年の一皿。 おっさん女子が選ぶ「吉祥寺の一皿」は、四川料理『Y』の麻婆豆腐に決定!  やっぱ四川料理って言ったら麻婆豆腐だろ! ここの麻婆豆腐は、辛さが、普通、中辛、激辛の3段階。さらに痺れが、普通、中辛、激辛の3段階になっております……。
鎌倉は由比ヶ浜で人気の古民家の蕎麦屋『鎌倉 松原庵』。その趣と味を持ち込み、表参道のけやき並木を見下ろす空間は、一瞬どこにいるか忘れる風情だ。
希少部位の握りに、目の前で炙った赤身の七輪焼き。とび切りの黒毛和牛をハイコスパで味わうならば、ここを訪れるべし!
ドイツで100年以上愛されているバウムクーヘン。卵、バター、小麦粉など素材の味が広がる素朴な美味しさは万人受け間違いなし。
創業して52年目。 その老舗そば店は、京都洛北の大幸寺にルーツがある。 時代は江戸まで遡る。300年以上伝承されてきた「そば打ち秘伝」「つけ汁仕立て御式」を受け継いだのが「そばよし LINKS UMEDA店」だ。
性格が子どもじみているのかもしれないが、私は混ぜる食べ物が大好きである。 そんな混ぜるの大好き! おっさん女子的に混ぜたい食べ物の王道は、石焼ビビンバだ。 そして吉祥寺で石焼ビビンバを食べるのは、ダイヤ街のビルの2階にある『D韓』です。 食べ盛りの若い男子は、ランチ食べ放題がおすすめだよ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt