MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
セバスチャン(スイーツ/渋谷)|独創的なドルチェ氷が一年中楽しめる

セバスチャン(スイーツ/渋谷)|独創的なドルチェ氷が一年中楽しめる

フレンチのシェフをしていた「セバスチャン(Sebastian)」の店主が、その技法を生かしたソースやピューレを使用。妥協なしのドルチェ氷がいただける。

Sebastian|セバスチャン(最寄駅:代々木公園駅)

マンゴーのショートケーキ
1100円

2種の生クリームをブレンドさせ、氷と見事にマッチ

秋は栗、冬にはリンゴを使ったり、クリスマスにはブッシュドノエルも登場予定!(予約制)。

Sebastian

[住所]東京都渋谷区神山町7-15 102 ☎03-5738-5740 [営]14時~19時LO、土・日・祝11時半~19時LO ※売り切れ次第、予約締切 [休]水 [席]18席 [交]渋谷駅から徒歩15分、小田急小田原線 代々木八幡駅から徒歩12分、東京メトロ千代田線 代々木公園駅から徒歩10分

電話番号 03-5738-
5740
2015年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
フルーツパルフェやパンケーキ、フルーツサンドなどで旬のフルーツを存分にいただける果物専門店。写真は朝11時まで提供しているモーニング。
更新: 2018-12-03 14:45:11
夜パフェ専門店 Parfaiteria beL(パフェテリア ベル)/スイーツ/渋谷|飲みの〆といえば、麺やご飯。しかし、札幌の街は違う。なんと、パフェを食べるのだ。
更新: 2018-05-31 12:00:00
下町うまいもん散歩 柴又特集掲載店。『男はつらいよ』の1~4作まで、実際に映画の撮影で使用され、現在建物自体は新しくなっているが、当時の階段は今もまだ残っているお店。 店内で食べる草団子は350円。
更新: 2018-02-27 18:00:00
“スペールフルッタ”という店名は、イタリア語で「偉大な果実」という意味。そのまま食べて美味しい旬の果物を、店内の工房で手間ひまをかけてジェラートにしている。
更新: 2018-02-15 22:00:00
最新の投稿
モダンな店構えのイタリアンバルが、昼は名物の長崎ちゃんぽんをはじめ、皿うどん、カレーちゃんぽん、極旨辛の炎のちゃんぽんまで、6種類のちゃんぽんを提供。豚骨、アサリ、野菜を5時間以上煮込んだ白濁スープはマイルドでクリーミーな味わい。
更新: 2019-04-20 12:00:00
2017年春、中央線の高架沿いに出現した「高円寺アパートメント」。1階には6つの個性的な店が軒を連ねる。
更新: 2019-04-19 12:00:00
肉の専門店『万世』が手がけるラーメン屋のパーコー麺だ。むっちり弾力があって食べ応え充分なパーコーに、あっさりしつつもコクのあるスープ、プレーンな感じのラーメンがやけに合う。
更新: 2019-04-18 14:55:41
こんな店を待っていた! と思わせる新星が登場した。一見オシャレな立ち呑みだが、奥にはカウンターやテーブル席もあり、ゆっくりくつろげる。
更新: 2019-04-18 12:00:00
天王寺区の桃谷といえば、区役所や警察署、それに総合病院までが密集する閑静な住宅街。 ここに地元民に愛される洋食屋がポツンとある。 その名も「ボナンザ」。 マスコミ初登場の老舗洋食屋でオープンして約40年が経つそうだ……。
更新: 2019-04-17 16:05:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt