MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
森乃園(カフェ/人形町)

森乃園(カフェ/人形町)

産地、グレード、焙煎の火加減、茎の有無などさまざまな組み合わせで30種以上揃うほうじ茶の中から、鹿児島産の「極上ほうじ茶」をセレクト。濃く抽出しても渋くならず、スイーツにしてもしっかりとした風味と味わいを再現できるそう。

森乃園(最寄駅:人形町駅)

多彩な組み合わせでほうじ茶の奥深い味わいを再認識

ひと口目のほうじ茶ホイップのやさしくも豊かな香りから始まり、羊羹のようになめらかなほうじ茶ゼリーのコクのある甘み、さっぱりと締めてくれるほうじ茶の寒天など、その奥深さは驚きの連続だ。パフェのために作られたほうじ茶餡の最中も絶妙なアクセント。これぞ、ほうじ茶パフェの最高峰だ。

ほうじ茶パフェ
1080円

途中からミルクアイスが混ざっていくクリーミーな味わいも◎

自家製ほうじ茶かき氷
1609円

ホイップには静岡県本山茶、シロップは表面が「極上ほうじ茶」、真ん中と底は種子島産と多彩なほうじ茶を使用

お店からの一言

部長 野村綾さん

「ほうじ茶尽くしを心ゆくまで楽しんでください」

森乃園の店舗情報

[住所]東京都中央区日本橋人形町2-4-9 [TEL]03-3667-2666 [営業時間]12時~18時(17時LO)、土曜・日曜・祝日:11時半~18時(17時LO) ※ランチタイム有 [休日]無休 [座席]全31席/全席禁煙/予約不可/カード可/サなし、お通し代なし [交通アクセス]地下鉄日比谷線ほか人形町駅A2番出口から徒歩1分


電話番号 03-3667-2666

2018年8月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 改札の内側と外側のそれぞれから利用でき、全62席と席数が多いことが大きな特長。たっぷりの野菜を使った写真の「ガッパオ」のほか、サラダやサンドイッチなどフードが充実。
鎌倉駅前で51年間。地元でずっと愛されているサイフォン・コーヒーと美味しい軽食。
スキー場として有名な湯沢高原だが、オフシーズンも大賑わいだ。展望のいいウッドデッキと『雲の上のカフェ』が昨年オープン。
山頂駅の2階にある『志賀高原クランペットカフェ』へ。暖炉に大きなソファ、サッカーゲームまであり、イギリスの家庭に招かれたかのようだ。
地上1900メートルの清里テラスにリフトで10分。秩父連峰や富士山、南アルプスが見渡せるおしゃれなウッドデッキがあるとは聞いていたが、まさか酒樽ほどの大きな丸いソファベッドをいくつも並べたザ・高原リゾートが出現しているとは思ってもみなかった。
今回はパスタについてのお話。なので、紹介する商品が必ずしもベストな選択ではないかもしれないけれど、「ダイエット中の炭水化物はパスタもおすすめですよ〜」、「パスタを選ぶときはここに注意しましょう!」といった話をしますので、ぜひ参考にしてください。
201views 脱メタボ
和食の安在さん、イタリアンの中澤さん。このふたりがキッチンから得意技を繰り出す、ちょっと個性的な店だ。
前身の醤油屋から合わせると120年以上の歴史を持つ老舗だ。だが、店構えにも店内にも堅苦しさはまったくない。
小学校時代、私はトーストしていない食パンが大嫌いだった……。 そして小学校を卒業する時に誓ったのでした……。「もうトーストしていない食パン(サンドイッチは除く)は二度と食べない!」と。 しかし、今は21世紀で、令和で、食パンブーム……。 最近、生で食べても美味しい“生食パン”っていうのがあるらしいじゃない……!
話題のブティックホテルの1階ラウンジにあるバーは、従来のホテルバーとは全く異なる開放的な空間。オリジナルカクテルはチーフバーテンダー・齋藤隆一さんと水岸直也さんによるもので、環境への配慮や地元貢献など、ホテルの5つのコンセプトに沿ってデザインされている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt