MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
話題の調理グッズCHECK[35] なんだか気になる! 新感覚ホイッパー、WMFシリコーンボウルウィスク

話題の調理グッズCHECK[35] なんだか気になる! 新感覚ホイッパー、WMFシリコーンボウルウィスク

なんに使うのかなぁ~? この形……。 よく行くキッチングッズ屋さんで、ずっ~と気になっていたキッチンツールがあります。 じ〜っと手に取って見ていたらお店の方が、「これ、『泡立て器』ですよ~!!」だって。 え~、これで混ぜる?? さっそく、チェキってみたばい……!

なんだか気になる! 新感覚ホイッパー、WMFシリコーンボウルウィスク


なんに使うのかなぁ~? この形……。

よく行くキッチングッズ屋さんで、ずっ~と気になっていたキッチンツールがあります。

じ〜っと手に取って見ていたらお店の方が、「これ、『泡立て器』ですよ~!!」だって。

え~、これで混ぜる??

さっそく購入して、使い心地をチェキってみたばい……!

WMFシリコーンボウルウィスク27cm
サイズ/長さ27×幅5.5×高さ4㎝
重量/約84g
材質/取っ手ステンレス鋼、本体一部シリコン(耐熱温度200℃)
原産国/中国(企画ドイツ)
価格/¥3,000(税別)


メーカーのWMFについてググッてみました。

WMF(ドイツ語だから「ヴェ-エムエフ」)は、1853年、ドイツのガイスリンゲンに金属製品会社として設立され、1862年ロンドン万国博覧会では銀メッキの食器や調理用具が受賞。

1889年に銀メッキのカトラリーの生産を始め、戦後、アルミ二ウム製・スチール製のフライパンの需要が多く、鍋、キャセルロールを生産し、その後1927年、圧力鍋が大ブームになったみたい。


そして、この時代から外食産業向けのコーヒーマシンも生産開始したそうです。

圧力鍋もコーヒーマシンもこの時代からあったんですね……。

このアイテム最大の特徴は、
先端についた11個のボール。


ということで、この商品について。

先端に11個のボールが付いていることで、ムラなく素早く混ぜることができるらしい。

まん中に、大きめのボール付きワイヤーが1本。

そのまわりに、やや短い10本のワイヤーが斜めに広がり、10個のボールで囲むように作られている。


たしかに、スタイリッシュな形状……。

斜めになっているのも意味があるのかなぁ~?

ボールにふれると、ぶるぶる~っと揺れる。

動画で伝えられないのが、残念。


この振動でよくかき混ざるのかも。

先端を横から見ると、
こんな斜めの形状に!


普通、泡立て器といったら、ワイヤーの先が輪っかで丸くなっているのが、何本か組み合わさっているものが、ほとんど。

混ぜるときには、空気を入れるようにかき混ぜるっていうけど、

これは、棒状で先端に丸い球になっているだけ。

空気って??

泡立ちいいのかなぁ~?


もしかして、わかりやすいのは、メレンゲかしら?

ふわふわメレンゲで仕上げるパンケーキに挑戦!


ということで、「ふわふわパンケーキに挑戦」

空気を入れながら、ツノが立つまで泡立てるから、これで試してみたばい。

ホットケーキの粉・牛乳・卵黄をボールに入れ、
シャカシャカと混ぜて……。



ボールのまわりについている粉も先端使って寄せ集め、シャカシャカシャカ~と。


ま、こんな感じに、
生地が完成。


次はメレンゲ。

卵白のみを、シャカシャカシャカ~と。

メレンゲを立てるのは、どの泡立て器でやっても、それなりに時間がかかる。

ちょっと休憩~。


ふ~。


12分ぐらいで、
いい感じになってきた。


どうにか、メレンゲが完成。


泡立て器が棒状でも、メレンゲはしっかりできている!!




さきほどの生地に、メレンゲをつぶれないようふんわりいれ、フライパンで焼き上げれば……。


パンケーキが完成!!

[シリコーンボウルウィスクで生地を作ったふわふわパンケーキ]


このシリコーンボウルウィスクは、先端がシリコンなので、ボウルのすみまで混ぜられる(気がする)。


少し斜めになっているのも、全体が均等に混ぜられるように考えられているのかも?


そして、輪っかタイプと異なり、ワイヤーの間に食材が絡まったりもしない。



もしかして、このボウルウィスクのサイズなら、大きめのマグカップに市販の粉スープ入れたものにも使用できるかも……?


思いついたら、即実行!

直径7.5センチほどのマグカップだと、ボウルウィスクの先がスポッと入る。

市販の粉スープをカップに入れ、
お湯を注ぎ……。




シャカシャカ〜♪



ちゃんと混ぜられるばい!


いままで、マグカップ用に小さい泡立て器をわざわざ使っていたのが、不必要に!


このシリコーンボウルウィスクは、先端が丸いワイヤー形状ではなく、シリコンボールになっていることで、たくさんの量の素材を、一気に泡立てるというよりも、少ない量の素材を、きめ細かい泡で仕上げるのにむいてる感じかな。

それと、粉スープ作ってみてわかったのは、泡立てもさることながら、「混ぜる」ことが得意みたい。

ドレッシングとか、少ない量の油や調味料をササッと混ぜるには、最適です!


あと、洗いやすいことも、ポイント高い。


これは、おススメしたい商品です。








田中moko mokoくま3
九州生まれ。特技はアクリルたわし作り。本業は雑誌やカタログなどで活躍するスタイリストだが、現在、絶賛婚活中のアラフォー女子。お裁縫はもちろん、料理も掃除もきっちりこなすのに、なぜか「◎婚」に縁がない……moko mokoくま3が、気になる調理具を、実際に使ってレポートしていきます。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
なぜか突然、きんぴらごぼうを作りたくなった私。 ごぼうピーラーを検索したら、いくつか商品があるみたいなので、今回は、「ささがきちゃんWスライサー」と「スピードキンピラピーラー」の2品を比べてみました。
あるデパートのキッチン用品売り場で、接客してくれた店員さん曰く「気づいたら売れている」商品が、Microplaneのゼスターグレーターというおろし金。 アメリカ製で、ほかにはない「切れ味」の商品らしい……。 さっそく購入して、チェキってみたばい!
ぶら〜っと入ったお店で、電気ハンバーガーグリルなるものを発見!  その名も「デリデリダイナー 電気ハンバーガーグリル」。 溝付プレートだから余分な脂が落ちてヘルシー、肉等を焼いてもほとんど油はねしない、フタ部分はバンズを温められるウォーマー付き……。 これは、試してみるしかなかばい!
『チンしてキャラメルポップコーン』。 ポップコーン作りに必要な道具が、まとまったキャラクター。 ポップコーンだけでなく、キャラメルソースも作れちゃうという、かわいいおじさんを、チェックしてみました。
日々の仕事の不条理から生じる“やってらんない”感は、食べ物にそれなりのお金を投入&満足度を加速させ、自分を甘やかす作戦のおっさん女子です。 吉祥寺にはケーキ屋、カフェ、喫茶店などがムダにたくさんあるため、スイーツ入手には事欠かないのですが、今回は、やってらんない感を解消するためのスイーツを紹介します!
兵庫県西宮市で12年、関西のうどん好きを唸らせた店が東京進出。「青山ビルヂング」のレストランフロア「青山一番街」に出店を果たした。
 父親が中国人、母親が日本人という店主の揚原さんにとって、身近な存在だった水餃子。「もっと気軽に水餃子を食べてほしい」と、昨年8月にカフェスタイルでオープン。
おしゃれで色んなジャンルの飲食店が集まっている神楽坂エリアの「お得ランチ」を一挙ご紹介!おとなの週末のグルメライターが実食調査した結果、夜は敷居が高いけれど、お昼になら入りやすい和食店、高級な肉、イタリアンなどがたくさん見つかりました!
今回は、ダイエットに最適な食品というわけではなく、チート的な話。 手軽でおいしいカップラーメンを1つ選べといわれたら、やはり日清の「カップヌードル」。 ダイエット中とはいえ、これを食べたくなるときがあるわけですよ……。
377views 脱メタボ

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt