MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
【両国ランチ8選】人気のちゃんこ&おひとり様歓迎店も!

【両国ランチ8選】人気のちゃんこ&おひとり様歓迎店も!

グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが、美味しいお昼ご飯を食べたい時におすすめのお店情報を大公開!イメージ通り相撲力士相手の有名店や穴場店をはじめ、駅直結の「江戸noren」もあり、実は飲食店の激戦区。もちろん安いお店もあり!早速ご覧ください!

はじめに

両国といえば、ちゃんこ鍋を想像する人が多いのですが、もちろんそのほかにもたくさんの飲食店が軒を連ねています。
両国でランチをするなら絶対に訪れてほしいお店を、穴場スポット含めご紹介していきます!
土曜日や日曜日でもリーズナブルに楽しめるおいしいお店もありますよ。必見です!!

両国のランチマップ

両国エリアのおすすめランチを、まずは分かりやすく地図でご紹介していきます!

『かぶきまぐろ』(JR両国駅 西口 徒歩1分)

▲築地場外丼 3000円

看板メニューの「築地場外丼」は高価に思えるが、目の前にし、口にすると納得。魚介類が惜しげも無く盛りつけられ、むしろお得なのではと思えるほどの味だ。

“刺身Bar”という名の通り、おしゃれで大人な雰囲気の店内は、落ち着いて食事ができる空間になっています。

ちょっと贅沢なランチを楽しむなら20種の海鮮が入った「築地場外丼」が絶対におすすめ!2段になった器に、20種の海鮮が惜しげもなくふんだんに盛られていて、フォトジェニック!味にももちろん自信があります!!
ほかもウニトロユッケ丼やおまかせ海鮮丼など、丼ものが豊富で、どれにしようか目移り必至!

夜のコース料理も充実しているので、宴会にもおすすめですよ。

▲『かぶきまぐろ』店内の様子

■『かぶきまぐろ』
[住所]東京都墨田区横網1-3-20 両国 江戸NOREN  
[TEL]03-6456-1032 
[営業時間]月曜日~金曜日:11時~15時(14時半LO)、17時~23時(22時LO)、土曜日・日曜日・祝日:11時~23時(22時LO) ※ランチタイム有
[休日]施設に準ずる 
[アクセス]JR両国駅西口から徒歩1分

『割烹 吉葉』(都営大江戸線両国駅 A1出口 徒歩7分)

▲ちゃんこ吉葉鍋(単品:昼)2,750円

総ひのき造りの建屋の中では、力士たちが稽古を重ねた本物の土俵を囲むようにして食事ができる。
相撲甚句や津軽三味線など、食事中に始まる土俵での生ライブも大人気。

本物の土俵が圧倒的な存在感を放ってるお店!名物の「ちゃんこ吉葉鍋」は、醤油味、塩味、味噌味、辛味噌味の4種類から選ぶことができ、昼食の時間帯にも食べることができます。
ちゃんこ鍋以外にも、お刺身定食や焼き魚定食など、小鉢やみそ汁が付いたお得な定食も豊富に揃っているので、近隣のサラリーマンにも大人気。常に賑わっていますよ。

▲『割烹 吉葉』外観

■『割烹 吉葉』
[住所]東京都墨田区横網2-14-5 
[TEL]03-3623-4480 
[営業時間]11時半~14時(13時半LO)、17時~22時(21時10分LO)※ランチタイム有  
[休日]日曜日、祝日、ゴールデンウィーク、盆休み、年末年始  ※相撲東京場所中の日曜・祝日は夜のみ営業 
[座席]カウンター7席、テーブル76席、各種お座敷244席 計327席/全席喫煙可/予約可/カード不可/サなし(席により席料あり)
[アクセス]都営大江戸線両国駅A1出口から徒歩7分

『天ぷら食堂 ひさご』(JR両国駅 西口 徒歩1分)

▲ひさご天ぷら定食 1300円

大正7年創業、100年近い歴史を持つ老舗の姉妹店。

油の純度が高く香りが控えめなため、軽やかな風味に仕上がるのが特長。ボリュームがありながらペロリと食べられる。

日曜日も営業している老舗の天ぷらといえばここ♪カウンター席もあるのでひとりでも入りやすい雰囲気なのも◎!

揚げ油にこだわった天ぷらは、サクッと軽い口当たりで、ボリューム満点の定食でも難なく食べられます。両国店限定の『横綱天丼』は、「穴子の一本揚げ」や「海老」がなんと3本、さらに半熟玉子などものった豪華なメガ盛り丼!チャレンジしてほしい逸品です!
ランチも夜も、同じメニューが楽しめますよ。

▲『天ぷら食堂 ひさご』店内の様子

■『天ぷら食堂 ひさご』
[住所]東京都墨田区横網1-3-20 両国 江戸NOREN 
[TEL]03-6456-1125 
[営業時間]11時~20時半(20時LO) ※ランチタイム有
[休日]月曜日(三連休の場合は連休明けの火曜日) 
[アクセス]JR両国駅西口から徒歩1分

『蕎肆 穂乃香(きょうし ほのか)』(都営大江戸線両国駅 A5出口 徒歩3分)

▲北斎せいろ 1250円

鹿児島から北海道まで全国各地から蕎麦の実を仕入れるため、常に旬のそばが楽しめる。店内の臼で挽きたての蕎麦粉を使った二八蕎麦は、蕎麦本来の強い薫りを残す。

上品な内装で落ち着いた雰囲気の蕎麦屋は一人でも行きやすく、ちょっとしたデートにも!

常に全国各地からそばの実を仕入れるため、いつでも旬のそばを味わうことができます。こだわりのつゆには、本枯れ節(鰹節の種類で、日干し、カビ付けを3~4回以上繰り返したもの)を使用しています。

おすすめの「北斎せいろ」は鴨肉やネギ、自家製つくねなどが入った“つけ汁にそばをつけて食べるスタイル”が人気のメニューです。

▲『蕎肆 穂乃香』店内の様子

■『蕎肆 穂乃香』
[住所]東京都墨田区緑1-25-7 
[TEL]03-3634-2918 
[営業時間]11時半~15時、17時半~22時(21時半LO)※ランチタイム有  
[休日]日曜日
[座席]カウンター5席、テーブル16席 計21席/全席禁煙/予約は夜のみ可/カード可(1万円以上より)/サなし、お通し310円別 
[アクセス]都営大江戸線両国駅A5出口から徒歩3分

『ペーパームーン』(都営大江戸線両国駅 東口 徒歩8分)

▲タコライス

両国で30年続く、60~70年代のアメリカを意識した「食べるバー」。食事が充実しランチやディナーに最適。

60~70年代のアメリカンテイストのお店は、“食べるバー”として人気を博しています!店内の雰囲気からステーキを連想しがちですが、お刺身などの和食もあって驚かされます。

人気はピリ辛の「タコライス」!と、大量のネギがトッピングされたインパクト大の「ハワイアン焼きそば」!こちらは元大関KONISHIKIさんが大好きなメニューだとか!
ランチでは常時4~5種類のメニューが揃っていますが、夜は焼酎も豊富なバーとしてオススメですよ!

▲『ペーパームーン』店内の様子

■『ペーパームーン』
[住所]東京都墨田区石原2-18-7 クレドハイツリー両国2階 
[TEL]03-3621-1518 
[営業時間]11時半~14時、17時半~24時(23時半LO)※ランチタイム有 
[休日]不定休
[座席]カウンター7席、テーブル34席 計41席/全席喫煙可/予約可/カード不可/サなし、お通し400円別 
[アクセス]都営大江戸線両国駅 東口から徒歩8分

『とんかつ はせ川』(JR総武線両国駅 東口 徒歩2分)

▲厚切り特上ロースかつ

2~3㎝はあろうかという厚切極上ロース(220g)の迫力はどうだ!もちろん厚みだけではない。
サクッと立った衣を突き破ると、きめ細かくも柔らか、噛み締めればあっさりして甘い脂と旨みがにじみ出てくる。

揚げ油の良い香りが漂う店内は、それだけでお腹が鳴りだしそうなほどに食欲をそそります!
こだわりの栃木の三元豚を、自家製のパン粉で揚げたとんかつは、超絶品!!中でも「厚切り特上ロースかつ」は、3cmほどもある分厚い肉ですが、とっても柔らかく、脂の旨みがじゅわっとしみでて、格別の味わい!!

土日も開いていて、お酒の種類も豊富なので、たまには昼間からカツをアテにお酒を飲む贅沢をかみしめるのも良いですね♪

▲『とんかつ はせ川』店内の様子

■『とんかつ はせ川』
[住所]東京都墨田区両国3-24-1 両国尾崎ビル103号 
[TEL]03-5625-2929 
[営業時間]11時半~14時半、17時~22時半(22時LO)※ランチタイム有 
[休日]年中無休 
[座席]全40席/夜は全席喫煙可/夜のみ予約可/サなし 
[アクセス]JR総武線両国駅東口から徒歩2分

『根津 鶏はな 両国 江戸NOREN店』(JR総武線両国駅 西口すぐ)

▲東京軍鶏 親子丼(ランチ、軍鶏スープ・サラダ・香物付き)1490円

「東京しゃも」は脂肪が少なく、弾力と赤身の旨さが際立つ伝統の味。その希少な食材の親子丼を気軽に味わうならこの店が間違いない。

割り下は一番ダシをベースにしたキレのある甘さで、使う卵も鶏の銘柄によって3種を使い分ける徹底ぶり。

希少な東京しゃもを使用した親子丼で有名なお店は、昼夜問わずいつでも大盛況!!
一番ダシを使った、甘いけれどキリッと引き締まった味の「割下」と、弾力があり噛めば噛むほどブリブリとした旨味が染み出てくる「しゃも」、まるで茶わん蒸しのようにフワフワの卵。上にはさらに卵黄が!!これが美味しくないわけがない!!まさに珠玉の逸品です!

ランチではスープやサラダが付くのもお得!
ほかにもフォアグラを使った親子丼や焼鳥や自慢のプリンがついた昼膳などもありますよ。

▲『根津 鶏はな 両国 江戸NOREN店』店内の様子

■『根津 鶏はな 両国 江戸NOREN店』
[住所]東京都墨田区横綱1-3-20 
[TEL]03-6658-8208 
[営業時間]11時~23時 ※ランチタイム有 
[休日]なし 
[座席]全36席/全席禁煙/予約可/カード可(VISAとMASTERのみ)/サなし 
[アクセス]JR総武線両国駅西口からすぐ

『ワンモア』(JR線平井駅 北口 徒歩2分)

▲ミックスサンド 740円

直木賞作家の常盤新平さんをはじめ、数々の文化人に愛されてきた『ワンモア』。銅板で焼くホットケーキが有名だが、実はサンドイッチにもファンが多い。

両国の有名な喫茶店といえば昭和レトロが素敵な、こちらのお店。
ふんわりと焼きあがった上品な「ホットケーキ」はテレビでも紹介された一番の人気メニューですが、実は隠れファンが多いのが「サンドイッチ」なんです!

ご近所のベーカリー『さくら堂』がこちらのお店のために作った食パンを使い、バターがたっぷり入った薄焼き卵とハムをはさんだ、シンプルな「ミックスサンド」は、超絶品!何度でも食べたくなる魅惑の味です。
レモンの輪切りがトッピングされた「フレンチトースト」もおすすめですよ。

▲『ワンモア』店内の様子

■『ワンモア』
[住所]東京都江戸川区平井5-22-11 
[TEL]03-3617-0160 
[営業時間]9時半~16時半(16時LO) ※ランチタイム有 
[休日]日曜日、月曜日、不定休あり 
[座席]テーブル28席/全席喫煙可/予約不可/カード不可/サなし、お通し代なし 
[アクセス]JR線平井駅北口から徒歩2分

おわりに

ここまで両国エリアのおすすめランチをご紹介してきましたが、いかがでしたか?少し足を伸ばして、平井駅のおすすめ店も1軒だけご紹介させていただきました。
地元に長く愛されている老舗店から、新しいお店まで、本当にたくさんの飲食店が立ち並ぶエリアですね。
今回のまとめ記事が、皆様のお店選びの参考になることを願っています!

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
小川町・御茶ノ水の本当におすすめしたい絶品ランチを、グルメ雑誌のライターが厳選しました!安くて美味しいコスパ抜群のお店をばかり♪複数ではもちろん、ひとりでも入りやすいお店もたくさんあるので、ご利用シーンに合わせて是非ご活用ください!
更新: 2019-09-18 10:54:31
人形町の人気ランチをグルメ雑誌のライターが実際に足を運んで調査!絶対に食べてほしい絶品店を厳選しました!アクセス抜群のお店や安くて美味しいお得なお店、土日営業のお店など16店舗。店舗情報もあり!ぜひチェックしてください!
更新: 2019-09-13 17:52:35
目黒駅周辺で絶対に外せない「ランチ」を、グルメライターが厳選!賑やかさと落ち着いた雰囲気を合わせ持つエリアで、和食やイタリアンなど多種多様なジャンル、ひとり向けから家族や友人との大人数向けまで、注目のお店が豊富に揃っています!
更新: 2019-09-12 14:27:00
乗り入れている電車も多く東京の交通網の中心地であり、飲食店が多く立ち並んでいる飯田橋。ここでは、居酒屋を中心に美味しいお酒と料理を堪能できるお店を、厳選してまとめました!ランキング常連の有名店やおしゃれな雰囲気のお店を一挙大公開します!
更新: 2019-09-12 09:06:09
虎ノ門は旨い飲食店の宝庫!ここではグルメ雑誌「おとなの週末」のグルメライターが実際に食べ歩いて見つけた、絶対的におすすめのランチ情報を厳選してまとめました!昼から肉が食べたい!安くておいしいものが食べたい!そんな欲望を満たしますよ♪
更新: 2019-09-05 10:00:00
最新の投稿
キムチサンドと聞くと、「キムチとパンの相性はどうなの?」と訝しがる人もいるだろう。実は自分自身もそうだった。大阪だし、はじめはネタだろうと……。 「いやいやいや……!ホンマ旨いから」と周りが口をそろえて言うのが、関西ではたびたびテレビに登場する珈琲館「ロックヴィラ」だ。
更新: 2019-09-18 15:55:00
店内にぐるりとめぐらされたボートには、定評のある魚料理各種のほか、珍味系の酒肴や牛・鶏・豚・合鴨などの肉料理、土鍋飯など、圧倒的な数のメニューが並ぶ。目移り必至で食欲解放のスイッチが否が応でも入ってしまうはず。
更新: 2019-09-18 12:00:00
これまで3000種類以上のレトルトカレーを食べてきたカレー・スパイス料理研究家の一条もんこさん。 そんな一条さんオススメの商品を、部門別に1~3位(3食セット)で販売します! 目が覚めるような美味しさのレトルトカレー、ぜひこの機会にお試しを!
更新: 2019-09-18 10:38:00
「雲の上の居酒屋」を堪能したら、バスターミナルの上に建つホテル立山の『ティーラウンジりんどう』へ。名物の「黒部ダムシフォン」を注文すると、生クリームが波を打ちながら流れ出た高さ10センチほどの巨大なシフォンが出てきた。
更新: 2019-09-17 12:00:00
小川町・御茶ノ水の本当におすすめしたい絶品ランチを、グルメ雑誌のライターが厳選しました!安くて美味しいコスパ抜群のお店をばかり♪複数ではもちろん、ひとりでも入りやすいお店もたくさんあるので、ご利用シーンに合わせて是非ご活用ください!
更新: 2019-09-18 10:54:31

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt