MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
グルメライター絶賛!五反田の居酒屋おすすめ4軒を大発表!

グルメライター絶賛!五反田の居酒屋おすすめ4軒を大発表!

古さと新しさが混在する魅惑の町「五反田」。かつては歓楽街としても発展し、最近では若者向けのおしゃれな飲食店が増え、アクセスも良いので、グルメ注目度の高いエリアの1つです。ここでは、おとなの週末のグルメライターが厳選した情報をお届けします!

はじめに

五反田は、表通りにある新しいお店や、深夜営業のお店、古くからこの地でお店をしている老舗など、多数の魅力あるお店が存在しています!激戦区に店を構えながら、繁盛店となるにはこだわりや探究心も必要でしょう。
今回は個性的で味わい深い居酒屋をいくつかご紹介します。一人飲みするにもよいお店も!必見です!

五反田の居酒屋マップ

まずは分かりやすく、地図で場所をご紹介します!

『鳥料理 それがし』(五反田駅 西口から徒歩5分)

▲リッチレモンサワーと雛鳥のロースト

「鳥料理 それがし」の「リッチレモンサワー」はスライスしたレモン、水、和三盆、三温糖。これらの素材を研究し尽くして辿りついた配合で鍋に加え、アクを引きながら煮詰める。

雛鳥のローストは、しっかりと効いた塩とローズマリーの香りが、その滋養味をストレートに味わせてくれる。

鳥料理専門店のこのお店は、カウンターとテーブル席でゆったりと料理とお酒を楽しめます。
コースにもある鍋料理はお店のイチオシ!鴨やとりのすき焼きは濃いめの割下と卵に絡ませると絶品です♪
ジューシーな「鶏そぼろご飯」もおすすめの1つで、大葉が効いていて飲んだあとの〆にも最適!
日本酒やリッチレモンサワーなどのドリンクにもこだわりがあり、食べても呑んでも旨い、誰もがファンになってしまう居酒屋さんです!

▲『鳥料理 それがし』店内の様子

■『鳥料理 それがし』
[住所]東京都品川区西五反田2-15-11 松岡ビル2階 
[TEL]03-3495-1129
[営業時間]月曜日~木曜日・土曜日・日曜日:17時~24時、金曜日:17時~翌1時
[休日]年末年始 
[座席]カウンター8席、4名席×5卓 計28席/全席禁煙/カード可/予約可/サ10% 
[アクセス]JRほか五反田駅西口徒歩5分

『もつ焼き ばん』(五反田駅 A5出口から徒歩1分)

▲レバカツ

ばんは昭和33年、中目黒で創業。当時「チュウタン」と呼ばれていた焼酎と炭酸で割ったドリンクを、「サワー」と名付けて売り出し、人気を博した伝説を持つ店だ。

自分たちで芝浦へ直接足を運んでいるので、朝挽きの新鮮なモツが低価格でいただける。その際、一頭買いをするため、18種以上の希少な部位が食べられるのも自慢だ。

もつ焼きの名店といえば、こちらのお店!広いカウンターは一人でも入りやすく、連日仕事帰りの人で賑わいます!

新鮮なもつの刺身や、レバーのカツを食べることができ、「もつ焼きの盛り合わせ」が人気メニュー。焼酎の炭酸割をサワ―と名付けて広めたのはこちらのお店なんだそうです。

フードもドリンクも安く、且つ美味しいので、コストパフォーマンス抜群!お財布に優しくて嬉しいですね♪

▲『もつ焼き ばん』店内の様子

■『もつ焼き ばん』
[住所]東京都品川区東五反田1-12-9 イルヴィアーレ五反田ビル1階 
[TEL]03-3473-8080 
[営業時間]17時~翌4時(3時半LO)、土曜日・祝日:16時半~翌4時(3時半LO)
[休日]なし
[座席]カウンター20席、4名×6卓 計44席/禁煙席なし/カード不可/予約は18時半までは可/サなし 
[アクセス]都営浅草線など五反田駅 A5出口から徒歩1分

『五反田ジビエバル Umagoya』(五反田駅から徒歩約1分)

▲蝦夷鹿のパイ包み

ジビエを軽くつまみながらワインを飲むのに最適で、料理も本格的。上品な味わいの鹿挽き肉に甘酸っぱいカシスソースを合わせた「蝦夷鹿のパイ包み」はビストロ料理と見紛う完成度の高さで、華やかな赤ワインと相性抜群だ。

馬、鹿、猪をはじめ、珍しいジビエ料理を食べられるお店は、カジュアルでコスパが良いと評判!ちょっとおしゃれな雰囲気でデートにもよさそうです。

熊本から直送される馬刺しの盛り合わせや、エゾ鹿のパイ、鴨やラムの自家製ソーセージはおつまみにも。ワインの種類が豊富で、肉料理ともよく合います。
夜中の2時まで開いているのも嬉しい!

▲『五反田ジビエバル Umagoya』外観

■『五反田ジビエバル Umagoya』
[住所]東京都品川区東五反田2-1-1
[電話]03-5422-6890
[営業時間]18時~翌2時 (翌1時LO) 、土曜日・日曜日・祝日:17時~23時LO
[休日]年中無休 
[アクセス]JR山手線ほか五反田駅から徒歩約1分 ※『五反田ジビエバル Umagoya』のメニューの価格はすべて税抜きです。

『食堂とだか』(五反田駅 西口から徒歩2分)


看板酒は「生おろしレモンサワー」。レモンを皮ごと粉砕して入れる、とろりとした喉越しの1杯だ。

「ウニ・オン・ザ・煮玉子」は、とろとろの半熟煮玉子にウニをのせ、甘めの醤油だれをかけた一品。ワサビが味の引き締め役。

五反田駅周辺の飲食店でも指折りの有名店といえば、地下に店を構えるこちら!予約がなかなか取れない人気店です!
ドリンクも料理も実に丁寧に作られていて、何を食べても美味しいと絶賛されています。

写真のウニをのせた煮卵をはじめ、レアの状態で丼にした牛ごはんなど、とにかく何を食べても美味しすぎる!!盛り付けから味、全てにおいて個性的なのも人気の秘密です。
予約が取れたあなたは、ラッキーかも?!

▲『食堂とだか』店内の様子

■『食堂とだか』
[住所]東京都品川区西五反田1-9-3 リバーライトビル地下1階 
[TEL]03-6420-3734 
[営業時間]2部制 18時~20時半、20時半~23時
[休日]日曜日
[座席]カウンター8席/22時以降喫煙可/予約が好ましい/カード可/お通し代500円別 
[アクセス] JRほか五反田駅西口から徒歩2分 

おわりに

五反田の魅力あふれる居酒屋を厳選してご紹介してきましたが、いかがでしたか?さっそく仕事終わりに同僚や友人、恋人や家族と、足を運んでみてくださいね!

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
今日は絶対に肉が食べたい!定期的にそんな日が訪れますよね。ここでは美味しいお肉料理が食べられる人気店を、グルメライターが実食調査して、本当におすすめしたいお店だけをご紹介します!安く味わえるランチの時別メニューも必見です。
博多・天神エリアを中心に、ご当地の名物グルメを知り尽くした現地調査員たちが、本当に旨いお店を厳選!中でも特におすすめしたい情報だけをまとめました。地元の人はもちろん、出張で訪れた際にも、ぜひ参考にしてください!
寒くなると食べたくなる料理の代表といえば「お鍋」!お肉、魚介類、たっぷりの野菜を、各店オリジナルのこだわり出汁でいただけば、至福の時間が訪れること間違いなし!今回はグルメライターが実食して見つけたおすすめ店を、厳選してご紹介していきます。
8118views まとめ記事
グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩き調査したデカ盛り情報を厳選してご紹介!もちろん量が多いだけではなく、美味しさもお墨付き!定番のラーメン・焼肉・定食から、オリジナリティ溢れる料理まで、魅力的なメニューが続々登場します♪
東京都と神奈川県を中心に、美味しいカニ料理が食べられるお店をグルメライターが厳選してご紹介します!生でも焼いても茹でても炒めても美味しい。濃厚なミソもクセになる。見た目も華やかで味も抜群の「カニ」に特化したとっておきの情報をお届けします♪
サラリーマンがホッピーを酌み交わすここは、どう見ても大衆酒場。だがしかし、しかしですよ、テーブルには焼きとんとビストロ料理が共に並び、手渡される手書きリストにはレアなワインまでズラリ。
ユニークな素材をそれぞれ異なる餡で包んだ菓子9種類。抹茶餡+黒糖焼酎に漬け込んだレーズン、生姜入り白餡+蜂蜜餡など斬新な組み合わせだが、素材の味が餡と見事に馴染んでいる。
「マグロが好きで寿司職人になった」と話す店主の本多さんが頑なにこだわり続けるのは、大間をはじめ日本近海で獲れる天然物の生本マグロ。色、艶、弾力、脂のり、それらを納得して仕入れる築地一の上物は神々しいまでに美しく、部位に切り分けて丁寧に処理を施す柵取りは「自分でやらなきゃ気が済まない」と笑う。
JR東日本を利用している人にはおなじみのコンビニ、ニューデイズで購入したのが、今回紹介するアマタケの「サラダチキン ランチ」シリーズ。 目指したのは「主食になるサラダチキン!」で、ピザ味、鶏めし味といった炭水化物系のフレーバーを採用することで、主食を食べている気分になれるというものだ。
320views 脱メタボ
『池田商店』の2号店としてオープン。名物の炊き餃子はすべて店で手包みし、1人前6個。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt