MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
吉祥寺グルメ情報_オレの夏を到来させた“吉祥寺で冗談みたいなタコライス2019”を総括、の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(111)

吉祥寺グルメ情報_オレの夏を到来させた“吉祥寺で冗談みたいなタコライス2019”を総括、の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(111)

おっさん女子的に今年初めてのタコライスを食べると、「オレの夏到来!」という気分になるのですが、2019年のオレの夏は早かった……。5月中旬に来ました……。さらに冗談みたいなタコライスで、夏を始めてしまいました……。

オレの夏を到来させた“吉祥寺で冗談みたいなタコライス2019”を総括、の件


おっさん女子的に今年初めてのタコライスを食べると、「オレの夏到来!」という気分になるのですが、2018年は、6月中旬にドイツ料理屋で沖縄名物のタコライスを食べてしまい、本道を外したまま夏を終えてしまいました……(連載59回参照)。

そして2019年のオレの夏は早かった……。

6月中旬に来ました……。

さらに冗談みたいなタコライスで、夏を始めてしまいました……。


まず地元民の間で、たいして話題になっていなかった(偉そうですまん)、キラリナの大改装&店入れ替えが、4月にありました。

私はさして興味がないのでスルーしていた。

しかし、なにげなくキラリナのチラシを手にしたら、そこにはタコライス風コッペパンが! 

タコライス! 

タコライスって……。

パンだろ? 

おい!


イラスト/小豆だるま


コッペパンといえば、2018年に吉祥寺のブームだったのですが(39回参照)、このタイミングで名古屋系有名喫茶店チェーン『K珈琲』が、『やわからSコッペ』というコッペパンのお店をオープンしていたのです。

そこに沖縄名物“タコライス”コッペパン……。

すかさず買いました。

おかずコッペというカテゴリーで、値段もちょっと高いです。

390円(税込)! 

店名が雄弁に語っていますが、この店は柔らかくて、白いもちもちのコッペパンがウリなのですが、そこにはタコライスが挟んである。

しかし、ライスはない……。

ライスは挟んでないわよ、みなさん! 

雑に言うとタコスの中身が挟んであるコッペパンなんだよ。

どうなんだよ? これ? 

でも美味しかった……。

実は、私はタコスも好きなんです……。

でもライスがないタコライスなんて、認められん! 

と思いましたが、ガツガツと食べてしまいました……。

そんな感じで、6月中旬にオレの夏を到来させてしまいました……。

ここのコッペパンですけど、正直やり過ぎです。

和コッペ、洋コッペは、まあ定番っぽいんですけど、おかずコッペがヤバイ。

タコライスを筆頭として、ガパオ(鶏肉のバジル炒め)とか、みそかつ棒、タルタルチキン南蛮、霧島黒豚焼肉などなど。


ちょっと後戻りできない感じのラインナップになっております。


冗談みたいなタコライスで夏を始めてしまったので、2019年はそれを完遂することにしました。

そこでライスのあるタコライスを食べるべく、西荻方面の高架下にある『H』にGO! 

正直、絵本の中みたい……っていうかメルヘンっていうか、ドリーミーな空間です。

女子しかいません&インスタ映えです。

私はそのような趣味は一切ないので、スルーしてきた店ですが、実はここに、“八本足のタコ”が乗っているタコライスがあるんです……。

なんとひき肉の代わりにタコが入っているタコミートなんですよ! 

店内はドリーミーだが、メニューはふざけています(超ホメています)。

そこで本物の“タコ”ライスを食べました。

美味しかったです。

野菜が多めでヘルシーだ。

吉祥寺のドリーミー、侮れん! 


でも吉祥寺には、ハモニカ横丁に、タコライス専門店もあるんですよ……(去年も書いた気がする)。

今年は冗談みたいな夏でした。


以上。









天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。




小豆だるま
高校の国語教員を経てイラストレーター・漫画家になる。ギャグとシリアスを行ったり来たりする作風で雑誌・書籍・webなどで活躍中。著書は「日々ズレズレ」(小学館)その他。好物はタイ料理と辛いもの。


このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
白飯至上主義なので、うどん屋、そば屋と縁が薄いおっさん女子である……。 しかし、夏は米がしんどい季節でもあるので、麺類も食べるおっさん女子だよ。 ということで、吉祥寺で冷たい“うどん”と“そば”を食べるなら、ココだよ、というお店をご紹介だ!
更新: 2019-09-06 15:59:00
2019年夏、今年は豚を食べようと決意したおっさん女子。 そして当然の流れかもしれないが、カレーも豚だよ!   というワケで、吉祥寺で食べる豚カレーを、独断でおすすめしてみることにしました。すべての夏バテしている人に捧げます……。
更新: 2019-08-29 15:55:00
夏は一時的に冷たい麺類万歳! というおっさん女子ですが、実は今年の私は一味違う。 冷たいパンも万歳! という今日このごろである。 それは、アトレ吉祥寺のパン屋『D』で、“冷やしてメロン”というものを発見したからである……。
更新: 2019-08-21 15:55:00
某企業の某偉い人の取材のために立派なオフィルビルを訪れたおっさん女子が、最上階から窓の外を眺めていると、お昼時だったのでキッチンカーが5~6台ズラリと並んでいた。 「キッチンカー、流行っているんだな〜」と考えつつ、オフィス街でもない吉祥寺でキッチンカーといえば『ヨシダゴハン』でキマリだな! と……。
更新: 2019-08-13 16:00:00
一応、おっさん女子も原稿を書いたり、作業をしたりと、家にこもりっきりの日も多いワケです。 そうするとコーヒーを自分で入れるのですが、私はハンドドリップで、コーヒー粉は『O屋』で買った『森のコーヒー』と『花のコーヒー』を家でも愛飲しているのでした……。
更新: 2019-08-05 16:00:00
最新の投稿
チャイナタウン化する前の西川口からある山東料理系の老舗。西川口B級グルメで優勝した「彩の国黒豚焼きシューマイ」と「煎人餃子(焼き餃子)」は文句なしの名物。
更新: 2019-09-15 12:00:00
昼の献立「潤-JYUN-」は、旬の逸品から始まる。今なら、旬野菜を添えた湯葉のローストビーフ巻き。
更新: 2019-09-14 12:00:00
人形町の人気ランチをグルメ雑誌のライターが実際に足を運んで調査!絶対に食べてほしい絶品店を厳選しました!アクセス抜群のお店や安くて美味しいお得なお店、土日営業のお店など16店舗。店舗情報もあり!ぜひチェックしてください!
更新: 2019-09-13 17:52:35
おっさん女子的に今年初めてのタコライスを食べると、「オレの夏到来!」という気分になるのですが、2019年のオレの夏は早かった……。5月中旬に来ました……。さらに冗談みたいなタコライスで、夏を始めてしまいました……。
更新: 2019-09-13 16:00:00
神田駅西口にある予約のとれない人気焼肉店が3月にオープンさせた、個室主体の2号店。芝浦市場の問屋から仕入れる上質な黒毛和牛を手頃な価格で味わえる。
更新: 2019-09-13 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt