MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
吉祥寺グルメ情報_吉祥寺の弁当ニューフェイスが登場! の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(112)

吉祥寺グルメ情報_吉祥寺の弁当ニューフェイスが登場! の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(112)

すごく入れ替わりのはげしい吉祥寺において、テイクアウトといえば『C』と『N』の弁当勢力図は、まったく微動だにしないって思っていたおっさん女子……。 そんな状況なので、弁当ニューフェイスが登場したらチェックせざるを得ないと思っていたのですが、今年に入ってからいい感じの新顔弁当が登場したのでご紹介したいと思います……。

吉祥寺の弁当ニューフェイスが登場! の件


吉祥寺のテイクアウトのお弁当って、結局、中道通りの『C』のぶっかけ弁当と、末広通りの『N』なんじゃね?(連載63回参照)と、『C』のお弁当レジに並びながら、実感したおっさん女子です。

ちなみに平日の超中途半端な15時なのに、前に7人並んでたけどね……。


しかし、たぶん5年前も『C』と『N』だった気がするワケよ。

しかも、この7月に五日市街道のチェーン弁当屋『H』が閉店した……。

でも、あんまり影響はないよな、と五日市街道沿いに弁当動線のない私は呟いたのだった。

おっさん女子としては、こんなに店の入れ替わりが激しい吉祥寺なのに、『C』と『N』の弁当勢力図は、まったく微動だにしないと感じるので、弁当ニューフェイスが登場したらチェックせざるを得ない。

そして今年に入ってから、いい感じの新顔弁当が登場したので、ご紹介したいと思います。

イラスト/小豆だるま



まず、2018年11月にオープンした東急裏の中華屋さん『東京W』。

ここは、非常にオシャレでリーズナブルなので、ランチ時も賑わっているお店。

この『東京W』が、今年に入ってからテイクアウトのお弁当を始めた、と思ったら8月末に閉店。

あらら……。

早いな、おい……!


おっさん女子的、吉祥寺のテイクアウト弁当・大本命は『T寿』だ!


しかし大丈夫だ!

おっさん女子の大本命は、5月に井の頭通りにできた『T寿』だ! 

なぜ大本命なのか? 

はい、鶏唐揚げのテイクアウト専門店なんですよ。

場所的にはヨシダゴハン(連載16回参照)のちょっと先です。

弁当もランチもデフォルトで唐揚げメニューをついつい選んでしまう私ですが、吉祥寺って唐揚げのテイクアウト専門店が、意外に長続きしないんだよね。

アトレ吉祥寺のフードエリアですら生き残っていません。

そんな状況に心を痛めていた(笑)おっさん女子ですが、ついに来たか! という感じ。

この『T寿』は、唐揚げ単品のほかに、弁当があるんですよ。

基本は3種類! 

もちろん全部、か・ら・あ・げ弁当! 

まず、『T寿』の基本の唐揚げ4種類(醤油・塩・甘だれ・南蛮酢)がセットになった、ミックスからあげ弁当。

ちなみにA弁当ね! 

そして、醤油と塩のB弁当。

醤油のみのC弁当の3種類。


まずはA弁当にしちゃうよね、私もそうだった。

でもね、次にB弁当にするんですけど、結論として醤油オンリーのC弁当だと思います(笑)。

男子は、C弁当率が高いです。

女子は、A or B弁当ね。

女子は若干の迷いがあるね(笑)。

ALL580円と、とてもリーズナブル。

あと週替わりの唐揚げ単品もバラエティに富んでいて、のりしお、にんにく醤油とか、どれも美味しいよ。

そして夏にお値段&量が控えめの450円の弁当も発売! 

私は物足りないので、買いませんが……。


それでも『T寿』にはガンバってほしいです。










天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。




小豆だるま
高校の国語教員を経てイラストレーター・漫画家になる。ギャグとシリアスを行ったり来たりする作風で雑誌・書籍・webなどで活躍中。著書は「日々ズレズレ」(小学館)その他。好物はタイ料理と辛いもの。


このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
実は私、吉祥寺で飲みません(笑)。もっと言うと、家飲みもしません。 そんな私ですが、2019年~2020年にかけて(現在進行形)、仕事などで“もーやってらんない”という事があまりに多すぎた。そして食べ物にお金を投入して自分を甘やかしてきた……。 そこで私は、ついに禁断の吉祥寺昼飲みを、仕事が休みの週末に限定で解禁してしまったのでした……。
吉祥寺のオシャレカフェをディスりがちな、おっさん女子です。 しかし私にもディスれないっていうか、けっこう好きかも、というオシャレカフェが吉祥寺にあります……。 それはアトレ吉祥寺本館1Fの『S』。 間違いなくオシャレカフェなんだけど、フードメニューがなぜか昭和なのよ……(笑)。 たぶんコンセプトのひとつだと思うんだけどね。
今年もやるぞ、2019年の一皿。 おっさん女子が選ぶ「吉祥寺の一皿」は、四川料理『Y』の麻婆豆腐に決定!  やっぱ四川料理って言ったら麻婆豆腐だろ! ここの麻婆豆腐は、辛さが、普通、中辛、激辛の3段階。さらに痺れが、普通、中辛、激辛の3段階になっております……。
白飯史上主義のおっさん女子ですが、どん屋ではとり天ぶっかけがデフォルトで、蕎麦屋では、夏以外のスリーシーズンは天ぷらそばを食すことにしています。 そして、ランチの天ぷらそばに関しては1500円オーバーも辞さないという姿勢を貫いています。 理由は、天ぷらそばのクオリティは値段に比例すると思っているから……。
2019年のトレンド鍋は“発酵鍋”に決まったそうだが、ちょっと無理がある気がするのは私だけでしょうか?  そもそもキムチやチーズも発酵食品なんで、たいして新しくもないワケですが……。発酵食品と言えば、私がひそかに注目しているのが、おやつである。 吉祥寺は発酵系のおやつが充実しているので、今回はココをチェック!
約40年前の創業時からの看板料理があんこう鍋。毎年10月から始まるこの鍋を、今や遅しと待ち構える客の予約が殺到するのだ。
レストランテのシェフやウェイターが常連。そんなお店がある。 彼らが足を運ぶ理由は通常より安価でワインを提供してくれるからだ。 そのお店こそが、大阪は東心斎橋にあるワインバー「Pinot Noir(ピノ・ノワール)」。 ワイン通の間では、実に知られたお店なのだ。
石巻線は東北本線と接続する小牛田(こごた)駅を基点に海に面した石巻駅を経由して海沿いを進み、女川駅を繋いでいます。 東日本大震災でたいへんな被害を受けた宮城県の女川市と石巻線。 あの日から約8年の歳月が過ぎました。 女川駅と駅前は、新たな街として復興。名産のカキもたっぷりと味わうことができました。
店主は蕎麦懐石の名店「無庵」出身。料理長を経て、2017年に、この店をオープンした。
取り扱うのはあんぱんのみ。シンプルなものも美味しいが、人気は写真の2品。東京駅外壁のレンガを模した「東京レンガぱん」の中は、こしあんと白あん入り特製ホイップクリーム。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt