MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
吉祥寺グルメ情報_吉祥寺の弁当ニューフェイスが登場! の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(112)

吉祥寺グルメ情報_吉祥寺の弁当ニューフェイスが登場! の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(112)

すごく入れ替わりのはげしい吉祥寺において、テイクアウトといえば『C』と『N』の弁当勢力図は、まったく微動だにしないって思っていたおっさん女子……。 そんな状況なので、弁当ニューフェイスが登場したらチェックせざるを得ないと思っていたのですが、今年に入ってからいい感じの新顔弁当が登場したのでご紹介したいと思います……。

吉祥寺の弁当ニューフェイスが登場! の件


吉祥寺のテイクアウトのお弁当って、結局、中道通りの『C』のぶっかけ弁当と、末広通りの『N』なんじゃね?(連載63回参照)と、『C』のお弁当レジに並びながら、実感したおっさん女子です。

ちなみに平日の超中途半端な15時なのに、前に7人並んでたけどね……。


しかし、たぶん5年前も『C』と『N』だった気がするワケよ。

しかも、この7月に五日市街道のチェーン弁当屋『H』が閉店した……。

でも、あんまり影響はないよな、と五日市街道沿いに弁当動線のない私は呟いたのだった。

おっさん女子としては、こんなに店の入れ替わりが激しい吉祥寺なのに、『C』と『N』の弁当勢力図は、まったく微動だにしないと感じるので、弁当ニューフェイスが登場したらチェックせざるを得ない。

そして今年に入ってから、いい感じの新顔弁当が登場したので、ご紹介したいと思います。

イラスト/小豆だるま



まず、2018年11月にオープンした東急裏の中華屋さん『東京W』。

ここは、非常にオシャレでリーズナブルなので、ランチ時も賑わっているお店。

この『東京W』が、今年に入ってからテイクアウトのお弁当を始めた、と思ったら8月末に閉店。

あらら……。

早いな、おい……!


おっさん女子的、吉祥寺のテイクアウト弁当・大本命は『T寿』だ!


しかし大丈夫だ!

おっさん女子の大本命は、5月に井の頭通りにできた『T寿』だ! 

なぜ大本命なのか? 

はい、鶏唐揚げのテイクアウト専門店なんですよ。

場所的にはヨシダゴハン(連載16回参照)のちょっと先です。

弁当もランチもデフォルトで唐揚げメニューをついつい選んでしまう私ですが、吉祥寺って唐揚げのテイクアウト専門店が、意外に長続きしないんだよね。

アトレ吉祥寺のフードエリアですら生き残っていません。

そんな状況に心を痛めていた(笑)おっさん女子ですが、ついに来たか! という感じ。

この『T寿』は、唐揚げ単品のほかに、弁当があるんですよ。

基本は3種類! 

もちろん全部、か・ら・あ・げ弁当! 

まず、『T寿』の基本の唐揚げ4種類(醤油・塩・甘だれ・南蛮酢)がセットになった、ミックスからあげ弁当。

ちなみにA弁当ね! 

そして、醤油と塩のB弁当。

醤油のみのC弁当の3種類。


まずはA弁当にしちゃうよね、私もそうだった。

でもね、次にB弁当にするんですけど、結論として醤油オンリーのC弁当だと思います(笑)。

男子は、C弁当率が高いです。

女子は、A or B弁当ね。

女子は若干の迷いがあるね(笑)。

ALL580円と、とてもリーズナブル。

あと週替わりの唐揚げ単品もバラエティに富んでいて、のりしお、にんにく醤油とか、どれも美味しいよ。

そして夏にお値段&量が控えめの450円の弁当も発売! 

私は物足りないので、買いませんが……。


それでも『T寿』にはガンバってほしいです。










天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。




小豆だるま
高校の国語教員を経てイラストレーター・漫画家になる。ギャグとシリアスを行ったり来たりする作風で雑誌・書籍・webなどで活躍中。著書は「日々ズレズレ」(小学館)その他。好物はタイ料理と辛いもの。


このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
世の中的な流行なのか、吉祥寺だけの現象なのか不明ですが、ここ1~2年、マニアックなジャンルの食べ物を扱う専門店が増えている傾向にあります。 好きな人にはたまらんなぁ、という感じの店が増えているのですが、今回、私が推すのは「ごはんもの」。いや、今回に限らず、ごはんものは一生推していこうと思ってますけどね……。
更新: 2019-10-17 15:55:00
私の“ランチで出してもいい金額の設定”が、最初から1800円オーバーのジャンルがあります。それはズバリ、天ぷら定食だ!  安い天ぷら定食を食して、過去何度もやりきれない思いになったため、天ぷら定食の場合は、1500円オーバーも厭わないことに……。
更新: 2019-10-10 16:00:00
年に何回か「もう、やってらんねーわ」と思うことってありませんか?  そんなとき、おっさん女子的防御策のひとつとして、自分を思いっきり甘やかす、というのがあります。 そこで今回は、吉祥寺で“やってらんねーわ、な自分を思いっきり甘やかす飯”をご紹介したいと思います。
更新: 2019-10-03 15:55:00
吉祥寺にはカフェや喫茶店、ケーキ屋が山ほどあるのですが、“自分好みのスイーツ”となるとけっこう苦労するぜ! と思っているおっさん女子です。特に苦労しているのがシュークリームです。 私のシュークリームの好みは“皮が命”系なのでした……。
更新: 2019-09-26 15:55:00
おっさん女子的に今年初めてのタコライスを食べると、「オレの夏到来!」という気分になるのですが、2019年のオレの夏は早かった……。5月中旬に来ました……。さらに冗談みたいなタコライスで、夏を始めてしまいました……。
更新: 2019-09-13 16:00:00
最新の投稿
「芸者新路」なんていう粋な名前の通りに佇む、創業20年の和食店。しかしこちら、これぞ隠れ家といった裏路地にはあるが、「しーん」とした店ではない。
更新: 2019-10-22 12:00:00
 今年ついに500店舗を突破し、回転寿司チェーンのなかでも絶好調の『スシロー』。直球から創作まで種類が豊富だが、それだけなら他の大手も同じ。
更新: 2019-10-21 12:00:00
別記事で“光り物”で大きく紹介している『銚子丸』だが、「サーモンにも絶対の自信があります」と胸を張る。自慢の「オーロラサーモン」は本場・ノルウェーでも最高品質と評判の「レロイ社」から空輸。
更新: 2019-10-21 11:50:00
 「今までにない味わいのカクテルを作りたい」という店主・清崎さんは、ベトナムにバーを2店舗持つ実力派。彼のカクテルをひと言で表すとすれば“組み合わせの妙”だろう。
更新: 2019-10-20 12:00:00
 今やレベルの高い店が揃うという意味で、フレンチ同様に注目を集める神楽坂イタリアンだが、創業16年のこちらはその象徴ともいえる存在。磨き上げられた木の床に糊の効いたクロスがかかったテーブルがゆったり配された店内は、正統派のリストランテの佇まい。
更新: 2019-10-19 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt