MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
「芋焼酎 かのか」と相性抜群のおつまみに酔わされた! 新宿・思い出横丁で“かのか散歩”にチャレンジ

「芋焼酎 かのか」と相性抜群のおつまみに酔わされた! 新宿・思い出横丁で“かのか散歩”にチャレンジ

焼酎甲類乙類混和売り上げNo.1のブランド「かのか」から、9月3日、新商品の芋焼酎が発売される。 新たに登場する「芋かのか」と、それに合う店舗ごとのオススメおつまみ1品が楽しめる“かのか散歩”が行われるということで、新宿にある思い出横丁へ向かった……。

「芋焼酎 かのか」と相性抜群のおつまみに酔わされた! 新宿・思い出横丁で“かのか散歩”にチャレンジ


焼酎甲類乙類混和売り上げNo.1のブランド「かのか」。

この「かのか」から、9月3日に新商品が発売された。

それが、芋焼酎だという。

新登場の「芋かのか」と、店舗ごとにセレクトされたそれに合うおつまみ1品が楽しめる“かのか散歩”が行われるということで、新宿にある思い出横丁へ向かった。

「かのか」の新商品は、すっきり系とまろやか系の芋焼酎! 


「かのか」は甲類と乙類を混和した「混和焼酎」。

香りの良さと柔らかい飲み口で人気を博し、昨年、発売から25周年を迎えた。

そして、26年目となる今年、新たに登場するのが「芋かのか」だ。

左が「芋焼酎 かのか 濃醇まろやか仕立て」。
まろやかな香りが鼻孔をくすぐる。
どっしりとした味わいで、
味の濃い料理に合わせるとよさそう。

右が「芋焼酎 かのか 華やかすっきり仕立て」。
華やかな芋の香りとすっきりとした味わいで
サラッと飲める。
こちらはダシを使った和食に合いそうだ。


いずれも原料に鹿児島県産の黄金千貫を使用。

「濃醇まろやか仕立て」は白麹と黒麹で仕込んだ原酒をブレンド。

「華やかすっきり仕立て」は黒麹で仕込んだ複数の原酒をブレンドしている。


ちなみに、「かのか」という名前は“よい香り”を意味する「佳の香」から名付けられたそう。

そのため、製品によって香りにバラつきが出ないよう、発酵温度、麹の作り具合など全工程にこだわっているのだ。


呑むときは、ぜひ香りから堪能いただきたい。


思い出横丁の9店舗で展開! “かのか散歩”


さて、そんな「芋かのか」の発売を記念して、“かのか散歩”を実施。

舞台は、東京を代表する横丁のひとつ、「新宿西口思い出横丁」。

9店舗で「芋かのか」とそれに合うおつまみをセットで提供するという。


まとメシ編集部は、そのうち3店舗をはしごすることにした。

いざ突撃!

肉でも魚でもすっきり系が合う!『第二 宝来家』


最初に訪れたのは、『第二 宝来家』。

芝浦の食肉市場から直送されるもつを炭火で焼き上げる新宿西口の元祖やきとり店。

ここでは「華やかすっきり仕立て」に合うおつまみ3品をいただいた。

第二 宝来家は、おつまみといっしょにお通しが付いていて、この日はマカロニサラダ。

まろやかなマヨネーズをまとったマカロニに懐かしさを感じる。

これぞ酒場の味だ。

マカロニに舌鼓を打っていると、「若鶏唐揚げ」がやってきた。

ぷりっとジューシーな鶏モモ肉の脂を「華やかすっきり仕立て」がスッと流し込む。

まさにピッタリ! 好相性だ。



続いて、店自慢の「炙り牛 はつ刺し」。

店員さんの「醤油をふた回しかけてくださいね」の言葉通り、醤油を回しかけてからパクッ。

低温調理したハツは、ゴマ油の風味豊か。


旨いっ! 

ネギの食感も小気味いい。


最後は、「子持ちししゃも南蛮揚げ」。

酸が利いた料理にも「華やかすっきり仕立て」がそっと寄り添ってくれる。

一軒目からロックが進む進む。



いかん、いかん。

このあと2軒まわるんだぞ。


力強いもつの味にも負けない!『埼玉屋』


次に訪れたのは『埼玉屋』。

こちらもその日に仕入れた新鮮な肉を備長炭で焼き上げるお店。

埼玉屋でも3品のおつまみを用意。

芋かのかは「濃醇まろやか仕立て」だ。


まずは『マカロニサラダ』。

先ほどの『第二 宝来家』よりはマヨネーズが少なめか。

それ故に、味の強い「濃醇まろやか仕立て」が合うんだなぁ。


「もつ煮込み」が出てきたところで、1軒目から続けてきたロックをソーダ割りにチェンジ。

芋の甘みが引き立って、もっとペースが進んでしまう。

いい意味で選択ミス。


味噌ベースでしっかりした味、もつの力強い旨みに酒が進む。


そこへ「ピーマン肉詰め」が登場。

濃い味のタレとがっぷり四つで組み合っても「濃醇まろやか仕立て」が負けない。




相乗効果で旨さ倍増。

さすが!


豪勢な刺し盛りでフィニッシュ『寿司辰』


気づけば、けっこう呑んでいる。

ふわっふわしながら、暖簾をくぐったのが『寿司辰』。

数多くの店がひしめく横丁内で、キッチリとした握りとつまみを出してくれる貴重なお店だ。


「華やかすっきり仕立て」に合うおつまみは、お通しのつぶ貝と刺身盛りの最強セット。

つぶ貝の肝でキュッと呑んで、厚く切られた鮮度抜群のお刺身でまたキュッ。

ロックグラスに入った「華やかすっきり仕立て」がみるみるうちになくなっていく。

あぁ、もう何杯飲んだだろうか……。


今回「かのか散歩」で食べたおつまみセットは、実際に9月3日から思い出横丁でいただける。
(詳細は、「かのか散歩」紹介サイトでご確認を!)

ぜひ、みなさんも我々が過ごしたような至福の時間を過ごしていただきたい。



しかしまあ、ほとんどロックで呑んでいたから、ヘロヘロだ……。

あ! そういえばこのあと、飲み会があったのだった。

呑みすぎた身体を奮い立たせて、さあ急げ! 


夜はまだ長い……。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
消費税が10%に上がり、仕事が終わってもまっすぐ帰宅。 家で飲むという方が増えたのではなかろうか。せっかくの家飲み、いつもより“いいお酒”でのんびりと過ごしたい。その思いに応えてくれるウイスキーが登場した。
1219views F&D 最新情報
11月15日は「おとなの週末」12月号の発売日です。今号は「鍋」を大特集!すき焼きからねぎまなどの「和鍋」、しゃぶしゃぶ、旨辛鍋といった、様々な三ツ星鍋をご紹介します。
パン好きで有名な女優、木南晴夏さんが「まだ見ぬ、東京新発見」をキーワードに、お気に入りのパン屋さんを集めた美味しいイベントを開催。 そのイベントは、西武渋谷店で9月22日(土)より開催される、パン祭りイベントの名は「木南晴夏の渋BREAD」。 おいしいパンが食べたい人、パンに興味のある人は、ぜひ西武渋谷店へ!
9788views F&D 最新情報
ビタクラフトは、全面多層構造のステンレス鍋など、ホーム&キッチンの優れたアイテムを発売するアメリカのメーカー。このビタクラフトが行った、「家庭料理で、調理を失敗する原因の約70%が火加減によるもの」というアンケート調査を元に、素材や調理にあった「温度の見える化」を実現したフライパンが登場した。
2231views F&D 最新情報
 グルメサイトやガイドブックなどではなかなか判断できない、お客様を接待して「満足度が高いのかどうか?」について、さまざまなジャンルやカテゴリーのゲストをもてなしてきた経験をもとに、銀座の名店を厳選し、紹介する本が登場した。
希少部位の握りに、目の前で炙った赤身の七輪焼き。とび切りの黒毛和牛をハイコスパで味わうならば、ここを訪れるべし!
ドイツで100年以上愛されているバウムクーヘン。卵、バター、小麦粉など素材の味が広がる素朴な美味しさは万人受け間違いなし。
創業して52年目。 その老舗そば店は、京都洛北の大幸寺にルーツがある。 時代は江戸まで遡る。300年以上伝承されてきた「そば打ち秘伝」「つけ汁仕立て御式」を受け継いだのが「そばよし LINKS UMEDA店」だ。
性格が子どもじみているのかもしれないが、私は混ぜる食べ物が大好きである。 そんな混ぜるの大好き! おっさん女子的に混ぜたい食べ物の王道は、石焼ビビンバだ。 そして吉祥寺で石焼ビビンバを食べるのは、ダイヤ街のビルの2階にある『D韓』です。 食べ盛りの若い男子は、ランチ食べ放題がおすすめだよ。
石巻線は東北本線と接続する小牛田駅を起点とする単線、非電化のローカル線です。 2015年までは国鉄時代から走り続けるディーゼルカーも走っていました。 白と緑色に塗られた車両で、田舎の風景によく合っていて、これを目当てに撮影に出かけました……。 今回は、大震災以降の石巻線と女川駅付近で出会ったホヤのお話です。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt